『牯嶺街少年殺人事件』とフードコート、と映画日誌vol.23(カット職人・林)


こんにちは、カット職人・林賢一です。

何はなくとも、最近の映画体験で特筆すべきは、
『牯嶺街少年殺人事件』を観たことです。

この映画に対しては、中途半端な気持ちで書けないので、
感想や批評やカット詳細を記すことはしませんが、1つだけ書きます。

たまたま今月、台北に行ったので牯嶺街ってどんな街?
と気になっていたので、実際に行ってみました。
(映画がデジタルリマスターで日本公開されることは知っていたので)
その時は映画を観る前だったので、ふーんこんな街なんだ、くらいしか思えませんでした。
台北の中心部の少し南にある、街というか牯嶺街という通りがあって
その大通りはいわゆる普通のビルが’並んでいて、125ccクラスのスクーターが所狭しと並んでいます。
飲食店なども時折あって、日本でいえば三軒茶屋から世田谷通りに入って環七まで、
みたいな感じです(すみません、たとえ下手ですね。是非グーグルマップで見てみて下さい)。

ですが、その大通りから中に一歩入ると、古い住宅街になる。
ここは興奮しました。
海外に行くと、裏通りを通るのが好きなんですが、牯嶺街の裏通りも興味深かった。
そこに住んでいる人々が実際に生活しているのは裏通りだからです。

で、ここからは『牯嶺街少年殺人事件』を観ながら、街並みを思い返した感想が重なるんですが、
映画内の街並みは今の台北には、当たり前ですが、もはやありません。
『牯嶺街少年殺人事件』が台湾で公開されたのが1991年で、本作の時代背景は1961年。
つまり、撮影当時だって1961年の街並みはなかったわけです。
ですから、今の日本人から観ると、二重に街が消えていることになります。
1961年の牯嶺街はもちろんのこと、1991年の牯嶺街も今はない。
あるのは2017年の牯嶺街だけです。
ですが、牯嶺街の裏通りには、
「もしかしたらココは1961年前のままかもしれない」という一瞬があったりしました。
映画というのは、その瞬間をカットで切り取るというドキュメンタリーでもあります。
ロケーション撮影の場合は、特にその要素が高まります。

そこで思ったりするのです。
もし今の日本でしか撮れないロケーションがあるならどこだろう、と。
もちろん、どこを切り取っても、その時代でしかないカットになり得るでしょう。
ですが、それでもーー
1991年に30年前となる、1961年の牯嶺街を再現したエドワード・ヤン。
たとえば2017年の30年前は、1987年。

今、この文章を書いているのは、地方都市のフードコートです。
家族はセルフサービスでチェーン店で食べ物を購入し、
空いている席に自分で運んで、モリモリ食べます。
若い家族が中心ですが、老夫婦などもけっこうおり、
ひとりノートパソコンをパチパチ打っている自分は完全に浮いています。
こういった風景は1987年にはなかった。
(そういえば、台北の市場にもフードコート的な場所はありましたが、観光地化されていました)
(いま、フードコートの物語が紡がれれば、それは2017年でしか描けないカットになるんでしょうか)
たくましい方は、スーパーで買ったお弁当をフードコートに持ち込んで食べています。
かたやイライラしたお母さんは、子どもに「何食べるか早く決めなさい!」と怒鳴り散らしています。
けっこうカオス。
でもWi-Fiは無料です。
仕事をするには、わたくしにとって最高の環境。
お腹が空いたら、すぐに何か食べることができる。
いくら滞在していても怒られない。なんなら住みたいくらいです。

『牯嶺街少年殺人事件』にもフードコート的な場所がありました。
かき氷屋です。
ちょっとした不良のたまり場として機能していました。
また主人公家族の近所には、ちょっとした食料品を売りつつも、
小さな屋台麺を食べられるようなミニフードコートもありました。
そこには地元の人たちが集まる場所です。
わたくしが今いるフードコートだって同じことです。

牯嶺街からフードコートへ

話は逸れつつも、流れてきましたが、
本質的には同じなんじゃないか、と思うのは、
たまたまどちらも最近体験したからでしょうか。
まとまりがなくて、すみません。

さて、ここ最近のカット職人の映画日誌に参ります。
みなさまの映画体験の参考になれば幸いですー。


3月某日>

昼、港区で会議。

久しぶりに高尾に帰宅すると、玄関前にカラスの死骸が転がっていた。

これはなにかのメタファーなんだろうか、と思わずにはいられない。


3月某日>

昼、イオンシネマ日の出で『モアナと秘密の海』

フードコートで原稿。

夕方、劇場に戻って『人生フルーツ』


3月某日>

昼、立川シネマシティで『お嬢さん』

夕方、原稿。

帰り際に、河出文庫『私が語り伝えたかったこと』河合隼雄を購入。

そういえば最近読んだ本は……


『生成不純文学』木下古栗

『夫のちんぽが入らない』こだま

『くよくよマネジメント』津村記久子

『憲法とは何か』長谷部恭男

『人はなぜ物語を求めるのか』千野帽子

『新しい風土記へ 鶴見俊輔座談』鶴見俊輔

『実験する小説たち: 物語るとは別の仕方で』木原善彦

『楽しい夜』岸本佐和子・編

HERE ヒア』リチャード・マグワイア

『火あぶりにされたサンタクロース』クロード・レヴィ=ストロース

『神話と意味【新装版】』クロード・レヴィ=ストロース

『悪とはなにか』テリー・イーグルトン

『テクストの楽しみ』ロラン・バルト

『乱舞の中世: 白拍子・乱拍子・猿楽』沖本 幸子

『都市を生きぬくための狡知タンザニアの零細商人マチンガの民族誌』小川さやか


キリがないので印象に残っているのは、このあたり。

たまたまだけど、映画に関する本が一切ないな。


3月某日>

昼、港区で会議。

夕方、移動して原稿。

夜、角川シネマ有楽町で『牯嶺街少年殺人事件』

終わりで、僕モテPodcast収録。ガチ話の最後30分だけ参加。

圧倒的な白い壁越しのカットについて少し喋る。

『人生フルーツ』についても少し触れる。


3月某日>

AM、原稿。

昼、八重洲ブックセンターで『愉しい学問』の翻訳者・森一郎さんのトークショーを聞く。

ニーチェの朗読を聞く。サイゾーの連載でレポートします。

夕方、イオンシネマ日の出で『SING/シング』のカットを数える。

そのままフードコートでメルマガ原稿を書く。


3月某日>

昼、港区で打ち合わせ。毛色の違う原稿になりそう。

夕方、原稿。

夜、新宿武蔵野館で『アシュラ』

深夜、ここ2ヶ月くらいかかりっきりの原稿の問題点をノートにダーっと書きまくる。

すると、光明が見えた。

ノートの前に向かうことの大切さを痛感する。

これで終えられるかもしれない。


3月某日>

昼、109シネマズ菖蒲で『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』(をこれから観る)。




週刊メルマガ「僕らのモテるための映画聖典」は毎週配送中です。

鑑賞したすべての映画は、メルマガ内の、
「みんなのレビュー」コーナーでレビュー&星取りしていますので、

是非、ご一読下さい。

「まぐまぐ」
http://www.mag2.com/m/0001320971.html

「ニコニコ動画のブロマガ」
http://ch.nicovideo.jp/eigamote/blomaga


なにとぞ、ご贔屓に。


映画日誌vol.22(カット職人・林)


こんにちは、カット職人・林賢一です。

先日、4日ほど台湾に行ってきました。
海外に行ったら、やはり映画館に行きたい。
というわけで調べてみると、台湾にはたくさん映画館がありました。
中でも目を引いたのが……

侯孝賢プロデュースの映画館・台北光點

これは行ってみたい!
というわけで向かってみました。
元・アメリカ領事館を改装した映画館は素晴らしい雰囲気で、
もしこんな映画館が日本にあったらなぁ、とため息が止まりませんでした。
日本の映画監督が映画館をプロデュースするというのはあまり聞きませんが、
とてもよい試みだと思いました。
併設されていたショップでは、
台湾の映画監督の写真と映画の名場面が壁一面に展開されており、
映画好きにはたまらない空間でした。

ラインアップも渋い。
上映されていたのは、邦画の『古都』と、
メキシコ映画The Untamedだったんですが、
後者を観てきたので、来週のメルマガで書く予定です。

さて、ここ最近のカット職人の映画日誌に参ります。
みなさまの映画体験の参考になれば幸いですー。



2月某日>

終日、埼玉県深谷市での撮影を見学させてもらう。

夜、MOVIX昭島で『愚行録』のカット数を数える。


2月某日>

AM、原稿。

PM、前日と同じく深谷市で撮影の見学。


2月某日>

AM、メルマガ原稿。『愚行録』のカット分析と撮影レポートについて。

PM、渋谷シネパレスで『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』

夜、新宿ロフトプラスワンでサイゾー連載の取材。


2月某日>

昼、港区で会議。

夕方、日本橋で僕モテPodcast収録。

『グリーンルーム』について喋る。


2月某日>

AM、原稿。

昼、イオンシネマ日の出で『ラ・ラ・ランド』

フードコートで原稿。

夜、映画館に戻って『マリアンヌ』


2月某日>

AM、下北沢で資料を読む。

HEREというどんでもないグラフィックノベルに震える。

文学であり、哲学であり、アート。ぶっ飛んだ。

夕方、渋谷区で打ち合わせ。フィクションとノンフィクションの狭間で。

夜、渋谷区で撮影×2。


2月某日>

AM、原稿。

PM、メルマガ用にジム・ジャームッシュのデビュー作『パーマネント・バケーション』を観る。

そのままメルマガ原稿。


3月某日>

PM、港区で会議。

夕方、テアトル新宿で『バンコクナイツ』

夜、渋谷区で食事会。

ご一緒した方が、僕モテPodcastのリスナーだと判明し、照れくさい。

「すいません、メルマガは登録してないんすよ……」と言われるが、

後日、購読してくれることを約束してくれた。地道な宣伝活動継続中。


3月某日>

AM、ヒューマントラストシネマ渋谷で

『エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方』

カット数も数える。

こういうコメディを公開してくれるだけでありがたいうえに、内容も最高。

NBAファン的にはレブロンとアマレがかなり重要な役で出演しており、アガる。

PM、シネパレス渋谷で『トリプルX:再起動』これまた最高。

夜、メルマガ原稿。『エイミー~』のカット数について書く。


3月某日>

台北に4日滞在。

侯孝賢プロデュースの映画館・台北光點に行く。

元・アメリカ領事館を改装し、ミニシアターやカフェ&本屋が併設された施設。

かかっていたのは、邦画『古都』

もう1本は、第73回べネチア映画祭の監督賞をアマット・エスカランテが受賞した

メキシコ映画The Untamed

後者を観る。

台湾語と英語のテロップがかかっているので、カットを数えるのを諦める。

台湾でメキシコ映画を観る、という珍しい体験。

× × ×

往復の飛行機でウェルベック『素粒子』を読む。





週刊メルマガ「僕らのモテるための映画聖典」は毎週配送中です。

鑑賞したすべての映画は、メルマガ内の、
「みんなのレビュー」コーナーでレビュー&星取りしていますので、

是非、ご一読下さい。

「まぐまぐ」
http://www.mag2.com/m/0001320971.html

「ニコニコ動画のブロマガ」
http://ch.nicovideo.jp/eigamote/blomaga


なにとぞ、ご贔屓に。




映画日誌vol.21(カット職人・林)


こんにちは、カット職人・林賢一です。
1月が終わったと思ったら、もう2月も終わりそう!
いやぁ、本当に時というのはあっという間に流れていきます。

おそらく観たい映画や読みたい本すべてを吸収できる時間は、残されていない。
当たり前の話ですが、原理的にすべてのものをインプットすることはできません。
であるならば、大切なのは「何を観るべきか・読むべきか」ではなく、
むしろ「何を観ないか・読まないか」のほうです。

実はわたくし、今年に入ってから意識的に映画の本数や読書量を減らしています。
アウトプットしたいので、そんなことしてる場合じゃねぇ、ってわけです。
人様の作品を分析している場合じゃねぇ、ってわけです。
なのに、やはり観てしまうし、読んでしまう。
もはやそれらの行為は呼吸のようなものとして諦めていますが、
メルマガの連載で、新作映画を数える気にならない、という気分も
そこに関連しているような気もするんですが、深掘りはしません。

さて、そんなカット職人の最近の映画日誌になります。
みなさまのカルチャーライフの参考に少しでもなれば、これ幸いです。


2月某日>

AM、原稿。

昼、図書館に行って本を借りる。

『挑戦者たち』法月綸太郎

『テロルとゴジラ』笠井潔

『これもまた、過ぎゆく』ミレーナ・ブスケツ

『日本人のための日本語文法入門』原沢伊都夫

『世界「最終」戦争論(近代の終焉を超えて)』内田樹/姜尚中

『お茶をどうぞ(対談 向田邦子と16人)』

『署名はカリガリ(大正時代の映画と前衛主義)』四方田犬彦

『言葉の降る日』加藤典洋

帰りにNHK 100 de 名著 ガンディー「獄中からの手紙」』を購入。

週に1回の読書DAY。ひたすら上記を読みまくる。


2月某日>

AM、薪を集める。

終日、原稿。

夜、トニー・スコット監督『ドミノ』のカット数を数える。そのままメルマガ原稿。

深夜、『キャロル』をモニターで鑑賞。2回目のほうがキた。


2月某日>

PM、港区で打ち合わせ。

夕方、港区を横断して打ち合わせ。

夜、シアターイメージフォーラムで『タンジェリン』

すべてiPhoneで撮影されている、ことはあまり観客には関係がない。

ラストカットで映画の評価や印象が一気に変わることがあるが、今回はまさにそれだった。

メルマガ的には星2つから3つに伸びる的な。


2月某日>

昼、新宿シネマカリテで『エリザのために』

夕方、そのまま『グリーンルーム』

夜、新宿で会合。考える。


2月某日>

AM、原稿。

昼、港区で打ち合わせ。

夕方、原稿。

夜、渋谷区で会合。考える。

深夜、トニー・スコット『マイ・ボディガード』を数える。そのままメルマガ原稿。


2月某日>

終日、高尾で打ち合わせ。

夜、渋谷区で会合。考える。


2月某日>

AM、原稿、

昼、港区で打ち合わせ。

夕方、港区を横断して打ち合わせ。

× × ×

最近読んだ本の中ですこぶる面白かったのは、

四方田犬彦さんの『署名はカリガリ: 大正時代の映画と前衛主義』

谷崎潤一郎の『人面疽』、溝口健二監督『血と霊魂』、衣笠貞之助監督を縦横無尽に語られていて、

映画が産まれる瞬間を堪能。

谷崎の映画好きがここまでだったとは。




週刊メルマガ「僕らのモテるための映画聖典」は毎週配送中です。

鑑賞したすべての映画は、メルマガ内の、
「みんなのレビュー」コーナーでレビュー&星取りしていますので、

是非、ご一読下さい。

「まぐまぐ」
http://www.mag2.com/m/0001320971.html

「ニコニコ動画のブロマガ」
http://ch.nicovideo.jp/eigamote/blomaga


なにとぞ、ご贔屓に。



映画日誌vol.20(カット職人・林)


こんにちは、カット職人・林賢一です。
2月になりましたね。

もう2017年の「1/12」が終わってしまったとみるか、
まだまだ「11/12」残っていると考えるか、
なんにも考えないでいるか、そのどれでもないとしても、
まだ寒いですね。

2月になると真っ先に、当メルマガ的には2つの嬉しいニュースが発表できました。

1、入江監督のオリジナル脚本による新作映画が無事にクランクアップ

2、『SR サイタマノラッパー 〜マイクの細道〜』ドラマ化が決定

いやぁ、どちらも良いニュースですね。
後者に関しては、僕モテメルマガでも続報やその製作過程などが
報告されると思いますので、楽しみにしていて下さい。

(ちょうど一年前くらいに、入江監督・TECさん・わたくしの3人で
シナリオハンティングをかねて、東北行脚に行ったときのことも
いつかメルマガで書ける日がくるといいんですが……)

それはさておき、カット職人の映画日誌に参りましょう。
みなさまの鑑賞や読書のお助けになることを祈って。



1月某日>

AM、メルマガを書く。トニー・スコット監督『デジャヴ』のカット数について。

夜、イオンシネマ日の出で『ザ・コンサルタント』

そのままフードコートで原稿。最近は手書きなので、身軽。


1月某日>

夕方、イメージフォーラムで『パリ、恋人たちの影』。傑作。

流れで喫茶店で原稿。

夜、遅くなった新年会。駄話からよい企画が生まれた。


1月某日>

昼、港区で会議。

夕方、シネマート新宿で『ドラゴン・マッハ』

夜、事務所で原稿。

深夜、飲みながら某企画打ち、という展開に。


1月某日>

AM、ヒューマントラスト渋谷で『ホームレス ニューヨークと寝た男』

上映後、主演のマーク・レイさんが登壇しトークショー。自由な人。

流れで喫茶店で原稿。

夕方、サイゾー連載のために某所に潜入取材。

追記:紙で読んでほしいですが、最新号はココで読めたりします。


1月某日>

AM、原稿。

夕方、ニュー八王子シネマへ。今月で閉館してしまうのだ。

この映画館の歴史について、店員さんにお話を聞く。

職業病なのだろうか、ついプチ取材してしまう。どこかに書けたらいいな。

この映画館で最後に何を観るか迷ったが『シン・ゴジラ』にした。

自分がこの映画館に行った史上、最高のお客さんが入っていた。嬉し寂しい。

帰宅して『シン・ゴジラ』脚本を読む。


1月某日>

AM、原稿。

夕方、港区で撮影。

夜、千代田区で撮影。

深夜、原稿を完成させて各所に送付。


2月某日>

AM、岡本喜八監督『激動の昭和史 沖縄決戦』のカット数を数える。

そのままメルマガ原稿を書く。

夕方、原稿。


2月某日>

AM、イオンシネマ日の出で『マグニフィセント・セブン』

終わってフードコートで原稿。

もはや俺のデスクはフードコートだ。開放感超ある。

夜、デカルトの『方法序説』(中公文庫)を読む。とんでもなく明晰な文章に痺れる。


2月某日>

昼、港区で会議。

ハクスリー『すばらしい世界』(ハヤカワepi文庫)の新訳に手を出す。

コツコツ読んでいた、柄谷行人『遊動論 柳田国男と山人』(文春新書)をようやく読了。

夜、ひたすら原稿を直す。



週刊メルマガ「僕らのモテるための映画聖典」は毎週配送中です。
鑑賞したすべての映画は、メルマガ内の、
「みんなのレビュー」コーナーでレビュー&星取りしていますので、

是非、ご一読下さい。

「まぐまぐ」
http://www.mag2.com/m/0001320971.html

「ニコニコ動画のブロマガ」
http://ch.nicovideo.jp/eigamote/blomaga


なにとぞ、ご贔屓に。




映画日誌vol.19(カット職人・林)

こんにちは、カット職人・林賢一です。
寒いですね。
恒例(となっていればいんですが)、カット職人の「映画日誌」をお届けしたいと思います。
真冬に、誰かの気持ちを少しでも暖めることができるかもしれない日誌であらんことを。


1月某日>

AM、薪を積んで、運ぶ。

PM、原稿。

『サピエンス全史 上』(河出書房新社)と『ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ』(グラウンドワークス)をめくり直す。


1月某日>

数日、倒れる。

死にそうになりながら、トニー・スコット監督『アンストッパブル』を数える。


1月某日>

AM、メルマガを書く。『アンストッパブル』について。

夜、鈴木義昭『「世界のクロサワ」をプロデュースした男 本木荘二郎』(山川出版)を読む。

本木プロデューサーについては詳しくなかったので、驚くことばかり。東宝を辞めた後、そんなにもの数の作品を監督していたのか。

三島由紀夫『古典文学読本』(中公文庫)も読む。


1月某日>

昼、港区で会議。

2週間ぶりに都内に出た。都内でしか観られない映画をハンティング。

夕方、東京都写真美術館で、ホセ・ルイス・ゲリン監督の新作『ミューズ・アカデミー』

終盤から凄まじいことになっていた。すべてはガラスの中。

夜、『ゲーテ格言集』(新潮文庫)と夏目漱石『思い出す事など 私の個人主義 硝子戸の中』(講談社文芸文庫)を読む。


1月某日>

AM、シネマカリテでThe NET 網に囚われた男』

夕方、スカラ座で『ダーティー・グランパ』

夜、銀座で事務所の新年会。

流れで渋谷へ。ご馳走になる。


1月某日>

AM、ヒューマントラストシネマ渋谷で『静かなる叫び』

「未体験ゾーンの映画たち 2017」にて、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の2009年の作品が観られる歓びよ。

そのままハシゴで『トッド・ソロンズの子犬物語』

夜、図書館で文芸誌などをコピー。100枚以上コピる。


1月某日>

AM、港区で打ち合わせ。

夕方、調布で撮影。

夜、横浜で撮影。


1月某日>

AM、メルマガ原稿。トニー・スコット監督『サブウェイ123 激突』について。

夕方、立川シネマシティで『ネオン・デーモン』『マッドマックス怒りのデス・ロード<ブラック&クローム>エディション』をハシゴ。

深夜、『柄谷行人講演集成1995-2015 思想的地震』(ちくま文庫)を読む。


1月某日>

昼、港区で会議。

夜、新宿武蔵野館でジョニー・トー監督の新作『ホワイト・バレット』


1月某日>

AM、渋谷シネパレスで『マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ』

夜、ようやく『ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ』を読了。とてつもないボリュームだった。


1月某日>

夕方、イオンシネマむさし村山で『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』

なぜこの場所で公開されているのか? 横田基地がすぐ横にあるからだ、と気づいてちょっと震える。

フードコートで原稿書いてから、夜、劇場に戻って『沈黙サイレンス


1月某日>

図書館で10冊返却して10冊借りる。

『昏き目の暗殺者/マーガレット・アトウッド』

『王様のためのホログラム/デイヴ・エガーズ』

『都市を生きぬくための狡知 (タンザニアの零細商人マチンガの民族誌)/小川さやか』

『宇宙が始まる前には何があったのか?/ローレンス・クラウス』

『遊動論(柳田国男と山人) /柄谷行人』

『ラオスにいったい何があるというんですか?/村上春樹』

『ジブリの仲間たち/鈴木敏夫』

『サピエンス全史 下(文明の構造と人類の幸福)/ユヴァル・ノア・ハラリ』

『進化とは何か (ドーキンス博士の特別講義)/リチャード・ドーキンス』

<わたし>は脳に操られているのか(意識がアルゴリズムで解けないわけ)/エリエザー・スタンバーグ』

夜、トニー・スコット監督『デジャヴ』のカットを数える。




週刊メルマガ「僕らのモテるための映画聖典」は毎週配送中です。
鑑賞したすべての映画は、メルマガ内の、
「みんなのレビュー」コーナーでレビュー&星取りしていますので、

是非、ご一読下さい。

「まぐまぐ」
http://www.mag2.com/m/0001320971.html

「ニコニコ動画のブロマガ」
http://ch.nicovideo.jp/eigamote/blomaga


なにとぞ、ご贔屓に。



メルマガ登録はコチラ!

映画モテ太





Podcast「シアター野郎 劇場一番星」
「シアター野郎 劇場一番星」は映画館と映画を同時に語って応援するPodcastです。チェックしときな!!
RSS podcasting
iTunessに登録
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Podcast Ranking