【試し読み】僕らのモテるための映画聖典【vol.8】アカデミー作品賞『アルゴ』特集 全文掲載!


本メルマガの前身である「週刊! SRメルマガ」でも
何度か実施したリアルイベント、またやりますよ!

ぜひご参加下さいませっ!

 
+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

 『映画聖典最高会議~ジャンゴを語ろうの回(仮)』

 【日時】3月24日(日)17時頃から、21時頃までを予定。
 【場所】新宿8bit cafe↓(新宿三丁目駅C-5出口徒歩1秒)
     http://8bitcafe.net/index.html

 【料金】メルマガ読者/学生 1000円
     その他 1500円
     +ワンドリンクオーダー制

 【内容】第一部 映画聖典白熱教室! 『ジャンゴ』を語る公開授業。
         ⇒入江悠が演出を、林賢一がカットを、駒木根隆介が俳優を語る、
など、公開授業形式でお送りします。

     第二部 『ジャンゴ』公開レビュー
         ⇒メルマガ執筆陣による討論会+質疑応答

     第三部 『ジャンゴ』と関係ないけど……ビンゴ大会!
         ⇒入江悠ほか執筆陣が秘蔵グッズを多数大解放!

     第四部 懇親会。という名の、飲み会。(飲食代は別途となります)

 【予約】会場が狭いので、参加希望の方は事前にお知らせいただけるとありがたいです。
     予約方法はメルマガを参照して下さい。






↑初月だけ読んで辞めれば0円!!↑








2012年02月27日発行
\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\

┏━━━━━━━┳━┳━━┳━┳━┳━┳━┳━┓ ┌────┐
┃入江悠presents┃僕らのモテるための映画聖典    【vol.8】 
┗━━━━━━━┻━┻━━┻━┻━┻━┻━┻━┛ └────┘

\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\

映画監督・入江悠と仲間たちがすべての映画を愛する人へ贈る
「映画でモテる!」ための映画メルマガです。

〓【 I N D E X 】=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=
 
 【 01 】 … 入江悠の身辺雑記「映画でモテると思ってた」

 【 02 】 … 執筆陣がこの一週間で観た映画を採点「みんなの☆映画レビュー」

 【 告知! 】…『映画聖典最高会議~ジャンゴを語ろうの回(仮)』開催!【3月24日】

 【 03 】 … 入江悠のNO.1映画観戦記「キャバ嬢を口説ける、興行成績第一位」(隔週掲載)

 【 04 】 … 放送作家・林賢一のストイック映画評「終わった恋と、映画を数える」

 【 05 】 … 俳優・駒木根隆介の役者論「俳優麺論」 

 【 06 】 … 女優・森下くるみが映画と食を考える「今日も映画で腹が減る」
★今週の全文掲載!
【特別企画】… 「祝! アカデミー賞作品賞受賞!『アルゴ』を勝手にレビュー」

 
 【 07 】 … 構成作家・ヒロコ先生の「“映画でモテる!”は美女に訊け!!モテDVD8番勝負!(仮)」

 【 08 】 … ラッパー・上鈴木伯周がHIP HOP映画を語る「僕は黒人と結婚したかった」

 【 09 】 … 女優兼ライター・ハルカの映画デート武者修行「あなたと映画が観たいです。」 

【 特集 】… 情報担当・藤野の『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭』全力レビュー!

 【 10 】 … メルマガ編集担当の書評コーナー「これは映画になりますか?」
 
 【 11 】 … これ観りゃモテる!「デートのための映画データベース」

【 12 】 … 編集部より

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 01 】 入江悠の身辺雑記「映画でモテると思ってた」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

映画監督・入江悠が、映画を巡る東奔西走の日々を綴ります。
可笑しくて、やがて哀しい疾走映画ダイアリー!

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

 世の中には「ブライダル・ショット」というのがある。
 昨今の映像作品にはこのショットが多く使われている。
 でも、おそらく僕以外には、誰もこの言葉を知らない。
 僕が勝手に命名した言葉だからだ。
 今回はこの「ブライダル・ショット」の話をしようと思う。
 起源は僕が極貧だった頃、『SRサイタマノラッパー』の上映活動で
 忙しくなる前にさかぼのる。
 僕はその頃、結婚式のアルバイトをしていた。
 華やかなウエディング・プランナーやホールの仕事ではない。
 10代の頃からありとあらゆる労働が苦手で、
 協調性も、体力もなかったから、
 やっていたのはひとりでできる映像制作だった。

 続きはメルマガで→
 
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 02 】 執筆陣がこの一週間で観た映画を採点「みんなの☆映画レビュー」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 公開中の映画を中心に、しがらみ抜きの本音でレビュー!
 ☆  …観る価値なし
 ☆☆ …ヒマ潰しに、是非
 ☆☆☆…観ないで死ねるかっ
 の3段階ガチ評価です。

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

【入江悠】

 『ダイ・ハード/ラスト・デイ』(連載参照)
 『脳男』☆
 続きはメルマガで→
 
 入江悠……いりえ・ゆう。1979年、横浜生まれ、埼玉育ち。映画監督。
      代表作に「SRサイタマノラッパー」シリーズなど。

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

【林賢一】 
 
 『県警対組織暴力』☆☆☆
 『世界にひとつのプレイブック』※詳細は連載で
 『アウトレイジ』☆☆ 『アウトレイジ ビヨンド』☆☆☆
 『暴動島根刑務所』☆☆
 『翔んだカップル』☆☆
 『映画監督ジョニー・トー 香港ノワールに生きて』☆
 『インターミッション』☆
 続きはメルマガで→

 林賢一……はやし・けんいち。1979年、五反田生まれ、男子校経由、宇都宮育ち。放送作家/脚本。
      なぜかプラトン『ソクラテスの弁明』を読みました。短いのでみんな読むと良いですよ。

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

【上鈴木伯周】

 『ダイ・ハード/ラスト・デイ』☆
 『インターミッション』☆
 続きはメルマガで→

 上鈴木伯周……かみすずき・はくしゅう。1979年、栃木生まれ、男子高卒、のラッパー。
       「ラップの教科書」と「タケダ先輩のミックテープ」が絶賛発売中!

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

【森下くるみ】

 『脳男』☆
 『ダイ・ハード/ラスト・デイ』☆
 『インターミッション』☆☆
 続きはメルマガで→

 森下くるみ……もりした・くるみ。1980年、秋田出身。女優・文筆家。
        好きな映画はSFホラー、松田定次監督の時代劇、ヒッチコック作品など。

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

【阿部洋子a.k.a.ヒロコ先生】

 『テッド』 ☆☆
 続きはメルマガで→

 阿部洋子……あべ・ひろこ。構成作家。趣味・恋愛。宮城県出身。
       ラジオ、テレビの構成他、多方面で活躍中。

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

【山口遥】

 『ダイ・ハード/ラスト・デイ』☆☆
 『3.11後を生きる』☆
 続きはメルマガで→

 山口遥……やまぐち・はるか。小動物系女優兼ライター。
      入江悠監督作『SRサイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』ほかに出演。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 03 】入江悠のNO.1映画観戦記「キャバ嬢を口説ける、興行成績第一位」(隔週掲載)

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 「やっぱりさ、ヒットしている映画にはそれなりの理由があると思うんだよ」(入江悠)
 じゃあ、興行成績NO.1の映画をその足で観に行って、感想をレポートしてくださいよ、カントク!
 そしてはじまったのが、この連載。普段映画を観ないキャバ嬢だって口説けるかも!?

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

┌──────┬───────────────────────────┐
【今週のNO.1】 『ダイ・ハード/ラスト・デイ』
└──────┴───────────────────────────┘

 ついにやってきた!
 僕の大好物、ハリウッド製アクション大作映画!
 しかも、子供の頃から慣れ親しんできたオモロいハゲのおっさん、
 ウィルスさんちのブルース君が主演。
 (今作の予告編、ブルース君がマヨネーズ人形に見えて仕方なかった)。
 この連載を始めてから、これほど観に行くのが楽しみな回は初めて。
 巷では「前作『ダイ・ハード4.0』の出来がなあ……」という方もいるけど、
 僕は、シリーズ物には比較的(いや、かなり)寛容な方だ。
 「これまで築き上げた美しい歴史を汚すな!」とか、
 「オリジナルの冒涜だ!」とか、そういうことは決して思わない。
 大好きな『ターミネーター』シリーズが『3』で見るも無惨になった時でさえ、
 「作ってくれてありがとう。夢をありがとう」とすら思った。
 自分が『SRサイタマノラッパー』というシリーズ物を作ってきたから、
 という理由もある。
 『2』や『3』を作る時に、そういう文句や攻撃はずいぶん受けた。
 でも、それだけじゃない。
 シリーズ物の醍醐味とは、かつて好きになったアイツやあの娘にまた会えること。
 互いに老いを噛みしめ、全盛期に想いを馳せること。
 それもまたシリーズ物のひとつの愛した方といえる。

 今回は結論からいこう。

 続きはメルマガで→
 
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 04 】 放送作家・林賢一のストイック映画評「終わった恋と、映画を数える」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

話題の映画はいくつの「カット」で構成されているのか――?
デジタルカウンターを握りしめ、ひたすら映画を「数える」ことを誓った男は、
カウンターの数字を通して映画の真実に辿りつくことができるのか!?

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

┌─────┬──────────────────────────────┐
 【Vol.8】  『世界にひとつのプレイブック』を数えてみた
└─────┴──────────────────────────────┘

【今週のカット数】
 『世界にひとつのプレイブック』1292カット(1カット平均5.7秒)

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥‥ ‥ ‥ ‥ ‥‥ ‥ ‥ ‥ ‥‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

 『世界にひとつのプレイブック』を数えたら1292カットで、1カット平均5.7秒だった。

 物語はブラッドレイ・クーパー演じる主人公パットが病院から退院するシーンから始まる。
 妻に浮気されたことが原因で「すぐにブチ切れる(躁鬱)」病になってしまったパット。
 完治はしていないが、仮退院することになり母親が迎えに来てくれて車で帰宅することに。
 自宅にはロバート・デ・ニーロ演じるぶっ飛びオヤジが待っていて……。導入は完璧。
 登場人物の台詞がポップで、キャラクターの造型も素晴らしくて、
 ジェニファー・ローレンスはチャーミングだし、なんて幸福なフィルムなんだ!
 ふと手元のデジタルカウンターを見ると、上映開始から10分も経っていないのに100カットを超えている。
 ピンときた。

 こりゃ、1000カットを超えるな……。
 映画のカット割りにはその作品固有のリズムがあり、そのリズムは終始一定だ。
 前半が1カット平均3秒で、後半が1カット平均13秒で……なんてことは絶対にない。
 冒頭10分で1カット平均5秒だったら、最後まで1カット平均は5秒だと思って間違いない。
 本作は1カット平均5.7秒だから、体感的には6秒に1回カットが変わることになる。
 1カットが6秒。
 これがどういうことなのか、ちょっと実験をしてみよう。

 続きはメルマガで→

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 05 】 俳優・駒木根隆介の役者論「俳優麺論」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

入江悠監督作「SR サイタマノラッパー」で主人公のMCイックを演じ、
現在は舞台・映画・テレビドラマ・CM等で幅広く活躍する俳優・駒木根(こまきね)隆介。
玄人好みの演技上手で知られる彼が、銀幕に映る俳優たちの演技を大好物の「麺」にたとえて論じます!

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+
┌─────┬────────────────────────────┐
【第八麺論】 「『横道世之介』しみじみ攻めてくるところてん」
└─────┴────────────────────────────┘

 こんにちは!
 ここのところ毎回不本意ながら苦言ばかりを呈してしまい、
 どうか関係者の方が読んでいませんよう、全文掲載されないよう祈っていたら、
 やっと文句なく褒め全開でいける作品が見れてホッとしている駒木根です。

 さて、今回取り上げるのは吉田修一の同名小説を映画化した『横道世之介』です。
 主演は高良健吾さん、ヒロインに吉高由里子さんです。
 まず先に言っておきますが、とにかくオススメですよ!
 一見地味だし、2時間40分ありますが、全然気にならなかった!

 続きはメルマガで→

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 06 】 女優・森下くるみが映画と食を考える「今日も映画で腹が減る」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

入江悠監督作「劇場版神聖かまってちゃん ~ロックンロールは鳴りやまないっ」
での好演も記憶に新しい女優・森下くるみ。
映画と食が大好物の彼女が、銀幕の中の「旨そうっ」を語ります。

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

┌─────┬────────────────────────────┐
 【四皿目】 『恋人たちの食卓』
└─────┴────────────────────────────┘

 ある日の渋谷TSUTAYA4階、アジア映画コーナー。

 「なんかウマそうな映画はねぇかなぁ!」

 いつものように腹ペコでフロアを徘徊していると、ちょうど目線の高さに『恋人たちの食卓』というDVDが。
 「飯と映画」をテーマにしてメルマガの記事を書いていなければ、
 このようなちょいダサ邦題はさらりとスルーするところなんですが、
 これが「グリーン・デスティニー」「ブロークバック・マウンテン」
 などのアン・リー監督作であるというので、観てみることにしました。
 (新作「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」は絶賛上映中)
 というわけで、「今日も映画で腹が減る」前回の香港からちょいと移動し、美食天国・台湾からお届けです。

 いやはや、この映画、冒頭から凄まじいです。

 続きはメルマガで→


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 特別企画 】「祝! アカデミー賞作品賞受賞!『アルゴ』を勝手にレビュー」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 今年のアカデミー賞の作品賞はベン・アフレック監督の『アルゴ』に決定!
 おめでとう、ベン! ということで、ご祝儀代わりに『アルゴ』を勝手にレビューしちゃいます。
 みんな! 『アルゴ』、ぶっちゃけどうだった?

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

 【入江悠】☆☆
 ベン・アフレックはアメリカ映画の正統な後継者か、
 と問われれば、僕は「ノー」と答えるだろう。
 ベン・アフレックが、80年代以降のアメリカ映画を支えた、
 スピルバーグ、イーストウッド、キャメロン、弟スコットほどに
 映画に精通しているとは、到底思えないからだ。
 例えば、『アルゴ』における中盤の1シーン。
 ベン・アフレック扮する主人公がアメリカ人外交官たちをバンに乗せて、
 イランの街中をひそかに移動する。
 だが、現地のイラン人たちの集団に囲まれてあわや……というシーン。
 スピルバーグ『宇宙戦争』の、トム・クルーズが家族を車に乗せて、
 暴徒と化した難民に囲まれるシーンと見比べても、かなり遜色がある。
 言葉の通じるアメリカ人(『宇宙戦争』)の方が、
 言葉の通じないイラン人(『アルゴ』)よりも、怖いのはなぜか。
 端的に、演出力の差といえる。
 また『アルゴ』における「他者」の描写は圧倒的にナイーブで一面的だ。
 『宇宙戦争』でトム・クルーズが狂いかけた他者から娘を守ろうとして、
 自らが狂気の穴に吸い込まれてしまうような多層的な眼差しはない。
 他者はいつでも外部にあり、啓蒙すべき者であるとして描く限り、
 僕は『アルゴ』を決して擁護できない。

 【林賢一】☆☆
 クライマックスシーン@空港の「これでもか!」と煽りに煽りまくるカットバックの積み重ねは記憶に新しい。
 まさにThe王道。「ベン・アフレックはネクスト・イーストウッド説」、これは的外れではないかもしれない。
 1つ不満があるとすれば、映画内映画の架空SF『アルゴ』の物語構造と、本編があまりフィットしていないこと。
 あとは、最後のミッションがあまりにも無謀すぎること。それと、アメリカ寄りのイデオロギーが……
 あれ? 不満けっこうあるぞ。でもそんな細かいことは許せる、懐の広い爽快な映画。

【上鈴木伯周】☆☆
 終始、手に汗握りながらスリリングに楽しめる脱出劇。なんだけど、
 「“ニセ映画”救出作戦で、全員助かる」って結末をぼんやり知ってるのでドキドキは7割で収まる。
 でも逆に、終盤に向かい二転三転しまくって緊張を煽る展開を過剰に感じ、冷めそうになりながらも、
 「でもこれ、現実にあったんだよな……」と飲み込めた。『映画的に上手い!』のかもしれないけど、
 未曾有のワンカットとか驚愕するパンチラインがなく、ちょっと物足りない。
 ※Punch line(パンチライン)=聞かせ所。ラップでは特に印象的な歌詞や言い回しの事。

 【駒木根隆介】☆☆
 キャストがみんないい顔してると思って観てたらエンドロールのある仕掛けで非常に納得。
 いいキャスティングってのはこういうことだと思う。

 【情報担当・藤野】☆☆☆
 ワーナー試写室にて、荷物チェックとスクリーン真横にSPが鎮座する厳重体制の中で鑑賞。
 史実では助かると知っていてもなお、握った拳に汗をかくスリル。
 序盤のバザールを脱出するシーンは近年観た群衆シーンの中でダントツに怖い。息子にアレを渡すシーンいいね。

 【編集担当・大川】☆☆
 すごく面白かったにも関わらず☆が満点にひとつ欠けるのは、
 どこか「フェアじゃない」感じがしたから。
 とにかくサスペンスに次ぐサスペンスで、そらまあ手に汗握る。実際、握った。
 でもやり方がズルいよ、ベン! 始終緊張を強いられるのは必ずしも快楽ではない説!
 ただ、口を半開きにしたままデカい仕事をやり遂げるアンタは最高にクールだぜ!


 
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 07 】構成作家・ヒロコ先生の「映画でモテる! は美女に訊け!!モテDVD8番勝負(仮)」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 「アンタたちのメルマガ、“モテ”とか言っときながら、モテ要素ゼロじゃない!」
 と喝破した恋愛マスター・ヒロコ先生こと構成作家・阿部洋子が、仕方ないなあとペンを執り、
 読者諸兄の前に我々メルマガ執筆陣にモテの秘訣を伝授。教えて、ヒロコ先生!

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+ 

┌─────┬────────────────────────────┐
【四番勝負】 『天地明察』
└─────┴────────────────────────────┘

 こんにちは。
 先週は何回デートしましたか?

 あたくしは……ゴハン会には行きました。
 それはいわゆる、デートとは呼ばないor呼びたくない、
 【男子とのサシ飲み】です。

 ではいったい、デートとお食事会(サシ飲み)との差はなんなのか?

 <中略>


 そうそう、お店に入ってからも、脈アリかをチェックすることができます。
 それは……

 続きはメルマガで→

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 08 】ラッパー・上鈴木伯周がHIPHOP映画を語る「僕は黒人と結婚したかった」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

「SRサイタマノラッパー」シリーズの3作のラップをほぼすべて監修し、
DJ TKD役として出演もしているラッパー・上鈴木伯周。
実は日本大学芸術学部映画学科卒業の彼が、古今東西のHIPHOP映画を観尽くす!
そこから見えてくるものとは……!? 

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

┌─────┬───────────────────────────┐
 【Vol.8】  『バッド・ボーイズ』(2004年公開)
└─────┴───────────────────────────┘

 ラッパーが俳優をやる。

 アイス・キューブやアイスT、LLクールJに2パック。
 さらにはナズやエミネム、50セント、モス・デフ、などなど意外と多い。

 その中で一番成功してるのは誰か、
 といえば満場一致でウィル・スミスだろう。
 でも、彼が元ラッパーってこと、知らない人も意外と多いのでは?
 (それくらい、出る映画がほぼ全て大ヒットしていて俳優としての印象が強い。)

 ということで、まずは彼の略歴をおさらい。

 「DJ・ジャジー・ジェフ&ザ・フレッシュ・プリンス」の
 ラッパーとして(つまりはザ・フレッシュ・プリンスとして)1987年にメジャーデビュー。
 すると翌年1988年には『Parents Just Don't Understand』でグラミー賞を受賞。

 続きはメルマガで→

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 09 】女優兼ライター・ハルカの映画デート武者修行「あなたと映画が観たいです。」 

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 小動物系女優兼ライター・山口遥(ハルカ)が男性との映画デートに挑戦し、
 女性目線で映画デート中の男性の振る舞いをチェック!
 映画デートの必勝法が、これを読めば見えてくる!?

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+
┌──────┬───────────────────────────┐
 【第二夜】  『ダイ・ハード/ラスト・デイ』を観にいく。(後編)
└──────┴───────────────────────────┘ 

 <先週のおさらい>
 杉並区在住・港区勤務の30代会社員「お疲れさん」との映画デート修行に挑む山口遥。
 遅刻、汗だくでバタバタと映画館に登場し、
 「トイレに行きたくなるから飲み物はいらない」という彼の発言に戦慄しつつ、
 いよいよ『ダイハード/ラストデイ』が上映されるスクリーンへと向かうのであった――。

 <中略>

 物語は佳境にさしかかり、いよいよ最大の爆破シーンのお目見えかと鼓動を高まらせていたその時、
 隣の西洋人カップルがイチャつき始めたーー!!

 続きはメルマガで→

 
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 特集 】情報担当・藤野の『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭』全力レビュー!

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 2月21~25日に開催された『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭』
 そこに乗り込んだ本メルマガ情報担当の藤野実香子が、
 メイン会場8箇所、山のようにある上映作品の中から独断と偏見で鑑賞した映画をレビュー!
 北の大地の熱い空気を、感じてください!

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+
 
 2009年に入江悠監督が『SR サイタマノラッパー』でグランプリを取ったのがここ。
 札幌在住だった私にとって、映画祭といえばここ。
 ゆうばりは、全期間パス2000円でオープニング&クロージング作品以外はすべて鑑賞可能。
 ちょっと並べばたいてい観れちゃう、ゆる楽しい映画祭。

 というわけで、観てきた映画をちょこっとレビュー!

 『大阪蛇道 -Snake of violence-』(石原貴洋監督)
 続きはメルマガで→

 『ケランハンパン』(寒竹ゆり監督)
 続きはメルマガで→

 『煩悩力』(小林でび監督)VS『色即是空』(天野千尋監督)
 続きはメルマガで→

 『暗闇から手をのばせ』(戸田幸宏監督、3月23日~ユーロスペースでレイトショー)
 続きはメルマガで→

 『立候補』(藤岡利充監督、7月公開?)
 続きはメルマガで→

 『ニンジャ・セオリー』(飯塚貴士監督)
 続きはメルマガで→

 『極私的ランナウェイ』(河合健監督)
 続きはメルマガで→

 『クソすばらしいこの世界』(朝倉加葉子監督、今夏公開)
 続きはメルマガで→


 最後に、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭の魅力をご紹介。
 過疎地域、夕張市が一年で一番盛り上がってる時期、いわばフィーバー状態である。
 監督、キャスト、スタッフがそこらへんうろうろしているから、感想を直接言えちゃう。
 正気の沙汰じゃない、氷点下15度の屋外で催されるストーブパーティ。温泉とスキー場あり。
 ゆるキャラ、メロン熊と調教師なっちゃんが徘徊中。
 映画人が繰り出す深夜の屋台村は乗車率で言えば150%超の立ち飲み状態。カオス。

 あなたも行ってみませんか。世界一寒くてあたたかい映画祭へ。

 情報担当……藤野実香子。北海道出身。日夜関東各地の映画館に出没する映画大好き主婦。
       「SRサイタマノラッパー」シリーズを通して応援した縁で今回のメルマガにも参加。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 10 】 メルマガ編集担当の書評コーナー「これは映画になりますか?」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 編集担当・大川が、注目の書籍を毎週一冊ピックアップ!

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+
┌──────┬───────────────────────────┐
【今週の一冊】 『楽園のカンヴァス』原田マハ(新潮社)
└──────┴───────────────────────────┘ 

 先週は、戦場の主役が人からロボットへ変わりつつあるという衝撃の事実を伝える一冊、
 『ロボット兵士の戦争』を取り上げた。 

 7:00 起床。朝食後、出勤
 11:00 某国のテロリスト基地をロボ飛行機で偵察
 12:00 ランチ
 15:00 ロボ爆撃機にテロリスト基地の空爆を指示
 18:00 帰宅。娘のバースディパーティを催す

 こんな一日を過ごす軍人もいるというのだから恐ろしい。
 あんなこといいな、できたらいいな。
 不思議なポッケがなくたって、ちょっとコンビニ行ってくるわのノリで、空爆である。

 さて、そんな物騒な業界のみならず、
 我らが読書業界にもテクノロジーの波は押し寄せている。
 たとえば今週取り上げる一冊『楽園のカンヴァス』。
 この本を、私はスマートフォン片手に読んだ。
 というと、なるほど電子書籍版で読んだんだね、普通じゃん。
 そう思われる方が多いかと思う。

 否である。

 書籍の電子化を明治維新にたとえるならば、

 続きはメルマガで→


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 11 】「デートのための映画データベース」(告知コーナー)

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 気になるあの子を誘って、映画館へ。自分も満足、彼女も満足の映画を探そう!

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

┌─────────────────────────┐
│【 後の祭りにもうしない、今週おわる映画 】
└─────────────────────────┘
 
 今週金曜日(3月1日)に終わる映画の中から、絶対に見逃せない作品をPICK UP! 
 チャンスはあと3日。急げ!

 続きはメルマガで→

┌─────────────────────────┐
│【 誰より先に観ておきたい、今週はじまる映画 】
└─────────────────────────┘
 今週から公開がはじまる映画の中から、とくに期待大の映画をPICK UP! 
 これを観とけば映画の今が見えてくる!
+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+
 
 続きはメルマガで→

┌─────────────────────────┐
│【 今週の名画座PICK UP! 】
└─────────────────────────┘
 古今東西の名画をスクリーンで観られるのが日本独自のシステム「名画座」の魅力。
 そんな名画座でいま観られる注目作を紹介!
+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+
 続きはメルマガで→

┌─────────────────────────┐
│【試写会・イベントPICK UP!】
└─────────────────────────┘ 
 映画館で観るだけが映画じゃない!
 いつもと違う環境で楽しめる試写会や上映会情報。
 自力で当てて、あの子を誘おう!
+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+
 続きはメルマガで→

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 12 】 編集部より

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


┌─────────────────────────────────┐
 入江悠より告知です。
└─────────────────────────────────┘


 吉祥寺バウスシアターで開催の「爆音映画祭2013」にて上映作品リクエスト募集中!
 応募数1位になった作品が爆音上映されます。
 『SRサイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』を爆音で観てみたいという皆様、
 上映リクエストをぜひ宜しくお願い致します!

 (リクエストはこちらより↓3月3日まで!)
 http://www.bakuon-bb.net/

┌─────────────────────────────────┐
 今週のモテ☆キーワード
└─────────────────────────────────┘

 「ブロックバスター映画」(僕は黒人と結婚したかった)
 街の1区画(ブロック)を一発でブッ壊す大型爆弾から、
 巨額の予算をかけて撮影・宣伝を行う大作映画のことを表す。
 「ちょっとブロックバスター映画とかは俺ちがう感じかな~」
 とか言ってるとモテない! 絶対!

┌─────────────────────────────────┐
 編集後記
└─────────────────────────────────┘

 今週は、『アルゴ』アカデミー賞作品賞受賞の報を受け、
 急遽緊急クロスレビュー企画を実施してみました。いかがだったでしょうか?
 授賞式でのベン・アフレック、ちょっとなんか、様子がアレでしたよね! 

 あと、告知記事も出しましたが、3月24日に新宿でイベントやります!
 目指せ双方向メディアということで、読者のみなさまと映画について語る夜に
 できたらいいなと思っております。ふるって、ご参加ください。 
 
 来週は、そのイベントでも語る予定の週末公開映画『ジャンゴ 繋がれざる者』をクロスレビューする予定。
 そちらもお楽しみに!
  
┌─────────────────────────────────┐
 Follow us! み ん な の t w i t t e r
└─────────────────────────────────┘

メルマガ公式:@eigamote

入江悠:@uirie

上鈴木伯周:@hakushu

森下くるみ:@mori_kuru

ヒロコ先生(阿部洋子):@hirocoring

駒木根隆介:@mcikku

ハルカ(山口遥):@pucchin_haruka

林賢一:@rinrin_

情報担当・藤野:@AngelaFuji

編集担当・大川:@takashiookawa

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 それではみなさん、また来週!

 感想・ご意見等々は、eigamote@gmail.com までお送りください。

 感想ツイートもお待ちしてます。@eigamote まで!

 ブログもチェックしてくださいねー!
 ↓
 http://bmes.blog.fc2.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

02/27のツイートまとめ

eigamote

【映画聖典メルマガ編集担当が選ぶ、今週のマジかよ!?】「(前略)むしろ、積極的に『カウンターがいいな♪』となれば、キミに興味アリです。」(ヒロコ先生) http://t.co/LvXV0R02ZF
02-27 11:44

【映画聖典メルマガ編集担当が選ぶ、今週のなるほど】「言葉の通じるアメリカ人(『宇宙戦争』)の方が、言葉の通じないイラン人(『アルゴ』)よりも、怖いのはなぜか。端的に、演出力の差といえる。」入江悠 http://t.co/LvXV0R02ZF
02-27 11:42

【映画聖典メルマガ編集担当が選ぶ、メルマガvol.8の名言】「なんかウマそうな映画はねぇかなぁ!」(森下くるみ) http://t.co/LvXV0R02ZF
02-27 11:39

【メルマガvol.8】マジメ系の記事のみならず、恋愛神・ヒロコ先生のモテ講座、小動物女優・ハルカの映画デートレポなど、“モテ系”記事も充実。『脳男』『インターミッション』など話題作もレビューしてます。読むのが大変かも。すんません! http://t.co/LvXV0R02ZF
02-27 11:35

【本日11時半配送のメルマガvol.8は……】アカデミー賞作品賞受賞の『アルゴ』をみんなで勝手にレビュー! ベン・アフレックはイーストウッドの後継者なのか問題を考えます。情報担当・藤野の『ゆうばりファンタ』レポートもあるよ! http://t.co/LvXV0R02ZF
02-27 11:30

【本日11時半配送のメルマガvol.8は……】入江悠が『ダイ・ハード/ラスト・デイ』を語り、林賢一が『世界でひとつのプレイブック』のカットを数え、森下くるみがアカデミー賞監督賞を受賞したアン・リー監督の『恋人たちの食卓』を平らげたと思ったら駒木根隆介が『横道世之介』を絶賛!?
02-27 11:26

02/26のツイートまとめ

eigamote

渋い時代劇ファンに朗報!神保町シアターで「時代劇の粋と美学~大映京都の二枚看板・田中徳三と三隅研次」上映中!なかなか観られない粋な仕事が観られます。 http://t.co/ppRjsvmW2B
02-26 11:32

入江悠presents『僕らのモテるための映画聖典』メルマガ、現在明日27日配送のvol.8を鋭意編集作業中。手前味噌ですが、今週号は過去最高の出来になるかも! お楽しみに。
02-26 11:24

『アウトロー』2回目を観てきました。ナイトシーンでは夜の道をちゃんと濡らしていて、丁寧な仕事ですね。フィルムノワールを観直したくなりました。(入江悠)
02-26 03:01

02/25のツイートまとめ

eigamote

『世界にひとつのプレイブック』をカット数を数えて、むにゃむにゃ書いて、先週観た8本のレビューを編集長に送信しました。今週号は入江監督の『脳男』NOしがらみ評に期待が高まりますね。早く来ないかな配信水曜日(林)
02-25 02:40

02/24のツイートまとめ

eigamote

【サンプル号更新】最新号(vol.7)が全文公開されてます。「読んでみたいけど、月額630円はなぁ…」と迷ってる方、まずは初月無料で試し読みしてください。http://t.co/9Gegc0ulI1 #映画
02-24 01:46

02/23のツイートまとめ

eigamote

『脳男』を観てきました。監督は日本映画監督協会の先輩である瀧本さん、プロデューサー陣は知り合い、出演陣には『劇場版 神聖かまってちゃん』の二階堂ふみや、『SRサイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』の緒方明さん、といったしがらみだらけの本作。さて☆は……。(入江悠)
02-23 13:13

02/22のツイートまとめ

eigamote

1位の大人ガーリーも2位のナチュ可愛も知らないんですが、ここにモテの秘密があるんでしょうか?(林)男性が嫌いなファッションスタイル1位は「ボーイッシュ系」 | http://t.co/SALDO19TcD http://t.co/zFXUTJZ8ze
02-22 19:12

今週の映画興行成績1位はあのボヤキ系アクション大ヒットシリーズ『ダイ・ハード/ラスト・デイ』です。次週メルマガの連載キャバ嬢を口説ける、興行成績第一位」で取り上げます。お楽しみに〜。(入江悠)
02-22 13:07

02/21のツイートまとめ

eigamote

【モテ聖典ブログ│試し読み】今週は女優・森下くるみの「今日も映画で腹が減る」 扱うのはジョニー・トーのあの作品!レシピ付きの映画評が読めるのはモテ聖典だけ!http://t.co/51j5bPQ2R3 #映画
02-21 16:09

@Re_jigoku_fukei ありがとうございます!いつの日か「映画聖典」デートをプロデュースしてみたいです。
02-21 10:21

昨日、お送りしたメルマガ「映画聖典Vol.7」いかがでしたでしょうか?次週への励みになるので、ぜひ皆様のご感想宜しくお願い致します!
02-21 10:14

【試し読み】僕らのモテるための映画聖典【vol.7】あの娘が海辺で踊ってる』の 山戸結希監督と入江悠トークショー再録



今週は新企画が2つ!スペシャル企画も1つ!
「モテ」を探るために、右往左往が続いております!

そして最近気になることがひとつ。。。


このメルマガはちゃんと読んで貰えてるのでしょうか?
メールフォルダで迷子になってたりしないでしょうか?



…心配ばかりするのが「モテない」んだろうなぁ、と思いつつ、
できればこの心配を解消するためにも、ブログやfacebookやtwitterで感想を発して貰えると嬉しいっす!


みなさん、このブログはあくまで「試し読み」。
初月無料ですので、気になった方はまず1か月読んでみましょー♪

お気軽に購読してみてください♪









2012年02月20日発行
\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\

┏━━━━━━━┳━┳━━┳━┳━┳━┳━┳━┓ ┌────┐
┃入江悠presents┃僕らのモテるための映画聖典    【vol.7】 
┗━━━━━━━┻━┻━━┻━┻━┻━┻━┻━┛ └────┘

\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\

映画監督・入江悠と仲間たちがすべての映画を愛する人へ贈る
「映画でモテる!」ための映画メルマガです。

〓【 I N D E X 】=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=
 
 【 01 】 … 入江悠の身辺雑記「映画でモテると思ってた」

 【 02 】 … 執筆陣がこの一週間で観た映画を採点「みんなの☆映画レビュー」

 【 03 】 … 発掘せよ! 入江悠の「モテるための昭和日本映画」(隔週掲載)

 【 04 】 … 放送作家・林賢一のストイック映画評「終わった恋と、映画を数える」

 【 05 】 … 俳優・駒木根隆介の役者論「俳優麺論」 
※今週の全文公開!
 【 06 】 … 女優・森下くるみが映画と食を考える「今日も映画で腹が減る」

 
 【 07 】 … ラッパー・上鈴木伯周がHIP HOP映画を語る「僕は黒人と結婚したかった」

 【 08 】 … 構成作家・ヒロコ先生の「“映画でモテる!”は美女に訊け!!モテDVD8番勝負!(仮)」

 【 New! 】 … 女優兼ライター・ハルカの映画デート武者修行「あなたと映画が観たいです。」 

 【 09 】 … メルマガ編集担当の書評コーナー「これは映画になりますか?」
 
 【 10 】 … これ観りゃモテる!「デートのための映画データベース」

【特別企画】… 入江悠×山戸結希「『あの娘が海辺で踊ってる』を巡る史上もっとも噛み合わないトークショー完全再録(前編)』
 
【 11 】 … 編集部より

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 01 】 入江悠の身辺雑記「映画でモテると思ってた」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

映画監督・入江悠が、映画を巡る東奔西走の日々を綴ります。
可笑しくて、やがて哀しい疾走映画ダイアリー!

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

 こんにちは、入江悠です。
 さあ、今週も迫り来る花粉の脅威に負けずに、
 映画館へ足を運んで役に立つモテ映画情報を集めてきました。
 歩きすぎて、パンツの股が破れました(ただ太ったのかも)。

 バレンタインデーには、ヒロコ先生の担当されているニッポン放送の
 ラジオ番組へ出演してメルマガの宣伝をしてきました。
 (読者が1名だけ増えました)。
 また、オーディトリウム渋谷で山戸結希監督『あの娘が海辺で踊ってる』
 の上映後トークショーにも出演してきました。
 いま巷で話題になっている本作の監督・山戸さんは、
 実は『SRサイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』のスタッフでした。

<抜粋>
『みんな!エスパーだよ!
エキストラ募集ページ→ http://www.tv-aichi.co.jp/esper/


 続きはメルマガで→

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 02 】 執筆陣がこの一週間で観た映画を採点「みんなの☆映画レビュー」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 公開中の映画を中心に、しがらみ抜きの本音でレビュー!
 ☆  …観る価値なし
 ☆☆ …ヒマ潰しに、是非
 ☆☆☆…観ないで死ねるかっ
 の3段階ガチ評価です。

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

【入江悠】

 『ゼロ・ダーク・サーティ』☆
 『あの娘が海辺で踊ってる』☆☆

 続きはメルマガで→

 入江悠……いりえ・ゆう。1979年、横浜生まれ、埼玉育ち。映画監督。
      代表作に「SRサイタマノラッパー」シリーズなど。

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

【林賢一】
 
 『脳男』☆
 『ゼロ・ダーク・サーティ』☆☆
 『ダイ・ハード/ラスト・デイ』※詳細は連載で
 『あの娘が海辺で踊ってる』☆
 『仁義なき戦い 代理戦争』☆☆

 続きはメルマガで→

 林賢一……はやし・けんいち。1979年、五反田生まれ、男子校経由、宇都宮育ち。放送作家/脚本。
      ウンベルト・エーコ『小説の森散策』を読みました。猛烈にオススメします。文学好きは是非。

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

【上鈴木伯周】

 『童貞。をプロデュース』☆☆
 『あの娘が海辺で踊ってる(完全版)』☆☆☆

 続きはメルマガで→

 上鈴木伯周……かみすずき・はくしゅう。1979年、栃木生まれ、男子高卒、のラッパー。
       「ラップの教科書」と「タケダ先輩のミックテープ」が絶賛発売中!

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+
【阿部洋子a.k.a.ヒロコ先生】

 『世界にひとつのプレイブック』☆☆☆

 続きはメルマガで→

 阿部洋子……あべ・ひろこ。構成作家。趣味・恋愛。宮城県出身。
       ラジオ、テレビの構成他、多方面で活躍中。

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

【山口遥】

 『脳男』☆☆
 『ゆきゆきて、神軍』☆☆☆

 続きはメルマガで→

 山口遥……やまぐち・はるか。小動物系女優兼ライター。
      入江悠監督作『SRサイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』ほかに出演。
      ※ただいま新連載準備中!

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

【情報担当・藤野】

 『戦火の馬』☆☆
 「若尾文子特集上映」@TKP柏シアター ☆☆☆
 『アンタッチャブルズ』☆☆(今週末より公開) 

 続きはメルマガで→

 情報担当……藤野実香子。日夜関東各地の映画館に出没する映画大好き主婦。
       「SRサイタマノラッパー」シリーズを通して応援した縁で今回のメルマガにも参加。

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

【編集担当・大川】
 『ゼロ・ダーク・サーティ』☆
 『ダイ・ハード/ラスト・デイ』☆☆

 続きはメルマガで→

 編集担当……大川喬司。本業は零細漫画誌編集長。漫画とアニメが大好物。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 03 】発掘せよ! 入江悠の「モテるための昭和日本映画」(隔週掲載)

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 映画監督である前に、ひとりの超絶映画マニアである入江悠が、
 昭和日本映画の名作・奇作・珍作・問題作ぜんぶまとめてご紹介。
 モテの極意が知りたいならば、昭和の映画屋に聞いてみなっ!

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

┌──────┬───────────────────────────┐
【今週のお題】   『独立愚連隊』シリーズ(岡本喜八監督)
└──────┴───────────────────────────┘

 味わい深い顔の男がいなくなった。
 煤けて、汚れて、土にまみれて、色気のある男が。
 以前この連載にて、大島渚監督の逝去で昭和映画史が幕を下ろしたと書いた。
 監督が大島渚であるならば、僕にとって昭和映画史に幕を下ろした男は
 もうひとりいて、その男は俳優だ。
 猿のようにくちゃくちゃの顔に、ニカッと笑って開く大きな口。
 顔はいつも黒ずんでいて、皺が多い。
 名前を、佐藤允(さとうまこと)という。
 かなりの映画通でなければ、今やその名前を知る人は少ないだろう。
 ドヤ街から飛び出してきたような風貌の俳優だった。
 戦場を駆け回って、銃弾の下をかいくぐり、素足で草原を走っていそうな、
 そんな野性味が溢れる男である。

 僕が佐藤允と出会ったのは、18才くらいの時だった。

 続きはメルマガで→

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 04 】 放送作家・林賢一のストイック映画評「終わった恋と、映画を数える」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

話題の映画はいくつの「カット」で構成されているのか――?
デジタルカウンターを握りしめ、ひたすら映画を「数える」ことを誓った男は、
カウンターの数字を通して映画の真実に辿りつくことができるのか!?

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

┌─────┬─────────────────────────────┐
 【Vol.7】  『ダイ・ハード/ラスト・デイ』を数えてみた
└─────┴─────────────────────────────┘

【今週のカット数】
 『脳男』 858カット(1カット平均8.7秒)
 『ゼロ・ダーク・サーティ』 2099カット(1カット平均4.5秒)
 『ダイ・ハード/ラスト・デイ』1470カット(1カット平均4.0秒)
 『あの娘が海辺で踊ってる』 297カット(1カット平均10.1秒)
 『仁義なき戦い 代理戦争』 541カット(1カット平均11.3秒)

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥‥ ‥ ‥ ‥ ‥‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

 『ダイ・ハード/ラスト・デイ』を数えたら1470カットで1カット平均4秒だった。

 誰も気がつかないと思うけれど、これはとてつもない珍事件なので今回はそのリポートである。
 当たり前の話で恐縮だが、1カット平均というのは以下の計算式から導き出される。

 【上映時間(分)×60(秒)÷総カット数=1カット平均秒数】

 例えば『ゼロ・ダーク・サーティ』の上映時間は158分で2099カットなのでこうなる。
 【158(分)×60(秒)÷2099(総カット)=4.5164364……(1カット平均秒)】

 そう、1カット平均秒数は4.5164364……などと、ほとんどの場合きちんと割り切れないので、
 小数点第2位以下は切り捨てて「4.5秒」と紹介してきた。
 実際、これまで数えた全作品の1カット平均秒数は割り切れなかった。例外なく。
 だが。
 恐ろしいことに

 続きはメルマガで→

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 05 】 俳優・駒木根隆介の役者論「俳優麺論」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

入江悠監督作「SR サイタマノラッパー」で主人公のMCイックを演じ、
現在は舞台・映画・テレビドラマ・CM等で幅広く活躍する俳優・駒木根(こまきね)隆介。
玄人好みの演技上手で知られる彼が、銀幕に映る俳優たちの演技を大好物の「麺」にたとえて論じます!

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+
┌─────┬────────────────────────────┐
【第七麺論】 「『脳男』。いさぎよいかけそばが正義とは限らない」
└─────┴────────────────────────────┘

 こんにちは!

<中略>

 さて問題の生田斗真さんがかっこいい『脳男』ですよ。
 首藤瓜於(しゅどううりお)の同名小説を映画化した今作は、
 連続する爆弾殺人事件とそれを追う刑事、凶悪犯罪者を殺すために一切の感情がないように教育された通称「脳男」と、
 彼を精神鑑定するうち事件に巻き込まれていく精神科医が複雑に絡み合う本格サスペンスです。

 まず生田斗真さんですが、はい、確かにかっこいいです。
 身体能力もなかなかよかったと思います。
 何より、劇中他のキャラクターが大仰な芝居をするたびに、無表情で抑揚なくしゃべる脳男は得をする作りになっていたと思います。
 では損をしていたのは誰でしょうか。
 二階堂ふみさんです。
 そして損をしたことに多分気づいていないのは誰でしょうか。
 江口洋介さんです。

 続きはメルマガで→

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
※今週の全文公開!
■【 06 】 女優・森下くるみが映画と食を考える「今日も映画で腹が減る」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


入江悠監督作「劇場版神聖かまってちゃん ~ロックンロールは鳴りやまないっ」
での好演も記憶に新しい女優・森下くるみ。
映画と食が大好物の彼女が、銀幕の中の「旨そうっ」を語ります。

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

┌─────┬────────────────────────────┐
 【三皿目】 『冷たい雨に撃て 約束の銃弾を』、ジョニー・トー監督
└─────┴────────────────────────────┘

 今日も映画で腹が減ります。
 引き続き、香港映画から飯ネタをお届け!
タイトルは『冷たい雨に撃て 約束の銃弾を』、ジョニー・トー監督作です。
 
 トーさんは本当によく俳優に飯を作らせたり、みんなでご飯を食べさせたりするんですよ。
 Twitterにはジョニー・トー語録というのがあって、
 「あなたの映画には食べるシーンがとても多いですが、特別な意味はあるのでしょうか?」
 と聞かれたことに対してトー先生はこんな返答をしています。

 (食事と映画のどちらもとても愛しているから、私にとってその2つは切り離せないんだ(笑)。
 それに食卓を囲んでいると、キャラクターたちのさまざまな感情が出てきやすいものだからね。)

 ほう、なるほど。
 やはり食いしん坊の作る映画は面白い。
 ということで、『冷たい雨に撃て 約束の銃弾を』にも凄まじい食事シーンが投入されています。

 ストーリーは超要約しますと、ある日一家4人が銃撃され、フランス人の母親だけが辛うじて生き残るんですが、
 その父親がフランスからマカオへとやって来ます。
 病室で娘に「復讐してくれ」と懇願された父、約束を果たすべく、
 金で依頼した3人の殺し屋の男たちとともに鬼の復讐劇を開始……という、ハードボイルド一直線な物語です。

 まずは実行犯の特徴を割り出すため、犯行現場である娘の家に、父親は3人の男を連れて来ます。
 家の中はめちゃくちゃです。
 父親は台所で、娘が食事の用意をしている途中だったことを知り、
 ゴキブリのたかる鍋やカビの生えた皿を丁寧に掃除、
 冷蔵庫をパカッと開けてその中に残っていた野菜やペーストを使ってトマトソースを作り始めるのでした。

 お父さん、母国フランスではレストランのコックだったんですね。
 大振りのフライパンでくつくつと煮込まれるトマトーソースのアップ。
 みじん切りのパプリカの黄と赤にアスパラの緑が混じって、彩りも抜群。
 隣のコンロでは、パスタを茹でている鍋から湯気が上がっています。
 ハードボイルドの最中に、一瞬だけトマトソースのCMみたいな映像が挿入され、
 「あー、パスタ食べたい」となる不思議。

 さて、出来上がるとこのボロネーゼ(ミートソースみたいなやつ)風トマトソース、
 アルデンテに茹でたパスタとともに、腹を空かした男たちに振舞われます。
 庭で強面の男4人が、赤ワイン片手にパスタランチ……。
 しかし、ここで再び、カジュアルハードボイルドが始まります。
 3人の男のうち1人が、自分の所持している拳銃をおもむろに解体し、テーブルに並べると、
 正面に坐っていた父親も、クッと笑い、同じく拳銃をバラします。
 
 何が起こるんだろ? と思っていると、
 次に、父親の方がナプキンをくるくるくるっと細長くして、自ら目隠しをする。
 先に銃を解体した男も同じ格好になります。
 (セリフなし。ジェスチャーと目配せでの進行! クールです)
 仲間のひとりがカウントすると、「目隠ししてどっちが先に銃を組み立てられるかゲーム」開催です。
 で、依頼主である父親がぶっちぎりで勝っちゃう。
 
 「お前は何者だ……?」とざわめく男たち。
 「シェフさ」と、ニヒルな父親。
 ひとりがそれを聞いて、ニヤリとします。そして、「嘘つけコノ!」と言って、
 食い残しパスタの載った白い皿を、思いっきり宙に放つ。円盤のごとく飛んでく皿。
 すると、さっきまで食ってるばかりだった太っちょの男が、すかさず自分の拳銃で皿をバリーーーンと狙撃。
 (高そうな)皿は四方に砕け散り――。
 そこで優雅なパスタランチシーンが終わります。
 
 いやあ、ワイルドっすねえ!
 丹精こめて作ったパスタが銃の的になるだなんて思いもしなかったので、私は心底驚き、感動すらしました。
 美味しそうなものを作ってキャラに食わせるだけでは飽き足らず、
 クレーン射撃のパフォーマンスまでさせちゃう、
 トー監督ならではのびっくり演出は、他のシーンにも色々と見られます。

 では、実際に作ってみましょうか、トマトソース。
 脅威の3行レシピ、所要時間は10分です。
 1.大きな鍋に水と塩小さじ1を入れ、パスタを茹でる。
 2.パプリカとアスパラをかなり細かく切って、牛挽肉と一緒にオリーブオイルで炒める。4~5分。
 3.市販のレトルトトマトソース(成城石井あたりで購入)をフライパンに投入、ひと煮立ちさせ、茹で上がったパスタに絡めれば出来上がり。
 右肩にナプキンを引っ掛けてやると、映画の追体験が出来てカッコいいかもしれません。
 
 モテる男はトマトソースくらい煮込めなくてはね……。(あ、でも全然香港っぽくないですね)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 07 】ラッパー・上鈴木伯周がHIPHOP映画を語る「僕は黒人と結婚したかった」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

「SRサイタマノラッパー」シリーズの3作のラップをほぼすべて監修し、
DJ TKD役として出演もしているラッパー・上鈴木伯周。
実は日本大学芸術学部映画学科卒業の彼が、古今東西のHIPHOP映画を観尽くす!
そこから見えてくるものとは……!? 

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

┌─────┬───────────────────────────┐
 【Vol.7】  『ブロック・パーティー』 2004年公開
└─────┴───────────────────────────┘

 Vol.6に続き、今回もドキュメンタリー映画。だけど作り方が180度違う。と思う。

 前回の『ヒップ・ホップコップ』は、
 「黒人、警察、法律、野次馬、アメリカ、悪いのはだ~れ?」という主題に向かい、
 インタビューや新聞記事など点と点を繋いでゴールまでの線を作っていくスタイル。
 で、今回の『ブロック・パーティー』は、
 シークレットで行われる街角フリーパーティという集合点だけを用意し、
 そこに向かう無数の線を同時多発的にスタートさせ、制御しづらいカオスの中で、
 過程やゴールに起こるハプニングや大団円を期する、というスタイル。

 内容はこんな感じ。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

 米の黒人コメディアン よく喋る デイブ・シャペル
 密かに準備 ブルックリンでのシークレット・ライブ
 呼び寄せる 老若男女たち from彼の地元・オハイオ
 開催地ニューヨークからも 人々が押しかける 大挙

 続きはメルマガで→

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 08 】構成作家・ヒロコ先生の「映画でモテる! は美女に訊け!!モテDVD8番勝負(仮)」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 「アンタたちのメルマガ、“モテ”とか言っときながら、モテ要素ゼロじゃない!」
 と喝破した恋愛マスター・ヒロコ先生こと構成作家・阿部洋子が、仕方ないなあとペンを執り、
 読者諸兄の前に我々メルマガ執筆陣にモテの秘訣を伝授。教えて、ヒロコ先生!

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+ 

┌─────┬────────────────────────────┐
【三番勝負】 『桐島、部活やめるってよ』
└─────┴────────────────────────────┘

 “僕モテ”なみなさん、先週のバレンタインデーはいかがでしたか?
 あ、もう忘れ去りたい? 玉砕??
 みなまで語るな!そんなキミにも、陽はまたのぼりくりかえす!

 ところで。
 あたくし、普段から街行く人々を眺めては、
 その素性や会話における妄想を膨らませているのですが。
 特に妄想力を高められるのが「最終電車間際の駅のホーム」。
 このシチュエーションでの観察が大好物です。

 最終間際の駅のホームにいるカップルって、
 10組中9組はケンカをしてるんだよね。(当社比)
 で、女子が下を向いちゃって、むくれちゃって、機嫌悪くなっちゃってて、
 男子が途方にくれている、っていう構図。
 最悪、女子が泣いてる場合、あるからね。
 男子が女子を後ろから抱きしめてラブラブしている、
 っていうのはケースとしては、ほんと稀、です。
 たいがい、ケンカしてるか、険悪な雰囲気。

 けどね、アレを一瞬にして解ける魔法があるの! それはコチラ!

 続きはメルマガで→

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
★新企画!
■【 New! 】女優兼ライター・ハルカの映画デート武者修行「あなたと映画が観たいです。」 

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 小動物系女優兼ライター・山口遥(ハルカ)が男性との映画デートに挑戦し、
 女性目線で映画デート中の男性の振る舞いをチェック!
 映画デートの必勝法が、これを読めば見えてくる!?

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+
┌──────┬───────────────────────────┐
 【第一夜】  『ダイ・ハード/ラストデイ』を観にいく。(前編)
└──────┴───────────────────────────┘ 

 子供の頃にこんなことを考えたことはありませんか?
 「大人になって好きな人ができたら、初めてのデートは何処へ行くのだろう? 」
 私の妄想デートの舞台はいつも映画でした。

 相手はどんな服を着てくるのかな?
 何処で待ち合わせて、どんな映画を選ぶのかな?
 塩味のポップコーンとキャラメル味のポップコーン、どちらを選ぶかで喧嘩しちゃうかな?

 そんな私の妄想が花開く時が今??―。

 というわけで皆さんこんにちは。
 このコーナーでは、映画デート修行に取り組む姿を皆様に見守っていただきつつ、
 映画でモテたい皆様の映画デートの参考にしていただけたらと思っています。

 最高の映画デートとは一体、どれほど素敵なデートなのでしょうか?
 そんな事を考える、オーディション帰りのある日のこと。
 杉並区在住・港区勤務の30代会社員男性からこんな連絡が入りました。

 「打ち合わせの合間に軽く映画でも観ない?」

続きはメルマガで→

 (来週につづく)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
★新企画!
■【 09 】 メルマガ編集担当の書評コーナー「これは映画になりますか?」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 編集担当・大川が、注目の書籍を毎週一冊ピックアップ!

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+
┌──────┬───────────────────────────┐
【今週の一冊】 映画と戦争の意外な関係。『ロボット兵士の戦争』P・W・シンガー(NHK出版)
└──────┴───────────────────────────┘ 

 イラクで、ひとりの兵士が死ぬ。
 彼は爆発物処理係であり、仲間たちの危機を幾度となく救ってきた、
 部隊でもっとも献身的で、怖れを知らない兵士であった。

 ある日、敵からの砲撃で兵士は死ぬ。
 無残にもバラバラになってしまった彼の体を回収した指揮官は、
 悲嘆にくれながらも本国へ彼の死を報告する。
 「唯一の救いは、両親に彼の死を報告する必要がないことだ――なぜなら彼は、ロボットだから」
 と。

続きはメルマガで→

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 10 】「デートのための映画データベース」(告知コーナー)

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 気になるあの子を誘って、映画館へ。自分も満足、彼女も満足の映画を探そう!

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

┌─────────────────────────┐
│【 後の祭りにもうしない、今週おわる映画 】
└─────────────────────────┘
 
 今週金曜日(22日)に終わる映画の中から、絶対に見逃せない作品をPICK UP! 
 チャンスはあと3日。急げ!

続きはメルマガで→

┌─────────────────────────┐
│【 誰より先に観ておきたい、今週はじまる映画 】
└─────────────────────────┘

 今週から公開がはじまる映画の中から、とくに期待大の映画をPICK UP! 
 これを観とけば映画の今が見えてくる!
 
続きはメルマガで→

┌─────────────────────────┐
│【 今週の名画座PICK UP! 】
└─────────────────────────┘
 古今東西の名画をスクリーンで観られるのが日本独自のシステム「名画座」の魅力。
 そんな名画座でいま観られる注目作を紹介!

続きはメルマガで→

┌─────────────────────────┐
│【試写会・イベントPICK UP!】
└─────────────────────────┘
 
 映画館で観るだけが映画じゃない!
 いつもと違う環境で楽しめる試写会や上映会情報。
 自力で当てて、あの子を誘おう!

続きはメルマガで→
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【特別企画】 
 入江悠×山戸結希!
「『あの娘が海辺で踊ってる』を巡る史上もっとも噛み合わないトークショー完全再録(前編)』

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 処女作『あの娘が海辺で踊ってる』で自主映画界に衝撃を与えた新鋭・山戸結希監督。
 実は入江悠監督作にスタッフとして協力したこともある彼女が、
 入江とのトークショーで“入江愛”をブチまける!? 衝撃の内容です!

 ※本企画は、2月16日にオーディトリウム渋谷で開催されたトークショーを採録・再構成したものです。

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

 入江:今日はよろしくお願いします。

 山戸:あっ、よろしくお願いします。

 入江:この映画(『あの娘が海辺で踊ってる』以下、『あの娘』)に関して、どういう反応が多いですか?

 山戸:はい、「お前はキチガイだ」、と言われることが多いです。

 入江:そうですか……。実は、山戸監督は僕の作品「SRサイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者」(以下、『SR3』)
    のお手伝いをしてくれていたんですよね。

 山戸:はい。入江監督とは(撮影現場では)10秒くらいしか話したことないのに、今日トークショーにお呼びしてしまって……。

 入江:いえいえ。たしかに、トータルで15秒くらいしか話したことないですね。
    失礼ながら、頑張って働いてくれる子がいるな、くらいの印象でした。

 山戸:頑張ってるなんてそんな……! 入江監督の(現場での)頑張りは、日本語では表現できないです!

 入江:いやいや。
    ともかく、その後も『タマフルTHE MOVIE』という企画モノの作品にも参加してくれて。
    僕は人見知りなのであまり喋ることもなくにお別れした数カ月後にDVDが送らてきたんですよね。
    監督したので観てください、劇場公開できそうなので、と。
    それがこの映画だった。これに僕は衝撃を受けたわけです。
    仮にも僕の作品に2作参加しているのに、なにも学ばずに帰ったんだ! スゲー雑なつくりしてるな、と。 
    音のレベルもバラバラ、画面の色もカットごとに違う。
    にも関わらず、観ているうちにどんどん映画に引き込まれていったんです。これが第二の衝撃でした。

 山戸:私は、今日改めて自分の作品を観て、すごい入江監督(の作品)っぽいなと思いました。

 入江:……そんなことないと思いますよ、まったく。

続きはメルマガで→

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 11 】 編集部より

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┌─────────────────────────────────┐
 今週のモテ☆キーワード
└─────────────────────────────────┘

 「マクガフィン」(みんなの☆映画レビュー/林賢一)
 泥棒映画における宝石、スパイ映画における機密書類。
 アルフレッド・ヒッチコックが自作を解説する際によく使った言葉だそうな。

 「岡本喜八」(モテるための昭和日本映画)
 1924年生まれ、2005年没。「独立愚連隊」「肉弾」「江分利満氏の優雅な日常」
 「日本の一番長い日」「ダイナマイトどんどん」「ジャズ大名」などの作品を通じて昭和日本映画史を作り上げた一人。
 「すべてのカットをコンマ秒単位で決めた上で、撮影に臨んだといわれる。」(wikipediaより)
 すごすぎる!

┌─────────────────────────────────┐
 編集後記
└─────────────────────────────────┘
 
 今週から、山口遥の連載、「あなたと映画が観たいです。」が始まりました。
 いくつになっても女性との映画デートはドキドキするもの。
 果たして隣の席の彼女は楽しんでるだろうか?
 この映画のチョイスは正解だったのか? 
 この後メシはどうすんだっ。
 なんてな感じで映画そっちのけで煩悶した経験は誰しもにあるのではないでしょうか。
 そんなとき、女性サイドはいったい何を思っているのか?
 男性永遠の謎が、いま解き明かされる。女性が読んでも共感いただける、はず。
 
 そして、スペシャルコンテンツは話題作『あの娘が海辺で踊ってる』の
 山戸結希監督と入江悠のスペシャルトークショー再録。
 これがまた、とんでもない内容となっております。ちょっと長いですが、是非。

 というわけで、また来週!

┌─────────────────────────────────┐
 Follow us! み ん な の t w i t t e r
└─────────────────────────────────┘

メルマガ公式:@eigamote

入江悠:@uirie

上鈴木伯周:@hakushu

森下くるみ:@mori_kuru

ヒロコ先生(阿部洋子):@hirocoring

駒木根隆介:@mcikku

ハルカ(山口遥):@pucchin_haruka

林賢一:@rinrin_

情報担当・藤野:@AngelaFuji

編集担当・大川:@takashiookawa

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

それではみなさん、また来週!

感想・ご意見等々は、eigamote@gmail.com までお送りください。

感想ツイートもお待ちしてます。@eigamote まで!

ブログもチェックしてくださいねー!

http://bmes.blog.fc2.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

02/20のツイートまとめ

eigamote

今週号では、岡本喜八監督『独立愚連隊』の名優・佐藤允について書きました。10代の時、昭和の日本映画にどっぷり浸かるきっかけになった1本。ぜひ観てください!(入江悠)
02-20 22:53

森下原稿は臨場感ヤバイし、阿部原稿はマジでためになるし、遥原稿は脚運んでる感すごいし……正直、今週は負けた! 来週は負けねーぞ、って非モテ発言(林)
02-20 13:54

本日配信号は女性陣三人の原稿が読み応えあって嬉しいやら、嫉妬やら…。負けないように書かなくては、と初心を新たにしました(林)
02-20 13:49

@Re_jigoku_fukei お待たせいたしました!
02-20 12:00

【メルマガvol.7は……③】レビューのコーナーでは、『ゼロ・ダーク・サーティ』『あの娘が海辺で踊ってる』『脳男』『ダイ・ハード/ラスト・デイ』『世界にひとつのプレイブック』『アンタッチャブルズ』などをみんなでレビューしてます。 http://t.co/XYIi3mYv
02-20 11:54

【メルマガvol.7は……②】そして今週の読みどころは超話題作『あの娘が海辺で踊ってる』の新鋭・山戸結希監督と入江悠のトークショーまとめ。全然噛み合ってないのに猛スピードで加速していく世にも奇妙な映画対談は必読! http://t.co/XYIi3mYv
02-20 11:52

【メルマガvol.7は……①】入江悠が『独立愚連隊』を語り、『ダイハード/ラストデイ』のカットを数え、駒木根隆介が『脳男』の演技を語り、森下くるみがジョニー・トー監督作を食べ尽くす! 男子必見の映画デートに関する新連載もスタート! http://t.co/XYIi3mYv
02-20 11:51

入江悠presents『僕らのモテるための映画聖典』メルマガ、配送予約完了! 間もなく皆様のお手元に届くはず。今週も盛りだくさんですよー! http://t.co/XYIi3mYv #eiga
02-20 11:48

02/19のツイートまとめ

eigamote

今日、ラピュタ阿佐ヶ谷で『暴動島根刑務所』を観てきました。いやー、いいもの観させてもらいました。2/22(金)までなので脱獄モノ好きな方は是非。特集【脱獄大作戦 娑婆ダバ娑婆ダバ!】は3/1までやっています(林)
02-19 00:19

今週配送号では『脳男』、『ゼロ・ダーク・サーティ』、『ダイ・ハード/ラスト・デイ』、『あの娘が海辺で踊ってる』、『仁義なき戦い 代理戦争』のレビューを書きました。振り幅の広い5作品ですが、どれも濃かった…。水曜配信をお待ち下さいませ(林)
02-19 00:03

02/18のツイートまとめ

eigamote

今週は『ゼロ・ダーク・サーティ』のカット数についてむにゃむにゃ書こうと思っていたんですが、『ダイ・ハード/ラスト・デイ』のカット数について奇跡が起きたのでそっちを書きました。もうこんなことは二度と起きないかもしれません的奇跡です。お楽しみに(林)
02-18 12:44

【次週予告】いま話題のインディーズ映画『あの娘が海辺で踊ってる』上映後、山戸結希監督×入江悠監督のトークショーを一部採録して収録。話がかみ合い、時にすれ違い、あるいは、あさっての方へ飛んでいく摩訶不思議な対談にご期待ください。
02-18 12:36

来週は、『ゼロ・ダーク・サーティ』『あの娘が海辺で踊ってる』映画評と、「モテるための昭和日本映画」で10代の頃から大好きだった俳優・佐藤允さんを取り上げます。(入江悠)
02-18 00:05

02/16のツイートまとめ

eigamote

がんばりますっ! RT @ontherainyriver: メルマガでの再録お願いします! QT @eigamote 明日16日、オーディトリウム渋谷にて入江悠監督がトークショー出演。21:10~『あの娘が海辺で踊ってる』上映後、山戸結希監督と対談です。
02-16 10:16

02/15のツイートまとめ

eigamote

明日16日は、オーディトリウム渋谷にて入江悠監督がトークショー出演。21:10~『あの娘が海辺で踊ってる』上映後、山戸結希監督と対談です。ちなみに山戸監督は『SRサイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』のスタッフさんでした。
02-15 13:47

02/14のツイートまとめ

eigamote

本日21時より!入江悠がニッポン放送に出演します。バレンタインデーにちなんで映画とモテについて語る!映画はいいとしてモテを語れるのか 必聴です。
02-14 20:11

新企画楽しみにしてますー RT @pucchin_haruka: 今週号本当に面白い。是非!http://t.co/XYIi3mYv RT @eigamote: 今週は<【 特別企画 】みんなで観たら、なにかが見える? 『きいろいゾウ』をクロスレビュー>が風通し良い好企画。
02-14 00:38

02/13のツイートまとめ

eigamote

ぜひご応募ください! RT @tsuburayaprod: 『ネオ・ウルトラQ』マスコミ向け特別試写会に 5 名様をご招待、高梨臨さん(渡良瀬絵美子 役)、入江悠 監督が舞台挨拶に登場! http://t.co/zmR6lpfy
02-13 22:28

@youth2002 ありがとうございます! さらに面白くなるよう、(そしてモテるよう)がんばります。
02-13 18:46

【チョコをほしい素振り】は忘れずに。決戦は今日と明日14日、です。(僕らのモテるための映画聖典vol.6より/ヒロコ先生)
02-13 18:15

現在進行形で世界一売れている音楽ジャンル、HIP HOP界からは、ジョン・レノンやボブ・マーリーは(まだ)登場していない。(僕らのモテるための映画聖典vol.6より/上鈴木伯周)
02-13 18:14

チョコレートの中には微量のニッケルが含まれているそうです。なるほど、それで金属アレルギーの僕を想いみんなチョコを渡さなかったのだなと、納得しながら月を見上げておりますので、宮崎あおい似とまでは言いませんので誰か抱きしめにきてください。このさい柄本明似でもいいです。(駒木根隆介)
02-13 18:13

「1カット」というのは世界をあるフレームにおさめる装置とも言える。僕(ら)は、映画を観ながらそのフレームの外にも世界が広がっていると信じているし、実際に僕(ら)の住む世界は、フレームの外だ。(僕らのモテるための映画聖典vol.6より引用)
02-13 18:12

すべての映画はプロパガンダであり、教育的です。(中略)私たちの目の前に広がっている現実の「どこを切りとって」、「どう繋げるか」の選択をする限りにおいて、それはすべて作り手の「常識」や「思想」や「感覚」から決して逃れられないからです。(僕らのモテるための映画聖典vol.6より引用)
02-13 18:11

入江悠presents「僕らのモテるための映画聖典」はまぐまぐで配送中。しがらみ抜きのガチ映画評が毎週届いて月額630円。登録初月は無料で読めます! お申し込みはこちらから → http://t.co/Z6Ah5MjT
02-13 14:44

「僕らのモテるための映画聖典」vol.6、今週も“モテ賢人”ヒロコ先生のモテDVD講座がキレッキレです。バレンタインデーにチョコをゲットするための冴えたやり方を語り、返す刀で『闇金ウシジマくん』を語るという離れ業!
02-13 12:11

「僕らのモテるための映画聖典」vol.6、さきほど配送しました! 今週も2通に分けての配送です。今週取り上げた映画→『ムーンライズ・キングダム』『ストロベリーナイト』『アウトロー』『きいろいゾウ』『ヒップホップ・コップ』『闇金ウシジマくん』『酔拳』などなど!
02-13 11:50

続きを読む

【試し読み】僕らのモテるための映画聖典【vol.6】「きいろいゾウ」を皆で鑑賞


今週は、モテを探るために、
執筆陣(当たり前ですが)全員自腹「きいろいゾウ」を観てきました。

評価は残念ながら全体的に低め。
ただ、各自のレビューでは熱い「モテ論」が展開され、
一読の価値ありです。


みなさん、このブログはあくまで「試し読み」。
初月無料ですので、気になった方はまず1か月読んでみましょー♪

お気軽に購読してみてください♪






2012年02月13日発行
\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\

┏━━━━━━━┳━┳━━┳━┳━┳━┳━┳━┓ ┌────┐
┃入江悠presents┃僕らのモテるための映画聖典    【vol.6】 
┗━━━━━━━┻━┻━━┻━┻━┻━┻━┻━┛ └────┘

\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\

映画監督・入江悠と仲間たちがすべての映画を愛する人へ贈る
「映画でモテる!」ための映画メルマガです。

〓【 I N D E X 】=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=
 
 【 01 】 … 入江悠の身辺雑記「映画でモテると思ってた」

 【 02 】 … 執筆陣がこの一週間で観た映画を採点「みんなの☆映画レビュー」
※今週の全文公開!
 【 03 】 … 入江悠のNO.1映画観戦記「キャバ嬢を口説ける、興行成績第一位」(隔週掲載)


 【 04 】 … 放送作家・林賢一のストイック映画評「終わった恋と、映画を数える」

 【 05 】 … 俳優・駒木根隆介の役者論「俳優麺論」 

【 06 】 … 女優・森下くるみが映画と食を考える「今日も映画で腹が減る」
 
 【特別企画】 … バレンタインデー企画! 『きいろいゾウ』をクロスレビュー

【 07 】 … ラッパー・上鈴木伯周がHIP HOP映画を語る「僕は黒人と結婚したかった」

【 08 】 … 構成作家・ヒロコ先生の「“映画でモテる!”は美女に訊け!!モテDVD8番勝負!(仮)」

 【 New! 】 … メルマガ編集担当の書評コーナー「これは映画になりますか?」
 
 【 09 】 … これ観りゃモテる!「デートのための映画データベース」

 【 10 】 … 編集部より

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 01 】 入江悠の身辺雑記「映画でモテると思ってた」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

映画監督・入江悠が、映画を巡る東奔西走の日々を綴ります。
可笑しくて、やがて哀しい疾走映画ダイアリー!

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

 皆さんは車を持っているでしょうか?
 僕は持っていません。
 かつて子供だった頃、トレンディテレビや漫画などの影響もあり、
 30才過ぎたら車の1台は所有しているもんだと思っていました。

 女の子とのデートといえば、基本はマイカー。
 華麗に家の前に車で乗りつけて、「ちょっと旅行でもいかない?」と
 窓越しに女の子へ微笑んで、アクセルをふかす。
 そんなイメージを大人に対して持っていたんですが、
 気づけばもう今年で34才、車を所有できそうな気がまったくしません。

 地元で真面目に働く旧友に目を向ければ、
 車はそろそろ2台目、3台目くらいの乗り換えも当たり前。
 子供が生まれて、ワゴンタイプの快適なお父さんカーライフを満喫している。
 これが水商売的なフリーランスの生業を選んでしまった者の宿命なのか。
 「ぶらっと取材旅行とかも行きたいし、コツコツ貯金でもしようかな」
 などと夢想しながらも、現実の貯蓄に暗い気持ちになっていた矢先です。
 トム・クルーズ主演『アウトロー』をぶらりと観に行きました。
 これが素晴らしい映画だったのです。

 話はちょっと飛びますが、


 続きはメルマガで→



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 02 】 執筆陣がこの一週間で観た映画を採点「みんなの☆映画レビュー」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 公開中の映画を中心に、しがらみ抜きの本音でレビュー!
 ☆  …観る価値なし
 ☆☆ …ヒマ潰しに、是非
 ☆☆☆…観ないで死ねるかっ
 の3段階ガチ評価です。

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

【入江悠】

 『ストロベリーナイト』(連載参照)
 『アルマジロ』☆☆
 『アウトロー』☆☆☆
 『ゴーストライダー2』☆

 続きはメルマガで→

 入江悠……いりえ・ゆう。1979年、横浜生まれ、埼玉育ち。映画監督。
      代表作に「SRサイタマノラッパー」シリーズなど。

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

【林賢一】
 
 『ムーンライズ・キングダム』☆
 『奪命金』☆
 『脱獄広島殺人囚』☆☆☆
 『旅芸人の記録』☆☆

 続きはメルマガで→

 林賢一……はやし・けんいち。1979年、五反田生まれ、男子校経由、宇都宮育ち。放送作家/脚本。
      いまさらですが、橋本忍『複眼の映像』を読みました。エピソードがスゴすぎてビビってます。

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

【上鈴木伯周】

『テッド』☆☆

 続きはメルマガで→

 上鈴木伯周……かみすずき・はくしゅう。1979年、栃木生まれ、男子高卒、のラッパー。
       「ラップの教科書」と「タケダ先輩のミックテープ」が絶賛発売中!

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+
【阿部洋子a.k.a.ヒロコ先生】

 『ゼロ・ダーク・サーティ』☆☆☆

 続きはメルマガで→

 阿部洋子……あべ・ひろこ。構成作家。趣味・恋愛。宮城県出身。
       ラジオ、テレビの構成他、多方面で活躍中。

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

【山口遥】

『親密さ』☆☆☆

 続きはメルマガで→

 山口遥……やまぐち・はるか。小動物系女優兼ライター。
      入江悠監督作『SRサイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』ほかに出演。
      ※ただいま新連載準備中!

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

【情報担当・藤野】

 『旅芸人の記録』☆☆☆
 『シネマ☆インパクト Bプロ』☆☆
 『ニーチェの馬』☆☆☆
 『二郎は鮨の夢を見る』☆☆
 『インターミッション』(2/23~3/31まで)☆☆
 『満月の夜』×『緑の光線』☆☆

 続きはメルマガで→
 
 情報担当……藤野実香子。日夜関東各地の映画館に出没する映画大好き主婦。
       「SRサイタマノラッパー」シリーズを通して応援した縁で今回のメルマガにも参加。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
※今週の全文公開!
■【 03 】入江悠のNO.1映画観戦記「キャバ嬢を口説ける、興行成績第一位」(隔週掲載)

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 「やっぱりさ、ヒットしている映画にはそれなりの理由があると思うんだよ」(入江悠)
 じゃあ、興行成績NO.1の映画をその足で観に行って、感想をレポートしてくださいよ、カントク!
 そしてはじまったのが、この連載。普段映画を観ないキャバ嬢だって口説けるかも!?

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

┌──────┬───────────────────────────┐
【今週のNO.1】 『ストロベリーナイト』
└──────┴───────────────────────────┘

 おおっ、ついに来たか、日本の恋愛映画。
 これはモテ映画聖典にふさわしいわいっ!
 と、調べたら、どうやら甘酸っぱいイチゴ味の恋愛ドラマ、
 ではなく、ゴリゴリの刑事ドラマだった。
 しかも、連続ドラマの映画化である。
 ほほう、まあ良い。
 僕は世間ほどには、ドラマの映画化に冷たくない。
 『踊る大捜査線』もドラマ版はよく観ていたし、
 映画版も「♪ラララー、ラブ、サンバディトゥナイッ!」と観に行った。
 (2作目まで観て、3作目からは観なかったけど)。
 しかも、『ストロベリーナイト』は竹内結子が主演ときている。
 僕は、竹内結子が大好きだ。
 ファンといってもいい。
 でも彼女の映画は、『黄泉がえり』も『いま、会いにゆきます』も
 観たことはない(恋愛臭のする映画はこれまで避けていた)。
 ただ、雰囲気が好きなのだ。
 あの清潔感と、そこはかとなく漂う中途半端な高学歴感。
 成城大学卒といったあたりだろうか。
 そういう意味で、今回は僕にとって竹内結子ドキドキ初体験といえる。
 鼻息荒くフーフーと、『ストロベリーナイト』を観に行った。

 あんれーーーーーっ。
 初体験の竹内結子、めっちゃイメージと違う。
 もっとおっとりして真面目で協調型のバランサーだと思ってたのに、
 今回はひたすら喋って、すごい饒舌キャラ。
 警視庁捜査一課の刑事という役柄だからだろうか。
 とにかく過去のトラウマとか、事件の推理とか、暇があれば喋る。
 何かある度に「あれってこういうことよね」と復習したがる。
 しかも、すごい自己中心的で独善的な捜査スタンス。
 「あたしひとりで捜査するから邪魔しないで」と、
 大事な部下たちをないがしろにし、重要な捜査会議もスッぽかす。
 「お前、刑事だろ! 人の話を聞けや! 連帯しろや!」
 と素人ながらに注意したくなるほどである。
 
 しかも、である。
 男選びがレディコミタイプ。
 仕事が出来て男前、しかも心優しい部下の西島秀俊が、
 いつもそばにいるのにぜんぜん目もくれない。
 「俺、主任のこと……」とウルった瞳で告白されてもまったく関心なし。
 そのくせ捜査対象のヤクザ組長とは「殺して」とか言って寝ちゃったりする。
 竹内結子、めっちゃきまぐれ、ワル好き。
 さらに、さらに、である。
 それまでは「一人で捜査するから邪魔しないで」と冷たくしていた部下に、
 クライマックスになると急展開、いきなりヨヨヨっと頼り始める。
 円陣っぽい隊形を作り、水谷豊ばりに「よろしく!」とか言ったりして。
 それでも周囲の男たちが「おう!」と勇んで団結するあたりが凄い女子力。

 ふと、我に返った。
 ああ、こんな女の子いたわ、小学校に。
 それなりに可愛くてマセてて、ちょっとした陰も垣間見せる女の子。
 男子も女子もその子の周りに集まってチヤホヤしちゃうタイプ。
 学級会とかは器用にサボるのに、先生(今回は三浦友和がこの役割)も
 なぜかコロリと騙されて、この子を守らなきゃと使命感を燃やす小悪魔系。
 なんならクラスだけじゃなくて、学年、いや学校自体も動かす。
 つまり、究極のモテ女子である。
 だって何かに困ったら「よろしく!」で済むんだもん。
 最後は周りが勝手にお膳立てしてくれて、一件落着してくれる。
 たしかに、僕もかつてはこういうキラキラとした女子に惹かれた。
 そりゃあ可愛いさ、ナチュラルボーン女子だから。
 恋愛戦闘力は生まれついてのフリーザ級(「ドラゴンボール」より)。
 
 しかし、である。
 僕もそれなりに社会経験を積んで年を取った。
 こういう女に騙されるとろくなことがないのは、もう知っている。
 西島秀俊みたいに車の送り迎え程度をさせてもらえるのが関の山。
 セックスはおろかキスもできない。
 30才を過ぎたら、それなりに苦労をしてきた女性の方が深みがある。
 でも、なんでだろう。
 まだどこかでこういう女に惹かれてしまう自分がいる。
 いつか、こういう女と互角に渡り合える日がくるんじゃないかと。
 こういう姫との甘い『ストロベリーナイト』が訪れるんじゃないかと。
 ああ、いつになっても、お姫様はズルい。
 無敵だなあ、ちくしょーーー!!


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 04 】 放送作家・林賢一のストイック映画評「終わった恋と、映画を数える」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

話題の映画はいくつの「カット」で構成されているのか――?
デジタルカウンターを握りしめ、ひたすら映画を「数える」ことを誓った男は、
カウンターの数字を通して映画の真実に辿りつくことができるのか!?

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

┌─────┬─────────────────────────────┐
 【Vol.6】 『ムーンライズ・キングダム』を数えてみた
└─────┴─────────────────────────────┘

【今週のカット数】
 『ムーンライズ・キングダム』708カット(1カット平均7.9秒)
 『脱獄広島殺人囚』358カット(1カット平均16.2秒)
 『きいろいゾウ』448カット(1カット平均17.5秒)
+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥‥ ‥ ‥ ‥ ‥‥ ‥ ‥ ‥ ‥‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

 『ムーンライズ・キングダム』を数えたら708カットで、1カット平均7.9秒だった。

 『天才マックスの世界』、『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』、『ダージリン急行』などで知られる
 ウェス・アンダーソンの新作。さらっと説明すると、こんなお話。

 >12歳の子どもたちによる駆け落ち騒動を、周囲の反応を交えてユーモラスに描く。
 >人気者ブルース・ウィリスやオスカー女優フランシス・マクドーマンドと
 >ティルダ・スウィントンら脇を固める俳優陣の豪華共演にも注目

 オープニングカットはおそらくセットで組まれたであろう、ある一家の部屋と部屋を横断するカットで始まる。
 それぞれの部屋には左右対称に配置された家具があり、人物も左右対称におさまっている。
 カメラは右に平行移動した後、きっちり45度パンして次の対象物を中央に捉える。

 この完璧なカットはなんだろう?


<中略>


 強くこう思う。
 世界は君が思っているような計算されたカットばかりじゃないんだよ、と。


 続きはメルマガで→


 【観測モテBEST地点】
  シネクイント、D-11

 【最寄りモテ雑談所】
  北西40m「エクセルシオール カフェ」

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 05 】 俳優・駒木根隆介の役者論「俳優麺論」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

入江悠監督作「SR サイタマノラッパー」で主人公のMCイックを演じ、
現在は舞台・映画・テレビドラマ・CM等で幅広く活躍する俳優・駒木根(こまきね)隆介。
玄人好みの演技上手で知られる彼が、銀幕に映る俳優たちの演技を大好物の「麺」にたとえて論じます!

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+
┌─────┬────────────────────────────┐
【第六麺論】 「『きいろいゾウ』向井理はツルツルはるさめヌードル」
└─────┴────────────────────────────┘

 こんにちは! バレンタインですね! 皆さんお元気ですか?
 ゴディバですか?
 ロイズですか?
 チロルチョコでおなじみ、駒木根です!

 チョコレートの中には微量のニッケルが含まれているそうです。
 なるほど、それで金属アレルギーの僕を想いみんなチョコを渡さなかったのだなと、納得しながら月を見上げておりますので、
 宮崎あおい似とまでは言いませんので誰か抱きしめにきてください。このさい柄本明似でもいいです。

 というわけで今回は、初のメルマガメンバー共通課題作品『きいろいゾウ』です。
 もちろん僕にできるのは、ただただ俳優を麺に例えることだけ。
 あとで本人と会って気まずくなっても知らないよ!

<中略>

 で、ここで断言します。

 宮崎あおいはタイピーエンで、向井理ははるさめヌードルです。


 続きはメルマガで→


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 06 】 女優・森下くるみが映画と食を考える「今日も映画で腹が減る」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

入江悠監督作「劇場版神聖かまってちゃん ~ロックンロールは鳴りやまないっ」
での好演も記憶に新しい女優・森下くるみ。
映画と食が大好物の彼女が、銀幕の中の「旨そうっ」を語ります。

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

┌─────┬────────────────────────────┐
【二皿目】 『酔拳』ジャッキー・チェン主演
└─────┴────────────────────────────┘

 今日も映画で腹が減る。今回は香港です。
 飯食う映画は香港アクション界の食いしん坊、ジャッキー・チェン主演の「酔拳」です。
 「酔拳」にはファンの間で語り草になっている「食い逃げ」のシーンがあります。

 拳法の修行真っ只中にあるジャッキー青年が、腹を空かせながら食堂にやって来ます。
 目の前の席で、金持ちそうなじいさんが、ひとりで美味そうな飯を食っている。
 そこに、ジャッキーは「あなた蘇州の人じゃないスか? 僕もなんですよっ! いやー、嬉しいなー」
 なんて調子のいいことを言いながら、図々しく相席を決め込みます。


 続きはメルマガで→


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 特別企画 】 みんなで観たら、なにかが見える? 『きいろいゾウ』をクロスレビュー!

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

月イチ企画! メルマガ執筆陣全員で1本の映画を観てそれを語る、クロスレビューコーナー。
「どうせだったらバレンタインデーっぽいものを観よう」「ついでに自分では選ばないやつにしよう」ということで
観てきました、『きいろいゾウ』! 
果たしてみんなの評価は――? ※「みんなの☆映画レビュー」同様、三ツ星評価です。

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

【入江悠】☆
【林賢一】☆
【森下くるみ】☆+半分
【上鈴木伯周】☆
【駒木根隆介】☆
【阿部洋子a.k.aヒロコ先生】☆☆
【山口遥】☆☆
【情報担当・藤野】☆
【編集担当・大川】☆
 
【平均☆数】→ ☆1.27 (2013年暫定1位)

 続きはメルマガで→


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 07 】ラッパー・上鈴木伯周がHIPHOP映画を語る「僕は黒人と結婚したかった」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

「SRサイタマノラッパー」シリーズの3作のラップをほぼすべて監修し、
DJ TKD役として出演もしているラッパー・上鈴木伯周。
実は日本大学芸術学部映画学科卒業の彼が、古今東西のHIPHOP映画を観尽くす!
そこから見えてくるものとは……!? 

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+
┌─────┬───────────────────────────┐
 【Vol.6】  『BLACK AND BLUE ヒップホップ・コップの存在』2005年公開
└─────┴───────────────────────────┘

 ヒップホップ・コップ──。

 近年、アメリカのHIP HOPコミュニティで囁かれている噂、
 それはトップ・アーティストをターゲットにした専門捜査チーム…

 通称“ヒップホップ・コップ”の存在!!

 なんじゃそりゃ!?www

 と思いつつも、
 amazonで思わず購入しちゃったこのドキュメンタリー映画から、
 なんとかモテへのヒントを探らねば……と、鑑賞開始。

 内容はこんな感じ。
 
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

 アメリカ ショー・ビジネスの中心地 東海岸ニューヨーク
 HIP HOPに蔓延るドラッグ 暴力 殺人 犯罪のフルコース

 警察は 密かに結成した 特殊班ヒップホップ・コップ
 ラッパー達の 犯罪歴 車のナンバーを リストアップ
 クラブやパーティーに潜入し 関係者を監視する 四六時中 
 アーティスト達は怒る と同時に 恐れおののく

 もともとヒップホップ・コップは秘密裏
 だったはずが マスコミにより 明るみ

<中略>

 現在進行形で世界一売れている音楽ジャンル、HIP HOP界からは、
 ジョン・レノンやボブ・マーリーは(まだ)登場していない。

 続きはメルマガで→

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 08 】構成作家・ヒロコ先生の「映画でモテる! は美女に訊け!!モテDVD8番勝負(仮)」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 「アンタたちのメルマガ、“モテ”とか言っときながら、モテ要素ゼロじゃない!」
 と喝破した恋愛マスター・ヒロコ先生こと構成作家・阿部洋子が、仕方ないなあとペンを執り、
 読者諸兄の前に我々メルマガ執筆陣にモテの秘訣を伝授。教えて、ヒロコ先生!

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+ 

┌─────┬────────────────────────────┐
【二番勝負】 『闇金ウシジマくん』
└─────┴────────────────────────────┘

 いよいよ明日はバレンタインデーですな。

 「いよいよって言われても……」と困惑したり、
 「オレにはカンケーねーし」とか言っちゃってる男子、多いのかな??
 一方、女子は盛り上がってますよ。間違いなく。

 今じゃ、“友チョコ”なんつー、女子同士でチョコを配りあったり、
 ショコラティエが創った普段は手に取らないちょっとお高めのチョコを買って、
 女子会でスイーツとして食べたり、
 自分たちの気分を盛り上げるべく、
 イベント(&イベント感)を楽しんでいます。

<中略>

 ココで大事なことは、
 【ふたりだけのヒミツを作っちゃう】
 コレです。

<中略>

 ……というわけで、
 「“映画でモテる!”は美女に訊け!!モテDVD8番勝負!(仮) 第2番」。
 第2番のお題映画は……『闇金ウシジマくん』。
 (先週からDVDレンタルスタートしています)

 続きはメルマガで→


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 New! 】 メルマガ編集担当の書評コーナー「これは映画になりますか?」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 編集担当・大川が、注目の書籍を毎週一冊ピックアップ!

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+
┌──────┬───────────────────────────┐
【今週の一冊】 『きいろいゾウ』西加奈子
└──────┴───────────────────────────┘ 

 俺の2時間を返せ、この野郎。
 映画『きいろいゾウ』を観た私の偽らざる心情である。
 しかし。
 本連載のために『きいろいゾウ』の原作本を読み進めるにつれ、不思議な作用が起こりはじめた。
 「あの映画、ひょっとしたらそこまで悪くなかったかも」
 そう思えてきたのだ。

 続きはメルマガで→

 
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 09 】「デートのための映画データベース」(告知コーナー)

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 気になるあの子を誘って、映画館へ。自分も満足、彼女も満足の映画を探そう!

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

┌─────────────────────────┐
│【 後の祭りにもうしない、今週おわる映画 】
└─────────────────────────┘
 
 今週金曜日(15日)に終わる映画の中から、絶対に見逃せない作品をPICK UP! 
 チャンスはあと3日。急げ!

 続きはメルマガで→

┌─────────────────────────┐
│【 誰より先に観ておきたい、今週はじまる映画 】
└─────────────────────────┘

 今週から公開がはじまる映画の中から、とくに期待大の映画をPICK UP! 
 これを観とけば映画の今が見えてくる!
 
 続きはメルマガで→

┌─────────────────────────┐
│【 今週の名画座PICK UP! 】
└─────────────────────────┘
 古今東西の名画をスクリーンで観られるのが日本独自のシステム「名画座」の魅力。
 そんな名画座でいま観られる注目作を紹介!


 続きはメルマガで→
 
┌─────────────────────────┐
│【試写会・イベントPICK UP!】
└─────────────────────────┘
 
 映画館で観るだけが映画じゃない!
 いつもと違う環境で楽しめる試写会や上映会情報。
 自力で当てて、あの子を誘おう!

 【今週のPICK UP!】

 続きはメルマガで→

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 10 】 編集部より

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┌─────────────────────────────────┐
 今週のモテ☆キーワード
└─────────────────────────────────┘

 「WACK」(『みんなのゾウ』クロスレビュー/上鈴木伯周)
 新英和中辞典によれば、「変人・奇人」(名詞)「すごく悪い・有害な」(形容詞)の意。
 下手くそ、ニセモノ等々、HIP HOP業界でのディス用ワード。
 テキトーに使うと逆にモテないので注意!

┌─────────────────────────────────┐
 編集後記
└─────────────────────────────────┘

 今週は、新たな試みとして、「みんなで一本の映画を観て、語る」クロスレビュー企画を実施しました。
 観たのは「きいろいゾウ」。 
 試写会でもなく、サンプルDVDでもなく、自腹で映画館で観る。
 9人で観れば、感想も9通り(『きいろいゾウ』に関しては、妙に意見が合ってしまいましたが……)。
 やってみて分かったのですが、これがなかなか面白い、ありそうでなかった映画体験。
 
 読者の皆様におかれましても、よかったらぜひ「きいろいゾウ」観てみてください!
 そして、よかったら感想をメルマガ編集部まで送ってくれたらうれしいです。
 
 eigamote@gmail.com

 ちなみに、3月はクエンティン・タランティーノ監督の新作『ジャンゴ 繋がれざる者』をみんなで観る予定!
 こちらもお楽しみに!

┌─────────────────────────────────┐
 Follow us! み ん な の t w i t t e r
└─────────────────────────────────┘

メルマガ公式:@eigamote

入江悠:@uirie

上鈴木伯周:@hakushu

森下くるみ:@mori_kuru

ヒロコ先生(阿部洋子):@hirocoring

駒木根隆介:@mcikku

ハルカ(山口遥):@pucchin_haruka

林賢一:@rinrin_

情報担当・藤野:@AngelaFuji

編集担当・大川:@takashiookawa

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

それではみなさん、また来週!

感想・ご意見等々は、eigamote@gmail.com までお送りください。

感想ツイートもお待ちしてます。@eigamote まで!

ブログもチェックしてくださいねー!

http://bmes.blog.fc2.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

02/12のツイートまとめ

eigamote

明日配送のメルマガ予告→「バレンタイン特別企画『みんなのゾウ』クロスレビュー」「向井理は春雨ヌードル!?」「ウェス・アンダーソン新作のカット数を数えてみた」「『闇金ウシジマくん』にモテを学ぶ!」「入江悠『ストロベリーナイツ』を観にいく」「森下くるみ『酔拳』を食べる!」などなど。
02-12 17:41

02/11のツイートまとめ

eigamote

あと新企画も始動。みんなで『きいろいゾウ』を観よう! という1つの映画を10人弱で語る、という冒険に出ました。他執筆陣の感想、楽しみー(林)
02-11 12:06

今週水曜配信号はウェス・アンダーソンの新作『ムーンライズ・キングダム』のカット数を数えて、ぐにゃぐにゃ書いてみました。お楽しみにー(林)
02-11 12:02

ありがとうございます!来週はもっとおもしろくなります! RT @ito_shi: 入江悠のメルマガおもしろいよ。
02-11 01:06

02/10のツイートまとめ

eigamote

ラピュタ阿佐ヶ谷の特集【脱獄大作戦 娑婆ダバ娑婆ダバ!】で今日から始まった『脱獄広島殺人囚』のカット数を数えてきました。旧作ですが連載で取り上げたい……迷います(林)
02-10 01:45

02/09のツイートまとめ

eigamote

メルマガで撮影舞台裏のマル秘情報も配信する予定です! RT @uirie: 僕が監督したネオ・ウルトラQの第7話『鉄の貝』。予告編がアップされました。2/23放送です。 http://t.co/XM7rbJ36
02-09 12:18

ウェス・アンダーソンの新作『ムーンライズ・キングダム』のカット数を数えてきました。が、明日から阿佐ヶ谷ラピュタでかかる『脱獄広島殺人囚』を連載では取り上げたい気持ちでいっぱいです(林)
02-09 00:44

今週の興行成績1位は竹内結子主演『ストロベリーナイト』。ということで観てきました。来週の「僕らのモテるための映画聖典」で取り上げます。お楽しみに!(入江悠)
02-09 00:17

02/06のツイートまとめ

eigamote

ありがとうございますー! ハードル下げてきましょう! @KETBATH: 「僕らのモテるための映画聖典」(入江監督のメルマガ)みたくなったけど、俺そんなに映画好きじゃない・・・→てか、俺の好きな事って何?→結果、自分の好きって思う感覚のハードルの高さに気付いたwww →購読決定"
02-06 23:10

試し読み公開しました。試し読みなのにボリューム満点でお腹いっぱい・・・→【試し読み】僕らのモテるための映画聖典【vol.5】 美女が2人登場! http://t.co/H7hOyFCf #eiga
02-06 18:58

【試し読み】僕らのモテるための映画聖典【vol.5】 美女が2人登場!

今週から新執筆者登場!
森下くるみさん(女優)ヒロコ先生(構成作家)です!

モテないやつほど足りてないと言われる「女性目線」がやっと加わります!

しかしこのメルマガ、
すっっっっっっごいボリュームになってきましたね(*´ο`*)=3

みなさん、このブログはあくまで「試し読み」なので、
実際は「この3倍のボリューム」(のモテたりモテなかったりするけどやたら濃厚な記事)
が読めるんですよ!


初月は無料でまるまる1ヶ月読めちゃいます!
お気軽に購読してみてください♪








2012年02月06日発行
\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\

┏━━━━━━━┳━┳━━┳━┳━┳━┳━┳━┓ ┌────┐
┃入江悠presents┃僕らのモテるための映画聖典    【vol.5】 
┗━━━━━━━┻━┻━━┻━┻━┻━┻━┻━┛ └────┘

\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\

映画監督・入江悠と仲間たちがすべての映画を愛する人へ贈る
「映画でモテる!」ための映画メルマガです。

〓【 I N D E X 】=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=
 
 【 01 】 … 入江悠の身辺雑記「映画でモテると思ってた」

 【 02 】 … 執筆陣がこの一週間で観た映画を採点「みんなの☆映画レビュー」

 【 03 】 … 発掘せよ! 入江悠の「モテるための昭和日本映画」(隔週掲載)

 【 04 】 … 放送作家・林賢一のストイック映画評「終わった恋と、映画を数える」

 【 05 】 … 俳優・駒木根隆介の役者論「俳優麺論」 

【 NEW! 】 … 女優・森下くるみの「今日も映画で腹が減る」
 
【 07 】 … ラッパー・上鈴木伯周がHIPHOP映画を語る「僕は黒人と結婚したかった」

※今週の全文公開!
【 NEW! 】 … 構成作家・ヒロコ先生の「“映画でモテる!”は美女に訊け!!モテDVD8番勝負!(仮)」


 【 09 】 … 女優ライター・ハルカのホラー映画日記「怖いのダメって言ったじゃないですかっ」

 【 10 】 … メルマガ編集担当の予告編妄想記「モテてる俺は、予告で十分」
 
 【 11 】 … これ観りゃモテる!「デートのための映画データベース」

 【 12 】 … 編集部より

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 01 】 入江悠の身辺雑記「映画でモテると思ってた」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

映画監督・入江悠が、映画を巡る東奔西走の日々を綴ります。
可笑しくて、やがて哀しい疾走映画ダイアリー!

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

 こんにちは、入江悠です。
 みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
 インフルエンザやノロウイルスは大丈夫でしょうか。
 僕は風邪予防のために毎日マスクをしています。
 昨秋、ドラマ『ネオ・ウルトラQ』の撮影を目前にして、
 「こんなに準備を重ねてきたのに、撮影本番で風邪を引くわけにはいかない!」
 とマスクをし始めたら、そのまま年を跨いでしまいました。
 ドラマの撮影が終わり、編集も終わったのにまだマスクをしています。
 今や顔の一部、デフォルトです。
 スマートフォンの画面に貼る保護シールみたいな感じです。
 たまにマスクを忘れて街へ出ると、パンツを履き忘れたみたいで、
 なんだか恥ずかしくてモジモジしちゃうほどです。
 こんなに鼻を突起させていていいんだろうか、濡れた唇を露出させていいんだろうか、
 と気分はもう偏執狂。


 続きはメルマガで→


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 02 】 執筆陣がこの一週間で観た映画を採点「みんなの☆映画レビュー」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 公開中の映画を中心に、しがらみ抜きの本音でレビュー!
 ☆  …観る価値なし
 ☆☆ …ヒマ潰しに、是非
 ☆☆☆…観ないで死ねるかっ
 の3段階ガチ評価です。

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

【入江悠】

 『シャブ極道』
 『ロンドンゾンビ紀行』

 入江悠……いりえ・ゆう。1979年、横浜生まれ、埼玉育ち。映画監督。
      代表作に「SRサイタマノラッパー」シリーズなど。

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

【林賢一】
 
 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』
 『アウトロー』

 林賢一……はやし・けんいち。1979年、五反田生まれ、男子校経由、宇都宮育ち。放送作家/脚本。
      今は、都築響一さんの『ヒップホップの詩人たち』を読んでます。これ名著ですねー。

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

【上鈴木伯周】

 『フラッシュバックメモリーズ 3D』

 上鈴木伯周……かみすずき・はくしゅう。1979年、栃木生まれ、男子高卒、のラッパー。
       「ラップの教科書」と「タケダ先輩のミックテープ」が絶賛発売中!

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

【山口遥】

 『さよならドビュッシー』

 山口遥……やまぐち・はるか。小動物系女優兼ライター。
      入江悠監督作『SRサイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』ほかに出演。

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

【情報担当・藤野】

『シネマ☆インパクト Aプログラム』
『ダイアナ・ヴリーランド 伝説のファッショニスタ』
『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』
『シテール島への船出』
『アルマジロ』
『わが母の記』
 
 情報担当……藤野実香子。日夜関東各地の映画館に出没する映画大好き主婦。
       「SRサイタマノラッパー」シリーズを通して応援した縁で今回のメルマガにも参加。

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

【編集担当・大川】

『二郎は鮨の夢を見る』

 編集担当……大川喬司。本業は零細漫画誌編集長。1978年生まれ。
       入江悠の大学の先輩であることから巻き込まれるようにメルマガ編集に。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 03 】発掘せよ! 入江悠の「モテるための昭和日本映画」(隔週掲載)

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 映画監督である前に、ひとりの超絶映画マニアである入江悠が、
 昭和日本映画の名作・奇作・珍作・問題作ぜんぶまとめてご紹介。
 モテの極意が知りたいならば、昭和の映画屋に聞いてみなっ!

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

┌──────┬───────────────────────────┐
【今週のお題】  『刺青』(増村保造監督)
└──────┴───────────────────────────┘

 谷崎潤一郎の小説を名匠・増村保造が映画化した傑作。
 希代の美人女優・若尾文子がとにかく艶っぽい、エロい!
 「美しい女の映画ベストテンを選べ」と言われたら、
 間違いなく『刺青』がランクインする。
 人によっては、オールタイムベスト1だろう。

 ストーリーはとてもシンプル。
 江戸時代の豪商の娘が丁稚の男とできちゃって駆け落ち。
 その逃亡先で男たちに騙されて、芸者に身を落とす。
 そこで天才・彫り物師に女郎蜘蛛の刺青を入れられて……と、こんな感じ。
 池袋の新文芸坐で「若尾文子特集」を上映していたので、
 ひさしぶりにあの艶かしい女体を大きなスクリーンで堪能してやろうかの、
 デヘヘ、と鼻息荒く出かけた。
 冒頭からいきなりフルスロットルだ。
 若尾文子の目を疑うような美肌が大写しにされる。
 真白き雪のような、マシュマロのような肌。
 「さ、触りたい……一度でいいから触りたい」
 ごくりと観客たちが唾を飲む音が聴こえるような開巻。
 そこからが凄い。
 

続きはメルマガで→


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 04 】 放送作家・林賢一のストイック映画評「終わった恋と、映画を数える」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

話題の映画はいくつの「カット」で構成されているのか――?
デジタルカウンターを握りしめ、ひたすら映画を「数える」ことを誓った男は、
カウンターの数字を通して映画の真実に辿りつくことができるのか!?

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

┌─────┬─────────────────────────────┐
 【Vol.5】  『アウトロー』を数えてみた
└─────┴─────────────────────────────┘

 【今週のカット数】
 『アウトロー』1185カット(1カット平均6.1秒)
 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』729カット(1カット平均10.4秒)

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥‥ ‥ ‥ ‥ ‥‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

 『アウトロー』を数えたら、1185カットで1カット平均6.1秒だった。
 このカット数、アクション映画としては少ない方なのだ。
 『007/スカイフォール』と比べてみよう。

 『007/スカイフォール』2303カット
 『アウトロー』 1185カット

 『アウトロー』は『007』約半分のカット数だ。
 この作品はカーチェイスや銃撃シーンで細かくカットを割らず、長回しが多い。
 近年のCGを多用したド派手なアクション映画、スケール感のあるSF映画などを見慣れた観客には
 クラシカルで物足りない部分があるかもしれない。そして、こう言ってなんだが実際に物足りない。
 驚くことに、それに加えて演出もタルい。
 ここで言う演出とは「カットをつなぐ構成力」である。
 はっきり言って駄作である本作を今回取り上げる理由をハッキリさせよう。

 反面教師。

 つまりは、他人のフリ見て我がフリ直せ。


続きはメルマガで→


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 05 】 俳優・駒木根隆介の役者論「俳優麺論」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

入江悠監督作「SR サイタマノラッパー」で主人公のMCイックを演じ、
現在は舞台・映画・テレビドラマ・CM等で幅広く活躍する俳優・駒木根(こまきね)隆介。
玄人好みの演技上手で知られる彼が、銀幕に映る俳優たちの演技を大好物の「麺」にたとえて論じます!

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+
┌─────┬────────────────────────────┐
【第五麺論】 「パスタという字をうどんに変えて。『へルタースケルター』」
└─────┴────────────────────────────┘

 こんにちは!
 先週の俳優麺論が期せずしてブログ等で全文公開されてしまい、
今年の5月に舞台で共演する小栗旬さんのことを思うと震えの止まらない駒木根です。
 こんにちは!

 しかししかし、自分にできるのは演技を麺に例えることだけ。
 今週も一人荒野に立つ気持ちで
 「○○の演技は出来損ないのスイトン」
 みたいなことを言っていこうと思います。

 という訳で今週は、引き続き全く映画館に行けていない僕の為にあるような装置、
 DVDがリリースされたばかりの『へルタースケルター』です!


続きはメルマガで→


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 NEW! 】 女優・森下くるみの「今日も映画で腹が減る」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

入江悠監督作「劇場版神聖かまってちゃん ~ロックンロールは鳴りやまないっ」
での好演も記憶に新しい女優・森下くるみ。
映画と食が大好物の彼女が、銀幕の中の「旨そうっ」を語ります。

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

┌─────┬────────────────────────────┐
【一皿目】  『初恋のきた道』チャン・イーモウ監督
└─────┴────────────────────────────┘

 これが初めての記事になるので、なるべく有名な映画を……と思い、
 チャン・イーモウ監督作「初恋のきた道」を取り上げようと思います。
 中国の山村の慎ましやかな暮らしの、食生活に焦点を当てて観ていきます。

 主演は、ここ数年、富豪との不倫疑惑、性的接待疑惑、募金詐欺容疑など、
 スキャンダルが取り沙汰されて不遇の続いている(作品が良ければ何でもいいんですが)、チャン・ツィイー。
 彼女の映画デビュー作です。

 ストーリーはすこぶるシンプル。
 1960年代でしょうか。ある日、貧しい村の子供たちに勉強を教えるため、都会から自分と同じくらいの歳の教師がやってきます。
 村の娘、チャン・ツィイーは教養があって実直そうな彼に即座に一目ぼれ。
 盲目の母から「身分違いなんだから諦めろ」と忠告が入りますが、惚れてしまったらまっしぐら。
 なんとか気を引こうと、その日からせっせとお弁当を作り、若い教師に食べてもらえるよう試行錯誤するのですが――。

 最初に作ったのは「ネギのお焼き」です。


続きはメルマガで→

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 07 】ラッパー・上鈴木伯周がHIPHOP映画を語る「僕は黒人と結婚したかった」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

「SRサイタマノラッパー」シリーズの3作のラップをほぼすべて監修し、
DJ TKD役として出演もしているラッパー・上鈴木伯周。
実は日本大学芸術学部映画学科卒業の彼が、古今東西のHIPHOP映画を観尽くす!
そこから見えてくるものとは……!? 

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+
┌─────┬───────────────────────────┐
 【Vol.5】  『ボーイズ'ン・ザ・フッド』1991年公開/日本
└─────┴───────────────────────────┘

 ワルい奴はモテる。

 中学時代、同じバスケ部で汗を流したひとつ年下のユミちゃん。
 全盛期の永井真理子をもっと幼くした様な小柄で可愛らしい容姿と、
 純潔さを訴えかけてくる八重歯が眩しい笑顔が魅力的な子だった。
 そんな彼女が、実は2つ上のカズヤ先輩(地元で有名な暴走族所属・愛車はXJR)
 と付き合っている事実を知ったときの、敗北感と羨ましさは忘れられない。

 文明化された人類にとって、
 動物的な「強さ」の優先度は薄まったとはいえ、
 「躊躇なく人を殴れる」とか「拳銃の引き金が引ける」とか、
 「ビビらない」強さ(=現代においては『ワルさ』)を持ったオスは、モテる。

 で、そんな「動物的モテは嫌だ!」と、
 文系に寄り添いながら、「悪い」とは別のモテ道を目指して僕は生きてきたし、
 「ワルい奴」が苦手な文系女子の存在も知ってるんだけど、
 やっぱり「ワルい奴」はモテるなぁこんチクショウと思い知った映画でした。

 というか、
 「ワルい」にプラスして、兄弟や仲間との絆を大切にする奴は、
 「不良が子犬を助けてると魅力UP!」的なある種のギャップ萌え効果も相まって
 男の僕が惚れてしまうほど、もうたまらなくカッコイイ!という事を学んだ作品でした。

 映画の内容はこんな感じ。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

 舞台はロサンゼルス サウス・セントラル
 全米屈指の犯罪率 人から失われたモラル
 登場する黒人高校生3人は幼馴染
 彼らは 育てられた そんな街に


続きはメルマガで→


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
※今週の全文公開!
■【 NEW! 】構成作家・ヒロコ先生の「映画でモテる! は美女に訊け!!モテDVD8番勝負(仮)」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 「アンタたちのメルマガ、“モテ”とか言っときながら、モテ要素ゼロじゃない!」
 と喝破した恋愛マスター・ヒロコ先生こと構成作家・阿部洋子が、仕方ないなあとペンを執り、
 読者諸兄の前に我々メルマガ執筆陣にモテの秘訣を伝授。教えて、ヒロコ先生!

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+ 

┌─────┬────────────────────────────┐
【一番勝負】 「苦役列車」
└─────┴────────────────────────────┘

 というわけで、今週からぬるりとはじまりました、
 「映画でモテる! は美女に訊け!! モテDVD8番勝負(仮)」。
 担当している阿部洋子(アベヒロコ)と申します。
 普段は、テレビやラジオを中心に構成作家をしております。
 ときに、イベントMCやアーティストさんへのインタビュー、
 そしてテレビラジオでもしゃべったりもしているので、
 あたくしの声や、恋愛遍歴&性癖(!)などを、
 なんとなーくご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが……。
 この連載は、そんなあたくしの超個人的な恋愛観をムダに披露しながら、
 世の中にモテ男子を増やすべく、
 勝手気ままにつらつらーっと綴っていこうと思います。。。
 タイトルの(仮)はそのまま付けていこうっかな。

 第1番の今回、お題となった映画は、『苦役列車』。
 (先月からDVDレンタルスタートしています)
 2010年に芥川賞を受賞した、西村賢太の同名小説が原作です。
 ほぼほぼ西村氏の若い頃をそのまま作品にしてしまった、という本作。
 映画公開時のキャッチフレーズ、
 「友ナシ、金ナシ、女ナシ、この愛すべき、ろくでナシ」が
 すべてを物語っているのかもしれませんが……。

 “愛すべきろくでなし”を【=モテる】に変換しようとすると、
 だいぶ難のある作品です。

 だってね、彼を愛せるか、と聞かれたら、それはNOなんですよ。
 森山未來演じる主人公・北町貫多その人は。
 酒とセックスのためだけの日銭を稼いで、友だちはナシ。
 生き方が不器用すぎるんです。

 あのね、モテるには、“不器用そう”じゃなきゃダメなんだよなぁ。
 この違いわかります?
 「ガッツリ本気不器用vs不器用そう」。
 あくまで、“不器用まぶし”じゃなきゃ、
 世の中の女子は受け入れることはできません。

 それは他のことにも言えるんだけど……例えば、
 よく、「少年のような心を持った人に惹かれる」っていう女子いるでしょ?
 アレは、言葉がちょっと足りなくて、ほんとは、
 「少年のような心も持ってるけど、実際はスマートなオトナの男がスキ」
 って言ってるんですよ。
 つまり、実際に少年の心を持っているんじゃなくて、
 そんな心を持っていたとしてもあくまで、“それ風”、風味です。
 少年風、やんちゃ風を演出できている男……オトナなわけ。
 でも、それをいやらしく演じているわけでもなくて、
 なんとなく、やんちゃな少年風になってるオレ。
 そんな男子がモテちゃうだよなぁ。
 そういうモテ男子、周りにいません??
 そうそう、ひどい女子の場合、
 「少年のような心」イコール「少年のような笑顔」って
 ココロではなく、もはや「顔」問題となって、
 “ねじれ変換”されてる場合もあるので、要注意です。

 なので、恋愛も“風味”が大事。
 要は【カニカマ】のようなもんです。今回はコレで行ってみましょう! 

 例えば、映画の中で、森山未來は、
 前田敦子演じる康子に「握手しよう」って、
 彼女の手を引き寄せるシーンがあるのね。

 「握手しよう」って告げたそこまでは、
 不器用なりにがんばってるとは思うんだけど、
 その次の瞬間、未來ってばマエアツの手を舐めあげちゃうの。
 もうさ、不器用にもほどがあるでしょ。
 触りたかったり、近づきたかったり、好意を表したかったにしても、
 風穴開けすぎでしょ。
 その行動、怖すぎてフツーの女子ならトラウマになります。
 で、「アノ人、キモいーーー」のひと言で、
 そのコミュニティから、存在を抹殺されてしまいます。
 そう、なかったことに、彼はいなかったことになってしまうの。

 では……未來はどうすればよかったか・・・?
 ズバリ!【ちょっと引き寄せて、手に軽くCHU】でよかったのー!
 ただそれだけ。それだけです!
 手にCHUなんてできねーよ!西洋人かよ!
 とお嘆きのアナタ!!
 もいちょいハードルを下げるのなら、
 文字通り、握手するだけでよかったのですよ。

 もしも握手をされたのなら、
 そう、JUST握手だったのなら、女子たちは、
 「え? なぜに今、握手??」
 「え? どうして、ギュっとして(抱きしめて)くれないの?」
 「えー? CHUするんじゃないんだ?」
 「もしかして、あたしには興味が無い?」
 と、むしろ女子の側からがっつき精神が芽生えて、
 次への展開が期待できたのに。。。

 やりすぎちゃダメなの。
 あくまで、コレもがっつき“風”の不器用“風”が大事。

 一方、未來の友だち、高良健吾演じる日下部正二は、
 そらモテるわな! な言動をしてました。
 (ま、高良くん自身が未來よりも
 100倍カッコイイっていう問題はさておいてもね)

 例えば、高良くんが未來に女子友を紹介する居酒屋で飲むシーン。
 ちょいブサな女子の、聞いてるこっちがイラっとするような
 うぬぼれ自分上げトークにも、
 うんうん頷き、わかるよ、そうだよね、君なら大丈夫、
 となんでも肯定している高良くん。
 コレぞ、モテ男子の鏡です。
 そんなの、己にキモチはないんかい!と
 男気男子のみなさんに、責められてしまいそうですが……
 女子は、基本、
 自分のことをわかってくれる男子が大好きです。
 本当のところで理解していなくても大丈夫。
 そこは、理解してる“風”でよいのです。
 「オレはキミのことわかってるよ、うんうん、えーこえーこ」と
 たまーに、頭をなでなでしながら
 女子のくだらん戯言を聞いてあげるだけで、
 きっと、この春アナタはモテるでしょう。

 なぜなら、女子は、そういう人になぜか
 ココロも股も開いてしまう傾向にあるんです。(当社比)

 ココで要注意は、自分の意見をはさまないこと。
 はさんだら最後、「もーいー(キーッ!)」となって、
 その夜、いたせそうだったのに、もはやそれは幻となり、
 いたせなくなるでしょう。

 男は黙って、頷く。
 それだけでモテるんだけどなぁ。

 で、もしも自分の意見を聞かれてしまったら……
 相手の女子の言葉を繰り返したあと、
 わかるよ、で、ほんとのところ、キミはどう思ってるの?と
 逆に質問してあげましょう。
 そうすると、女子は、なぜか理解された風になって、
 もう一度自分のキモチを整理しながら同じ話をしはじめます。
 アナタの意見は、もはやいらない状況になります。
 女子にとっては、聞いてくれている人がいる、
 わかってくれている人がいる、そういうことが大事なのです。
 たとえ、話の半分も理解してあげていないとしても。

 この作戦で、見事、彼女と付き合うようになったら、
 その先は、もちろん自分の意見も披露してあげてください。
 でないと、
 「どうして、アナタはいつも黙ってるの!」と
 怒られちゃいます。
 (そんなやりとりしてる夫婦、結構いますよね)
 例えば、彼女のネイルを見て、「なんかいいよね」とひと言。
 それだけで、機嫌がよくなります。
 で、機嫌がよくなった彼女は、このネイルはね、と
 勝手に、ネイルの話を続けてくれます。

 最後にひとつ。
 この映画に出ていた、マキタスポーツさん演じる高橋岩男。
 おっさん、なのに、
 かなりセクシーなビームを発していらっしゃる。
 なぜだ?? と考えていたら……「声」に行き着きました。
 声、歌声にやられちゃったんですね。恋愛脳が。
 おっさん~からの~歌上手過ぎ!
 そのギャップで恋に落ちました。
 やっぱり、恋にはギャップが必要。
 ギャップのお話はまた改めて。。。

 女子って、単純なようでいて結構ムズカシイ。
 そんな「めざせ!モテ男子のためのトリセツ」、
 今後も綴っていきます。。。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 09 】 女優ライター・ハルカのホラー映画日記「怖いのダメって言ったじゃないですかっ」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

あるときは女優、あるときはライター。
そんな小動物系サブカル女子・山口遥(ハルカ)に入江悠が出したお題は、
「毎週一本ホラー映画を観て、その感想をレビューせよ」というドS指令。
恐怖と好奇心の狭間で揺れる乙女心を目撃せよ!

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

┌───────┬───────────────────────────┐
【今週のホラー】 『REC』2007年公開
└───────┴───────────────────────────┘

 いま、私は困っています。
 何に困っているのかお伝えする前にご挨拶を。
 初めましての方も一週間ぶりの方もこんにちは。山口遥です。

 さて、私は困っています。
 私は、今週の指令作品に対して困っているのです。

 2007年にスペインで公開され、ハリウッドでもリメイク版が製作されるほど
 大ヒットを記録した今週のホラー作品『REC』。

 TVリポーターのアンヘラは消防署員の密着取材のため、
 カメラマンのパブロと共に消防署に出向き、通報があったアパートに同行する。
 アパートの一室には未知の感染症に侵され凶暴化した老婆の姿。
 やがて感染拡大を防ぐために建物は封鎖され、住人たちは感染者ごと隔離されてしまう。

 この作品は、ビデオカメラ撮影者だけの視点で物語が進んでいくPOV(Point of view)=主観映像という
 ドキュメンタリー風の撮影方法で作られているもので、モキュメンタリーやフェイクドキュメンタリーなどと呼ばれています。
 『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』みたいな作風と言えば伝わる方も多いのではないでしょうか。

 私が困ってしまった原因は怖かったからではないのです。


続きはメルマガで→


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 10 】 メルマガ編集担当の予告編妄想記「モテてる俺は、予告で十分」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

編集歴10年、妄想歴34年の本メルマガ編集担当・大川喬司が
映画館に足を運ぶことなく、予告編のみで映画の中身を語ります。
あれはイタコか!? 預言者か!? いいや、モテ編集者だっ!

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+
┌─────┬───────────────────────────┐
 【Vol.5】  全米を揺るがす陰謀『ワールド・ウォーZ』
└─────┴───────────────────────────┘ 

 さて、毎週そればっかり眺めていると
 映画の予告編にはいくつかのパターンがあることに改めて気付かされる。

 まず、イントロ型。
 物語の導入部を見せ、「続きが気になる!」という観客を映画館の椅子に座らせる。
 妄想度は★★~★★★★で幅があるのが特徴。
 ・参考『宇宙戦争』→ http://www.youtube.com/watch?v=MJYnHA2OzfA
 
 続いて、あらすじ型。
 設定を説明し、あらすじを説明して、ほら、エンディングで泣けそうでしょ、
 っていうところまで見せて、いきものがかり、かなんかの曲がバーンとかかって、
 有名芸能人もいっぱい出るよ~というところまで教えてくださる親切設計。
 妄想度:★。
 ・参考『リトル・マエストラ』→ http://www.youtube.com/watch?v=YbzOQ-VDwaM

※中略※

 予告編は合コンの自己紹介に似ている。
 元気キャラの幹事女子。趣味は料理とさりげないアピールのイントロ型。
 

続きはメルマガで→

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 11 】「デートのための映画データベース」(告知コーナー)

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 気になるあの子を誘って、映画館へ。自分も満足、彼女も満足の映画を探そう!

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

┌─────────────────────────┐
│【 後の祭りにもうしない、今週おわる映画 】
└─────────────────────────┘
 
 今週金曜日(8日)に終わる映画の中から、絶対に見逃せない作品をPICK UP! 
 チャンスはあと3日。急げ!

続きはメルマガで→

┌─────────────────────────┐
│【 誰より先に観ておきたい、今週はじまる映画 】
└─────────────────────────┘

 今週から公開がはじまる映画の中から、とくに期待大の映画をPICK UP! 
 これを観とけば映画の今が見えてくる!
 
続きはメルマガで→

┌─────────────────────────┐
│【 今週の名画座PICK UP! 】
└─────────────────────────┘
 古今東西の名画をスクリーンで観られるのが日本独自のシステム「名画座」の魅力。
 そんな名画座でいま観られる注目作を紹介!

続きはメルマガで→

┌─────────────────────────┐
│【試写会・イベントPICK UP!】
└─────────────────────────┘
 
 映画館で観るだけが映画じゃない!
 いつもと違う環境で楽しめる試写会や上映会情報。
 自力で当てて、あの子を誘おう!

【今週のPICK UP!】

続きはメルマガで→

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 12 】 編集部より

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┌─────────────────────────────────┐
 <2月9日!>入江悠トークショー出演情報
└─────────────────────────────────┘

 去年、入江悠が観た中で最も刺激的だった劇団『Q』。
 まだ20代の若き劇作家・演出家の才能がほとばしる、
 新作舞台のアフタートークに入江悠が出演します。ぜひ、お越しください。
 「いのちのちQ」(作・演出:市原佐都子)
 日時:2月9日17:30~ 
 場所:「さくらWORKS」(JR「関内駅」北口から徒歩5分)

 http://qchan9696.web.fc2.com/Q/next.html

┌─────────────────────────────────┐
 今週のモテ☆キーワード
└─────────────────────────────────┘

 『陰翳礼讃』(モテるための昭和日本映画)
 まだ電灯がなかった時代の美について論じた、谷崎潤一郎の随筆。
 芸術系の大学に入るとまず読まされる一冊でもある。
 これ読んだらモテるかも! と期待させるも意外とモテない、禁断の書籍である。
 
 『ボッタルガ』(俳優麺論)
 カラスミのことだよね? と思ったら、イタリアではボラの卵巣に限らず、
 タラ、マグロの卵巣なんかも使うみたいです。
 というわけでこの知識、イタリアンレストランで知っとくとモテるはず!

┌─────────────────────────────────┐
 編集後記
└─────────────────────────────────┘

 予定を前倒しして、今週から2本同時に新連載がスタートしました。
 女優・森下くるみと、構成作家のヨーコ先生こと阿部洋子。
 「モテメルマガなのにモテる要素がまるでない」でお馴染みの本メルマガに、
 まさかの美女ふたりが緊急参戦。ビビる!

 ということで、メルマガはますますパワーアップ!
 連載時代もどんどんリニューアルして、飽きずに楽しめるメルマガを目指します。
 引き続き、お楽しみに―!

┌─────────────────────────────────┐
 Follow us! み ん な の t w i t t e r
└─────────────────────────────────┘

メルマガ公式:@eigamote

入江悠:@uirie

上鈴木伯周:@hakushu

森下くるみ:@mori_kuru

阿部洋子 :@hirocoring

駒木根隆介:@mcikku

ハルカ(山口遥):@pucchin_haruka

林賢一:@rinrin_

情報担当・藤野:@AngelaFuji

編集担当・大川:@takashiookawa

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

それではみなさん、また来週!

感想・ご意見等々は、eigamote@gmail.com までお送りください。

感想ツイートもお待ちしてます。@eigamote まで!

ブログもチェックしてくださいねー!

http://bmes.blog.fc2.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

02/05のツイートまとめ

eigamote

【モテはあとからついてくる!(たぶん)】 >モテるメルマガだよ! http://t.co/xjbUEfum
02-05 23:22

【vol.5】二大モテ美女連載、はじまります! http://t.co/JAc8X8aA #eiga
02-05 12:06

!! RT @mozumozumozu47: 園子温以外に期待が持てる若手、中堅監督って誰がいるだろう。入江悠とかなのかしら。
02-05 01:11

間もなく配信、今週号のメルマガでは「映画とSNSの相性」について真面目に考察しました。映画館の特異性と視点の独占について書いています。ぜひ宜しくお願いします。(入江悠)
02-05 01:01

今日は「僕らのモテるための映画聖典」メルマガ執筆者打ち合わせ。皆で集まって、メルマガをもっと面白くするための議論をしてきました!これからどんどん映画情報とモテ情報を充実させていくぞー。
02-05 00:36

【vol.5】二大モテ美女連載、はじまります!

「僕らのモテるための映画聖典」、明日配送のvol.5では……なんと!
一気にふたつの新連載がスタートします。


ひとつめは、女優/文筆家の森下くるみ
映画と映画に登場する「食」を語る連載「森下くるみの、今日も映画で腹が減る」
第一回は、チャン・イーモウ監督、チャン・ツィイー主演『初恋のきた道』を(胃袋で)分析します。
読むだけで腹が減るので注意です。
(ブログ:森下くるみの間

さらにふたつめは、
美人構成作家・ヒロコ先生こと阿部洋子による、
「“映画でモテる”は美女に訊け! モテDVD8番勝負(仮)」
ちなみに、(仮)まで含めて正式名称。
モテエクスパートであるヒロコ先生が、話題の新作DVDからモテエッセンスを抽出し、モテない我々を指導!
なんだそりゃ!
第一回は昨年話題となった『苦役列車』がテーマ。果たして、森山未來演じる北町貫多から、
モテエッセンスは学べるのか……?
(ブログ:「構成作家 阿部洋子の日々のこと。」


そんなわけで、「僕らのモテるための映画聖典」は糸井を獲得したオリックスを超える大補強に成功。
我らのモテの明日は近い。みなさまのご登録、待ってます!



↑初月無料なのでお気軽に♪↑



もちろん、既存連載も充実!
今週は入江悠が映画とSNSの関係を考察し、
俳優・駒木根隆介が『へルタースケルター』の演技を(麺にたとえて)語り
放送作家・林賢一が『アウトロー』のカットを数えたりしてます。

明日6日水曜日朝に配送予定。お楽しみに!



編集担当:大川

01/31のツイートまとめ

eigamote

【明日2/1は映画の日!】坊主の話題も良いけど、映画聖典の話題でも盛り上がって欲しいなぁ。というわけで、僕らのモテるための映画聖典ブログ更新しました!(山口遥)http://t.co/C0r3iafl
01-31 21:14

メルマガ登録はコチラ!

映画モテ太





Podcast「シアター野郎 劇場一番星」
「シアター野郎 劇場一番星」は映画館と映画を同時に語って応援するPodcastです。チェックしときな!!
RSS podcasting
iTunessに登録
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Podcast Ranking