04/27のツイートまとめ

eigamote

ッ!! RT @xxxriroxx: 入江悠変態だったんだね
04-27 00:34

04/25のツイートまとめ

eigamote

【補足】今週号の「発掘せよ! 入江悠の『モテるための昭和日本映画』」で取り上げた『網走番外地』シリーズいかがでしたでしょうか。最近の日本映画には見られない髭面の男臭い男ばかりが登場することでも必見です。まるで刑務所版「ザ・レイド」です。(入江悠)
04-25 19:00

ゴールデンウィークを目前に映画館では熾烈なバトルがおこなわれ、今週の興行成績1位を制したのは、この作品でした。 http://t.co/dUtUbFCBPM (入江悠)
04-25 16:21

04/24のツイートまとめ

eigamote

まぐまぐのエンターテイメントランキングでは以前として9位の本メルマガ。ちなみに1位は松尾スズキ、3位は村西とおる。松尾さんはともかくとして……ライバルは村西パイセン。「村西とおる越え」が目標ですねぇ〜!!(林)http://t.co/b3XvJ5C0G8
04-24 23:21

どうやらグイグイと購読者数が増えているようです。嬉しい限りで、これまで以上に引き締めなくては〜と思うと同時に、くだらなさや、事件になるようなアホなこともしていきたいな〜と夢想してます。本日配信号はなぜかアジア度(主に韓国、中国)が高いのに笑いました。引き続きご贔屓に!!(林)
04-24 23:07

【vol.16】ただいま配送しました! 【とりいそぎ】
04-24 13:29

04/22のツイートまとめ

eigamote

今週水曜配信号ではクローネンバーグの新作『コズモポリス』のカットを数えてみました。先週は『ホーリー・モーターズ』と『愛、アムール』の共通点を指摘したんですが、今週は『コズモポリス』と『ホーリー・モーターズ』のアノ共通点には触れざるを得ませんでした。なんでこんな同時期に……(林)
04-22 13:32

04/18のツイートまとめ

eigamote

昨日、クローネーンバーグ監督の待望の新作『コズモポリス』を観てきました。劇場は女性多めで7割ほど埋まっていましたが、上映後はひさしぶりに体験する奇妙な空気へ。これは……。(入江悠)
04-18 15:58

@ShintakuYuichi 私が鑑賞した回では、劇場を覆う「これって笑っていいの? どうなの?」という腹の探り合いから生まれる緊張感も映画の一部でした!
04-18 13:43

【メルマガvol.15】昨日ツイートした『ホーリー・モーターズ』クロスレビューで起こった“奇跡”とは、なんと執筆者全員☆☆☆の満点評価! というモノでした。各レビュアーのコメントは、ぜひメルマガで! http://t.co/pIu43aPCt1
04-18 12:26

【試し読み】僕らのモテるための映画聖典【vol.15】カラックス最新作『ホーリー・モーターズ』をクロスレビュー!

2012年04月17日発行
\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\

┏━━━━━━━┳━┳━━┳━┳━┳━┳━┳━┓ ┌────┐
┃入江悠presents┃僕らのモテるための映画聖典    【vol.15】
┗━━━━━━━┻━┻━━┻━┻━┻━┻━┻━┛ └────┘

\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\

映画監督・入江悠と仲間たちがすべての映画を愛する人へ贈る
「映画でモテる!」ための映画メルマガです。

〓【 I N D E X 】=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=

★今週の全文掲載!
【 01 】 … 入江悠の身辺雑記「映画でモテると思ってた」

 【 02 】 … 執筆陣がこの一週間で観た映画を採点「みんなの☆映画レビュー」

 【 03 】 … 入江悠のNO.1映画観戦記「キャバ嬢を口説ける、興行成績第一位」(隔週掲載)

 【 04 】 … 放送作家・林賢一のストイック映画評「終わった恋と、映画を数える」

 【 05 】 … 俳優・駒木根隆介の役者論「俳優麺論」 

 【 06 】 … 女優・森下くるみが映画と食を考える「今日も映画で腹が減る」

 【 07 】 … 映画制作リアルタイムログ「映画、夜明け前」

★今週の全文掲載!
 【 08 】 … ラッパー・上鈴木伯周がHIP HOP映画を語る「僕は黒人と結婚したかった」

 【 09 】 … 女優兼ライター・ハルカの映画デート武者修行「あなたと映画が観たいです。」 
 
 【 10 】 … これ観りゃモテる!「デートのための映画データベース」
 
 【 11 】 … メルマガ編集担当の書評コーナー「これは映画になりますか?」

 【 12 】 … 編集部より





続きを読む

04/17のツイートまとめ

eigamote

【メルマガ豆情報】入江悠の「興行収入第一位」連載は、ここまで7回中4回がアニメ作品。内訳は『ワンピース』『ドラえもん』『シュガー・ラッシュ』『ドラゴンボールZ』
04-17 17:38

【先ほどのツイートの件】×『すかーフェイス』〇『スカーフェイス』。すかー。
04-17 17:03

【メルマガvol.15】それ以外にも、新作・試写会・名画座・イベント情報も充実。みんなのレビューもあります。これだけ詰まって月々630円。映画好きなら必読ですたぶん! http://t.co/xFotKO4yYd
04-17 16:42

【メルマガvol.15】そして最近静かに話題の女優兼ライター・ハルカの連載『映画デート武者修行 あなたと映画が観たいです。』は、新デートに突入。サラリーマンの街のガード下の名画座・新橋文化劇場デート! http://t.co/xFotKO4yYd
04-17 16:40

【メルマガvol.15】上鈴木伯周は『すかーフェイス』をヒップ・ホップの文脈から分析(秀逸)。森下くるみはイラン映画の名作『運動靴と赤い金魚』の腹減りポイントを探ります。腹減りポイントってなんだよ! http://t.co/xFotKO4yYd
04-17 16:38

【メルマガvol.15】入江悠は『ドラゴンボールZ 神と神』をじっくり解説。駒木根隆介は大根仁監督の『恋の渦』をいつもどおり麺にたとえて語ります。今週の麺は……!? http://t.co/xFotKO4yYd
04-17 16:37

【メルマガvol.15】お待たせしました、ただいま配送! 今週はレオス・カラックス監督の『ホーリー・モーターズ』クロスレビューがなんといっても読みどころ! http://t.co/xFotKO4yYd
04-17 16:35

メルマガVol.15号配送前に今週の見どころについて、ちょいと映画聖典ブログを更新してみました。メルマガ熟読前の準備運動にどうぞ!(ハルカ) http://t.co/WXfZQ2mBOp
04-17 13:48

【配送遅れて申し訳ありません】『僕らのモテるための映画聖典』メルマガvol.15は本日夕方配送となります。駒木根隆介という男がいるのですが、その者が現在必死に執筆中でございます。締め切りは数日前に過ぎ去っております。麺ばっか食ってる場合じゃないぞ! 以上、お詫びとご報告でした。
04-17 13:23

【速報】本日配送のメルマガvol.15、『ホーリー・モーターズ』クロスレビューで奇跡が起きている模様。
04-17 12:02

まもなくVol.15配送だ!

こんにちは。連載「あなたと映画が観たいです。」で
映画デート修行に励んでおりますハルカです。

本日配送の『僕らのモテるための映画聖典』メルマガVol.15号の目玉企画は、
【特集】『ホーリー・モーターズ』をみんなでクロスレビュー
です!

『ホーリー・モーターズ』は、若干23歳で長編デビューを果たした
フランス映画界の鬼才 レオス・カラックス監督の13年ぶりの長編作品。

作品の難解さ、引用の複雑さ、何よりの斬新さから
ジャン=リュック・ゴダールの再来と評される事が多いそうです。

よく周りの人から、カラックス、カラックスと聞いてはおりましたが、
「好きな人は好きだけど、ダメな人はダメだろうねぇ。」とか、
「女の子にはどうかなぁ。ま、僕は好きだけどね。」などの吹聴により、
なんか、めんどくせっ!と心が離れてしまい、
実は今回の『ホーリー・モーターズ』が人生初のカラックス体験となった私です。

そんなカラックス処女を捨てたばかりの私ですが、
複雑さやら難解さなどはまったく気になりませんでした。
むしろ、ストレート剛速球を脳天と心臓にズドンっと
投げ込まれた感じでした。

これを踏まえてクロスレビューの☆は果たしていくつついたのでしょうか?
そして他の執筆者の皆さんの結果やいかに・・・?


それでは、Vol.15号配送まで今しばらくお待ちください!!


【デート修行の残り香】
Vol.13、14号のデート相手・ヴェルディさんから貰った『THE MASTER』パンフレットと夜桜。
the master

04/16のツイートまとめ

eigamote

@AngelaFuji 勘違いしてました。あざす!
04-16 14:59

【訂正】来週金曜まででした。>新作ではないんですが来週金曜まで飯田橋ギンレイホールでかかっているアラン・ルネ監督の『風にそよぐ草』。これ、僕の2011年ベストなんですが、DVDにもなっていないのでここで逃すと永遠に観られないかも、です。是非!(林)
04-16 14:59

新作ではないんですが今週金曜まで飯田橋ギンレイホールでかかっているアラン・ルネ監督の『風にそよぐ草』。これ、僕の2011年ベストなんですが、DVDにもなっていないのでここで逃すと永遠に観られないかも、です。是非!(林)
04-16 12:57

【予告】今週水曜配信号はレオス・カラックス監督13年ぶりの長編映画『ホーリー・モーターズ』を執筆陣全員でレビュー。かつて僕が大学生だった頃のヒーロー、カラックス監督の最新作の出来や如何に。(入江悠)
04-16 12:29

04/15のツイートまとめ

eigamote

今週水曜配信号は『ホーリー・モーターズ』を執筆陣全員でレビュー。みんな、どう観たのか、楽しみす。僕はカット数を数えて観たんですが、最近公開されたある2つの映画との共通点に驚きました。(1つの作品との関連性しか書けなかったんですが)詳しくは水曜の配信までお待ち下さいー(林)
04-15 19:09

04/12のツイートまとめ

eigamote

アジョシ入りましたっ! @uhgan: アジョシ! RT @eigamote: 絶賛連載中!【女優・森下くるみが映画と食を考える「今日も映画で腹が減る」】。あのアジア映画の『食』を取り上げて欲しい!という皆様のリクエストお待ちしています!リプライください。"
04-12 23:54

【試し読み】僕らのモテるための映画聖典【vol.14】入江悠『みんな!エスパーだよ!』の内幕暴露!

2012年04月10日発行
\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\

┏━━━━━━━┳━┳━━┳━┳━┳━┳━┳━┓ ┌────┐
┃入江悠presents┃僕らのモテるための映画聖典    【vol.14】
┗━━━━━━━┻━┻━━┻━┻━┻━┻━┻━┛ └────┘

\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\

映画監督・入江悠と仲間たちがすべての映画を愛する人へ贈る
「映画でモテる!」ための映画メルマガです。

〓【 I N D E X 】=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=
 
 【 01 】 … 入江悠の身辺雑記「映画でモテると思ってた」

 【 02 】 … 執筆陣がこの一週間で観た映画を採点「みんなの☆映画レビュー」

 【 03 】 … 発掘せよ! 入江悠の「モテるための昭和日本映画」(隔週掲載)

 【 04 】 … 放送作家・林賢一のストイック映画評「終わった恋と、映画を数える」

 【 05 】 … 俳優・駒木根隆介の役者論「俳優麺論」 

 【 06 】 … 女優・森下くるみが映画と食を考える「今日も映画で腹が減る」
 
 【 07 】 … 映画制作リアルタイムログ「映画、夜明け前」
★今週の全文掲載!
 【 08 】 … ラッパー・上鈴木伯周がHIP HOP映画を語る「僕は黒人と結婚したかった」

 【 09 】 … 女優兼ライター・ハルカの映画デート武者修行「あなたと映画が観たいです。」 
 
 【 10 】 … これ観りゃモテる!「デートのための映画データベース」
 
 【 11 】 … メルマガ編集担当の書評コーナー「これは映画になりますか?」

 【 12 】 … 編集部より

続きを読む

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

04/11のツイートまとめ

eigamote

絶賛連載中!【女優・森下くるみが映画と食を考える「今日も映画で腹が減る」】。あのアジア映画の『食』を取り上げて欲しい!という皆様のリクエストお待ちしています!リプライください。
04-11 23:38

【メルマガvol.14 今週の一言】「(『ザ・マスター』について)前回の『ボクたちの交換日記』と高低差ありすぎ」(駒木根隆介)※映画聖典メルマガ、まぐまぐから絶賛配送中です! http://t.co/MsjAXBYTTp
04-11 23:25

今週配信、「映画聖典メルマガ」でテレビの規制問題に言及! RT @hknyemi: 入江悠監督、丸谷ちひろ助監督、脚本の田中眞一さん、鈴木太一監督、染谷くんなどなど、友人知り合いがこれでもかっというほど関わっている「みんな!エスパーだよ!」の放映は明日からテレ東さんで。
04-11 23:20

【メルマガvol.14 今週の一言】「鈴木清順はただひとりしかいなく、その後に鈴木清順はもういない。こんな監督が日本にいたというのは、奇跡としかいいようがありません。」(入江悠)※映画聖典メルマガ、まぐまぐから絶賛配送中です! http://t.co/MsjAXBYTTp
04-11 11:32

04/09のツイートまとめ

eigamote

RT @IKS03: てか原作、若杉公徳で、監督に入江悠も混じってる。神ドラマじゃん
04-09 11:55

次週配信「モテるための昭和日本映画」に日本が世界に誇る鬼才・鈴木清順監督について書きました。もしかしたら日本一語るのが難しいかもしれません、この人!(入江悠)
04-09 01:24

04/07のツイートまとめ

eigamote

RT @acousmat: さすが入江監督。RT @uirie: メルマガの課題で映画館はしご。待望のカラックス新作『HOLLY MOTORS』からの『ドラゴンボールZ』、この激しすぎる落差しんどい〜。
04-07 20:48

RT @uirie: メルマガの原稿書くために、鈴木清順『殺しの烙印』観直したら、また熱でてきた。
04-07 04:14

04/05のツイートまとめ

eigamote

【メルマガには書けない新作じゃないレビュー】『裏窓』★ 本日公開『ヒッチコック』の予習として鑑賞。はっきりいってテンポがダレていると感じてしまった。もうこれは好みなんでしょうか……(林)新作レビューは→http://t.co/joKroS4wJw で!
04-05 19:17

【メルマガには書けない新作じゃないレビュー】『ポンヌフの恋人』★★語り尽くされていると思うんですが、花火のシークエンスは幸福を噛みしめることができますね。新作『ホーリー・モーターズ』どうなんでしょうね…(林)新作レビューは→http://t.co/joKroS4wJw で!
04-05 19:14

【メルマガには書けない新作じゃないレビュー】『仁義なき戦い 完結編』★★過去4作に比べてブラックユーモアが消え去っているのが残念。脚本は笠原和夫じゃないけど奮闘していると思う(林)新作レビューは→http://t.co/joKroS4wJw で!
04-05 19:13

RT @uirie: メルマガで隔週連載している傑作昭和映画の1stステージが終わって、来週からいよいよ2ndステージへ突入。まずは鈴木清順!!!!!
04-05 18:02

@Suguru_Kubo 社会人五年目おめでとうございます! よかったら、ぜひお試しください!
04-05 14:09

RT @Suguru_Kubo: 4月から入社5年目。給料も少しばかり増えるし、有料メルマガに登録してみようかな。水道橋博士の「メルマ旬報」と入江悠監督の「僕らのモテるための映画聖典」
04-05 14:08

RT @shimacchu: 入江悠監督のメルマガがあるって知らなかった。「僕らのモテるための映画聖典」ってタイトル秀逸。早速購読。
04-05 02:16

04/04のツイートまとめ

eigamote

【メルマガvol.13 今週の名言】「神は細部に宿る。いや、神は細部にしかいないのかもしれません」(入江悠)映画聖典メルマガは初月無料。月初のご登録がおトクです。⇒ http://t.co/joKroS4wJw
04-04 18:14

【試し読み】僕らのモテるための映画聖典【vol.13】『ぼっちゃん』水澤紳吾×入江悠トークショー!

2012年04月03日発行
\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\

┏━━━━━━━┳━┳━━┳━┳━┳━┳━┳━┓ ┌────┐
┃入江悠presents┃僕らのモテるための映画聖典    【vol.13】
┗━━━━━━━┻━┻━━┻━┻━┻━┻━┻━┛ └────┘

\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\

映画監督・入江悠と仲間たちがすべての映画を愛する人へ贈る
「映画でモテる!」ための映画メルマガです。

〓【 I N D E X 】=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=

 【 01 】 … 入江悠の身辺雑記「映画でモテると思ってた」

 【 02 】 … 執筆陣がこの一週間で観た映画を採点「みんなの☆映画レビュー」

★今週の全文掲載!
 【 03 】 … 入江悠のNO.1映画観戦記「キャバ嬢を口説ける、興行成績第一位」(隔週掲載)

 【 04 】 … 放送作家・林賢一のストイック映画評「終わった恋と、映画を数える」

 【 05 】 … 俳優・駒木根隆介の役者論「俳優麺論」 

 【 06 】 … 女優・森下くるみが映画と食を考える「今日も映画で腹が減る」

 【 特集 】… 【 特集 】またね、トムさん。映画『ぼっちゃん』公開記念トークショーレポート
 
 【 新連載 】 … 映画制作リアルタイムログ「映画、夜明け前」

 【 08 】 … ラッパー・上鈴木伯周がHIP HOP映画を語る「僕は黒人と結婚したかった」

 【 09 】 … 女優兼ライター・ハルカの映画デート武者修行「あなたと映画が観たいです。」 
 
 【 10 】 … これ観りゃモテる!「デートのための映画データベース」
 
 【 11 】 … メルマガ編集担当の書評コーナー「これは映画になりますか?」

 【 12 】 … 編集部より

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 01 】 入江悠の身辺雑記「映画でモテると思ってた」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

映画監督・入江悠が、映画を巡る東奔西走の日々を綴ります。
可笑しくて、やがて哀しい疾走映画ダイアリー!

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

 こんにちは、入江悠です。
 急に暑くなったり、寒くなったりと、
 年頃の女の子のように、複雑で読めない日が続きますが、
 いかがおすごしでしょうか?

 先週、映画『ぼっちゃん』のトークイベントに出演してきました。
 『SRサイタマノラッパー』でMCトムを演じた水澤紳吾の主演映画です。
 鑑賞後そのまま登壇して、監督である大森立嗣さん、主演の水澤紳吾と話をしました。
 僕はつねづね、自分が一緒に作品を作った仲間にはできるだけ厳しく当たり、
 お世辞なし、遠慮なし、思ったことを述べて、気になるところはマジで訊く、
続きはメルマガで→

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 02 】 執筆陣がこの一週間で観た映画を採点「みんなの☆映画レビュー」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 公開中の映画を中心に、しがらみ抜きの本音でレビュー!
 ☆  …観る価値なし
 ☆☆ …ヒマ潰しに、是非
 ☆☆☆…観ないで死ねるかっ
 の3段階ガチ評価です。

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

 【入江悠】

 『シュガー・ラッシュ』(詳細は連載にて)
 『クラウド・アトラス』☆
 『ぼっちゃん』☆☆
続きはメルマガで→

 入江悠……いりえ・ゆう。1979年埼玉生まれの映画監督。
      4月12日より、監督(2話分)を務めたドラマ「みんな! エスパーだよ!」放映開始。

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

 【林賢一】
 『ボクたちの交換日記』(星ゼロ)
 『暗闇から手をのばせ』☆
 『ボーイ・ミーツ・ガール』☆
 『ザ・マスター』※詳細は連載で
続きはメルマガで→

 林賢一……はやし・けんいち。1979年、五反田生まれ、男子校経由、宇都宮育ち。放送作家/脚本。
      ベーコンのインタビュー集『肉への慈悲』が復刊されましたね。超絶面白いすよ。
      これは本当に読んだ方がいいです。値段がちと高いので、よかったら貸します!

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

 【上鈴木伯周】

 『暗闇から手をのばせ』☆☆
 『ザ・マスター』☆☆☆
 『ぼっちゃん』☆☆
続きはメルマガで→
 
 上鈴木伯周……かみすずき・はくしゅう。1979年、栃木生まれ、男子高卒、のラッパー。
       「ラップの教科書」と「タケダ先輩のミックテープ」が絶賛発売中!

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+
 【山口遥】

 『ザ・マスター』☆☆☆
 『横道世之介』☆☆

続きはメルマガで→

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+
 【情報担当・藤野】

 『シュガーマン 奇跡に愛された男』☆☆☆
 『ザ・マスター』☆☆
続きはメルマガで→

 情報担当……藤野実香子。千葉在住の主婦。映画は雑食。
 今年は年間200本の鑑賞予想で家計を圧迫中。
       
+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

 【編集担当・大川】

 『ドラゴンボールZ 神と神』☆☆
続きはメルマガで→
 
 編集担当……本業は零細漫画誌編集長。ひょんなことからメルマガ編集担当に。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
★今週の全文掲載!
■【 03 】入江悠のNO.1映画観戦記「キャバ嬢を口説ける、興行成績第一位」(隔週掲載)

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 「やっぱりさ、ヒットしている映画にはそれなりの理由があると思うんだよ」(入江悠)
 じゃあ、興行成績NO.1の映画をその足で観に行って、感想をレポートしてくださいよ、カントク!
 そしてはじまったのが、この連載。普段映画を観ないキャバ嬢だって口説けるかも!?

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

┌──────┬───────────────────────────┐
【今週のNO.1】  『シュガー・ラッシュ』
└──────┴───────────────────────────┘

 またまたやってきました。
 興行成績1位といえば、長編アニメ。
 さすがに、もう慣れてきました、毎度のアニメ。
 しかし、今回はディズニーの劇場長編、しかもオリジナル。
 「もしや、とんでもなく面白いのでは!」と一抹の期待を抱かせてくれます。
 とはいえ、日課ならぬ週課と化してきたこのアニメ参拝は、
 それなりに仕事が立て込んでくるとかなりの重荷。
 昼の映画館は家族連れで動物園のようになっていることを予想して、
 あえて一番遅い時間帯で観てきました。
 しかし、それが失敗。
 張作霖爆殺事件にまつわる小説を読みながらひとり待っていると、
 いつの間にか、周囲はキャッキャした熱気の高いカップルによって完全包囲。
 「映画館に来るって発想なかったわー」という男子の声が聴こえてくる環境。
 まるで太陽の黒点のようにひとり温度が違ったのでした。

 さて、そんな中いよいよ始まりましたディズニー映画『シュガー・ラッシュ』。
 ここで、おおざっぱに物語の種類を二つに分類してみましょう。
 アニメには(というか実写にも)「大きな物語」と「小さな物語」があります。
 世界の崩壊や人類の滅亡を救う系の話は「大きな物語」。
 家族や職場などの人間関係の機微を描く系の話は「小さな物語」。
 どちらが良いとか悪いとかではなく、大きくこう括ってみます。
 ジブリの宮崎駿作品でいえば、
 『ナウシカ』『ラピュタ』は「大きな物語」で、
 『トトロ』『魔女の宅急便』は「小さな物語」です。
 今回の『シュガー・ラッシュ』はアーケードゲームの中が舞台。
 「ゲームのキャラクターたちがそれぞれの役割を仕事として担当していたら」
 という設定です。
 つまり「職場モノ」なので、「小さな物語」になります。

 ここで一気に結論に飛びます。
 僕はどちらかというと『ターミネーター』や『ディープインパクト』など、
 世界滅亡系、人類壊滅系の「大きな物語」の方が好みです。
 なので、最初は「ああ、今回は『トイ・ストーリー』っぽい設定なのねー」と
 ぼんやりと観ていました。
 映画のメインとなる舞台美術も、どちらかといえば好みではない、
 色とりどりのお菓子が溢れるアメリカン・ガーリー的なド派手な世界。
 ところが、101分の上映が終わる頃には、もう夢中も夢中。
 圧倒的な没入感と多幸感に満たされ、拍手しかねないほど満足していたいのです。
 もし僕に家族がいたら、子供たちを連れてもう一度観に行くでしょう。
 それほど抜群に面白かったのです。
 なぜ、そんなに面白いのか。
 ひとえに「小さな物語」のディテールの詰め方が半端じゃないから、です。
 「このキャラクター、もっと面白くできるんじゃないか」
 「この美術、もっと斬新なデザインにできるんじゃないか」
 「脚本のここ、もう一度伏線を張っておけるんじゃないか」
 スタッフたちの楽しそうな(時に喧々諤々の)議論の声が聴こえてきそう。
 ストーリーは、反目しあう立場も性別も違う男女が、
 いつのまにか同じ目標のために奮起するという王道物語。
 しかし、この王道ストーリーに「ゲーム世界」「ゲームの登場人物」という設定を
 徹底的に追究して乗せていくと、これほどまでに創造的な世界ができあがる。
 「違うゲームのキャラクターが同じ舞台で戦う」という設定も生きています。
 ビット数の低い2Dゲームのキャラクターの男の子が、
 3D戦闘ゲームの女軍曹に恋をした時の台詞を例として挙げておきましょう。
 「君みたいに、解像度の高くて美しい女性には、会ったことないよ……」
 神は細部に宿る。いや、神は細部にしかいないのかもしれません。
 映画を面白くすることに世界一ハングリーな作り手たちに、
 僕は惜しみない拍手を贈りたいと思います。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 04 】 放送作家・林賢一のストイック映画評「終わった恋と、映画を数える」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

話題の映画はいくつの「カット」で構成されているのか――?
デジタルカウンターを握りしめ、ひたすら映画を「数える」ことを誓った男は、
カウンターの数字を通して映画の真実に辿りつくことができるのか!?

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+
┌─────┬──────────────────────────────┐
 【Vol.13】  『ザ・マスター』を数えてみた
└─────┴──────────────────────────────┘

 『ザ・マスター』を数えたら492カットで、1カット平均16.8秒だった。

 ポール・トーマス・アンダーソン監督『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』に続く5年ぶりの新作。
 この映画を語ることは非常に難しい。
 先週のレビューで入江監督が端的にこう評していた。
 「思わせぶりで何かありそう、しかし、何もないのかもしれない! という映画」
 僕も見終わった直後、かなり近い印象を持った。
 何かとてつもないモノを観てしまったような気もするし、実は何も観ていなかったかもしれない。
 そんな不思議な感覚なのだ。
 だが1つだけはっきりしているのは、1つ1つのカットが素晴らしく躍動していたことである。

<中略>

 「映画に『なぜ』を求めるのはやめよう」

続きはメルマガで→

 (レビュー的には……☆☆☆3つ)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 05 】 俳優・駒木根隆介の役者論「俳優麺論」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

入江悠監督作「SR サイタマノラッパー」で主人公のMCイックを演じ、
現在は舞台・映画・テレビドラマ・CM等で幅広く活躍する俳優・駒木根(こまきね)隆介。
玄人好みの演技上手で知られる彼が、銀幕に映る俳優たちの演技を大好物の「麺」にたとえて論じます!

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+
┌─────┬────────────────────────────┐
【第十三麺論】「『ボクたちの交換日記』ぬる~くてやわらか~いにゅうめん」
└─────┴────────────────────────────┘
 
 こんにちは!

 皆さん先週の続きが気になった一週間をすごされましたか?

 僕も気になっていましたので、今週もう一度『ボクたちの交換日記』を観てきました!
 今観るべき作品は数多あるだろうなかでのリピート。骨身に染みました。

 結果確信しました。

 今作は「にゅうめん」です。

 それもトロットロにやわらか~く煮たにゅうめん。

 離乳食かよ! ってレベルのやわらかさ。味のなさ。ぬるさ。
続きはメルマガで→

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 06 】 女優・森下くるみが映画と食を考える「今日も映画で腹が減る」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

入江悠監督作「劇場版神聖かまってちゃん ~ロックンロールは鳴りやまないっ」
での好演も記憶に新しい女優・森下くるみ。
映画と食が大好物の彼女が、銀幕の中の「旨そうっ」を語ります。

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

┌─────┬────────────────────────────┐
【九皿目】  『ザ・ビーチ』ダニー・ボイル監督
└─────┴────────────────────────────┘

 前回はタイ映画『マッハ!!!!!!!!』を取り上げましたが、
 「今日は映画で腹が減らない」という残念かつお粗末な事態になりました。

 『マッハ!!!!!!!!』は「弐」「参」とシリーズ化されていてこちらも観たんですが、
 アユタヤ王朝が舞台になっておりシナリオはよりシリアスに、民衆の生活はより貧乏になったので、
 「湯気の立つ美味しそうなご飯をぱくぱく、ウメー!」みたいな描写からはさらに遠く離れていました。

 映画自体はよくできているのです。
 ストーリーは大きくなったし、「アポカリプト」を想起する密林アクションなんかもあるし、俳優の面構えも迫力と十分な説得力がある。
 ……けれど、なのです。
 アクションばかりが派手で達者で、「もう一歩」と、そこはかとなく物足りない。

 純タイ産映画ではないですが、もう1本、腹が減らない映画があるので紹介させてください。
 ダニー・ボイル監督作『ザ・ビーチ』です。
続きはメルマガで→

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 特集 】またね、トムさん。映画『ぼっちゃん』公開記念トークショーレポート

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ 

 入江悠監督作『SR サイタマノラッパー』シリーズでMCトム役を演じた水澤紳吾氏が
 主演をつとめ、現在絶賛公開中の話題作『ぼっちゃん』。
 そのトークショーに入江が呼ばれて、さあ大変!
 駄目だしの嵐が吹き荒れた、衝撃の一部始終を映画デート修行僧・ハルカがレポート! 

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

 発泡酒片手に、右のポッケには柿ピー。
 1次会で泥酔し、たまにおしっこを漏らしながら、死んだように眠る人。
 私の知っているトムさんはこんな人だ。

 トムさんとは、『SR サイタマノラッパー』シリーズでSHO-GUNGのオッパブラッパー「MCトム」を演じ、
 入江監督作品に欠かすことのできない俳優の一人である水澤紳吾のことだ。

 そんな水澤紳吾氏が主演を務める映画『ぼっちゃん』が現在、渋谷・ユーロスペースにて上映中である。

 映画『ぼっちゃん』は2008年に発生した秋葉原通り魔事件の犯人をモチーフに、
 『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』、『まほろ駅前多田便利軒』などの大森立嗣監督がメガホンを取った作品で、
 水澤氏はこの事件の加害者となった加藤を描いた「梶」という卑屈な男を演じている。

 3月31日の上映後に行われたトークショーのゲストとして、入江悠監督、
 SRシリーズや映画『モテキ』の音楽担当でお馴染みの岩崎太整氏が登場し、
 『ぼっちゃん』の大森監督と共に主演の水澤氏を囲んでの「放談/LOVELY 水澤紳吾」と題されたトークが展開された。

 「新しく入った(水澤氏の)事務所マネージャーに、水澤を宜しくお願いしますとか言われて、
 こちとら何年の付き合いがあると思ってんだと、腹が立っているんですよ」
 という入江監督の先制パンチでピリリとした空気が走る会場。
続きはメルマガで→

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 新連載 】 映画制作リアルタイムログ「映画、夜明け前」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 監督・入江悠。脚本・カット数え職人林賢一。
 本メルマガスタッフが極秘裏に進めていた新作映画構想。
 本当にカタチになるのか? 分からないけど本気でやってるこの企画を、
 立ち上げからレポートします。映画が生まれる瞬間を、メルマガ読者だけにお届け! 

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+ 

┌─────┬────────────────────────────┐
【第一回】 『脚本合宿その1 ~僕らが箱根に来た理由』
└─────┴────────────────────────────┘

 窓の外には山々を覆い尽くす紅葉。
 
 2012年11月某日、入江悠、林賢一、私・編集担当の3名は、
 とある温泉地の安宿の一室にいた。
 とはいえ目的は紅葉狩りではない。
 「芦ノ湖でスワンボート漕ごうぜ!」とかでもない。
 
 「シナリオ合宿」だ。
 
 きっかけは、時をさかのぼること約1カ月のある日の飲み会である。
続きはメルマガで→

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 08 】ラッパー・上鈴木伯周がヒップ・ホップ映画を語る「僕は黒人と結婚したかった」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

「SRサイタマノラッパー」シリーズの3作のラップをほぼすべて監修し、
DJ TKD役として出演もしているラッパー・上鈴木伯周。
実は日本大学芸術学部映画学科卒業の彼が、古今東西のヒップ・ホップ映画を観尽くす!
そこから見えてくるものとは……!? 

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+
┌─────┬───────────────────────────┐
 【Vol.13】  『凶気の桜』2002年公開
└─────┴───────────────────────────┘

 どうもこんにちわ。ラッパー・上鈴木伯周、33歳です。

 Vol.10の『ジャンゴ』評で、「ヒップ・ホップを映画で扱う必然性」に関して言及しました。
 『ジャンゴ』の場合は、黒人奴隷の歴史×最新黒人音楽ヒップ・ホップという組み合わせの妙と、
 西部劇の世界観に合わせた音への細かな気配り(黒人霊歌/口笛/サウス系のサウンド、など)によって、
 これでもか! というくらい「必然性」を満たしていました。

 では、おそらく日本映画史上もっともジャパニーズ・ヒップ・ホップの楽曲が使われたであろう、
 窪塚洋介主演の映画『凶気の桜』はどうなっているでしょうか?

 映画の内容はというと……

続きはメルマガで→

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 09 】女優兼ライター・ハルカの映画デート武者修行「あなたと映画が観たいです。」 

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 小動物系女優兼ライター・山口遥(ハルカ)が男性との映画デートに挑戦し、
 女性目線で映画デート中の男性の振る舞いをチェック!
 映画デートの必勝法が、これを読めば見えてくる!?

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+
┌──────┬───────────────────────────┐
 【第七夜】  『THE MASTER(ザ・マスター)』を観にいく。(前編)
└──────┴───────────────────────────┘ 

 7時間。
 午後8時から始まった今回の映画デート修行は、
 7時間に及ぶ長期戦となった。
 そしてこの7時間の間に、奇跡的瞬間を体験することになる。
 そう。二人の男女が、身体的接触をすること無く、一体化したのだ。

 私は空気の抜けた自転車で待ち合わせの新宿・バルト9へと向かった。
 同じく自転車で来たという世田谷区在住・自営業の30代男性
 「ヴェルディさん」が今宵の修行相手である。

 オンラインチケット購入を済ませてある様子のヴェルディさんは
 「今日は呑みながら『ザ・マスター』を観よう。」と、
 鑑賞前に映画館近くの居酒屋「どんじゃか」へと私を誘った。

 上映まで約1時間ということで、急ぎ足で乾杯。
 もちろん片手には生ビール。
 するとヴェルディさんは、肝臓を労わるヘパリーゼと、
 「観る前にご一読ください。」と書かれた一枚の紙を差し出してきたのです。
続きはメルマガで→

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 10 】「デートのための映画データベース」(告知コーナー)

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 気になるあの子を誘って、映画館へ。自分も満足、彼女も満足の映画を探そう!

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

┌─────────────────────────┐
│【 後の祭りにもうしない、今週おわる映画 】
└─────────────────────────┘
 
 今週金曜日(5日)に終わる映画の中から、絶対に見逃せない作品をPICK UP! 
 チャンスはあと3日。急げ!
続きはメルマガで→

┌─────────────────────────┐
│【 誰より先に観ておきたい、今週はじまる映画 】
└─────────────────────────┘

 今週から公開がはじまる映画の中から、とくに期待大の映画をPICK UP! 
 これを観とけば映画の今が見えてくる!
続きはメルマガで→

┌─────────────────────────┐
│【 今週の名画座PICK UP! 】
└─────────────────────────┘
 古今東西の名画をスクリーンで観られるのが日本独自のシステム「名画座」の魅力。
 そんな名画座でいま観られる注目作を紹介!
続きはメルマガで→

┌─────────────────────────┐
│【試写会・イベントPICK UP!】
└─────────────────────────┘
 
 映画館で観るだけが映画じゃない!
 いつもと違う環境で楽しめる試写会や上映会情報。
 自力で当てて、あの子を誘おう!
続きはメルマガで→

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 11 】 メルマガ編集担当の書評コーナー「これは映画になりますか?」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 編集担当・大川が、注目の書籍を毎週一冊ピックアップ!

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+
┌──────┬───────────────────────────┐
【今週の一冊】  『統計学が最強の学問である』西内啓(ダイヤモンド社)
└──────┴───────────────────────────┘ 

 なるべくいま話題になっている本を取り上げよう!
 ということで、普段足を運ばないビジネス書コーナーに向かい、
 スマッシュヒットとなっている『統計学が最強の学問である』を購入し、読んだ。

 292ページにわたり繰り返し語られる内容は、8字にまとめられる。
 「統計学と、俺スゲー」
 である。

<中略>

 ではなぜ、私はこの本を選んでしまったのか?
 そこには、『統計学は最強の学問である』というタイトルに秘密がある。
 というわけで、唐突だが今週は「書籍のタイトル」について。
続きはメルマガで→

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 12 】 編集部より

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┌─────────────────────────────────┐
 今週のモテ☆キーワード
└─────────────────────────────────┘

 「ポール・トーマス・アンダーソン」(終わった恋と、映画を数える)

 『パンチドランク・ラブ』でカンヌ、
 『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』はベルリン、
 『ザ・マスター』でヴェネツィア。
 世界三大映画祭で監督賞を受賞している、すごい人。1970年生まれ。
 「ポール・トーマス・アンダーソンって、世界三大映画祭、
  すべてで監督賞を受賞してるんだぜ!」とかいうと、モテる(か、うざがられるか)。

┌─────────────────────────────────┐
 編集後記
└─────────────────────────────────┘

 今週から、入江悠の新作映画の制作過程をレポートする新連載がスタートしました。
 まだ世に出せるのか、出せないのか、まったく分からない一本の映画。
 それでも、映画を作る! という意思の元、気が付けば半年弱、打ち合わせを重ねてきました。

 その過程を、メルマガ読者のみなさんにもご紹介しようというのが趣旨。
 映画も連載もどう転ぶかわかりませんが、ぜひ見守ってください!

┌─────────────────────────────────┐
 Follow us! み ん な の t w i t t e r
└─────────────────────────────────┘

メルマガ公式:@eigamote

入江悠:@uirie

上鈴木伯周:@hakushu

森下くるみ:@mori_kuru

駒木根隆介:@mcikku

ハルカ(山口遥):@pucchin_haruka

林賢一:@rinrin_

情報担当・藤野:@AngelaFuji

編集担当・大川:@takashiookawa

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 それではみなさん、また来週!

 感想・ご意見等々は、eigamote@gmail.com までお送りください。

 感想ツイートもお待ちしてます。@eigamote まで!

 ブログもチェックしてくださいねー!
 ↓
 http://bmes.blog.fc2.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

04/03のツイートまとめ

eigamote

【メルマガvol.13】今週は、入江悠が登壇した話題作『ぼっちゃん』のトークショーもレポート。MCトム改め梶くんこと主演・水澤紳吾に浴びせられた、愛溢れるがゆえの臓腑を抉るダメ出しとは? http://t.co/o13VM5Sh1U
04-03 15:21

【メルマガvol.13】林賢一は話題作『ザ・マスター』のカット数をカウント。1カット平均秒数が「ある数字」を超えた場合、その映画は長回しを多用する傾向にある、という新発見が生まれてます。 http://t.co/o13VM5Sh1U
04-03 15:15

【メルマガvol.13】今週の入江悠NO.1映画観戦記は『シュガー・ラッシュ』! 「映画館来るって発想なかったわー」というカップル(男)の声が聞こえる過酷なアウェー環境で入江が見た希望の光とは? http://t.co/o13VM5Sh1U
04-03 15:13

【メルマガvol.13】ただいま、編集作業が佳境を迎えております! もう少々、お待ちください。今週は『ぼっちゃん』トークショーレポート、入江悠の映画制作をリアルタイムで追う新連載もはじまりますよー!
04-03 11:53

04/02のツイートまとめ

eigamote

【メルマガには書けない新作じゃないレビュー】『ポーラX』★★かつてレオス・カラックスは、ハーモニー・コリンと同じく僕らの世代のヒーロー監督で、映画の未来を託せるアンファン・テリブルだった。なんでもいいからもっと映画を作ってくれ。(入江悠)
04-02 11:44

【メルマガには書けない新作じゃないレビュー】『仁義なき戦い 代理戦争』★★★シリーズ全体を鑑賞し直した結果、この第3作が最も痺れた。電話外交がメインで派手な見せ場はないが、悲喜劇アンサンブルが凄まじい新作レビューは→http://t.co/o9rHm2joMG …で(林)
04-02 01:16

【メルマガには書けない新作じゃないレビュー】 『愛の亡霊』★★(@ シネマヴェーラ)大島渚のカンヌ監督賞受賞作。吉行和子の迫力にただただ圧倒される獣のようなフィルム。大島監督は密室空間を描くのが上手!!新作レビューは→http://t.co/o9rHm2joMG …で(林)
04-02 01:11

【メルマガには書けない新作じゃないレビュー】『かぞくのくに』★★去年のキネ旬1位作品を遅まきながら新文芸坐で鑑賞。オーソドックスな構成ながらもラストカットは素晴らしい!安藤サクラいい仕事すんなー。新作レビュは→http://t.co/o9rHm2joMG…で(林)
04-02 01:07

03/31のツイートまとめ

eigamote

来週水曜配信号を編集長に送信しました。『ザ・マスター』のカットを数えて真摯に考えてみるの回でございます。あと、これは掟破りかもしれないんですが、レビューコーナーで前代未聞のことをしてみました。編集長OKが出ればそのまま載るはずです。果たして?(林 @rinrin_ )
03-31 23:01

メルマガ登録はコチラ!

映画モテ太





Podcast「シアター野郎 劇場一番星」
「シアター野郎 劇場一番星」は映画館と映画を同時に語って応援するPodcastです。チェックしときな!!
RSS podcasting
iTunessに登録
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Podcast Ranking