発表! 今週のメルマガMVP ☆今週はホラー特集!

 
 みなさまこんばんは。

 「入江悠presents僕らのモテるための映画聖典メルマガ」編集長でございます。

 その週に配送した僕モテメルマガに掲載された連載コラムの中から、
 もっとも面白かった「メルマガMVP」を選出するというこのブログ連載。
 今週は、その月に5回水曜日がある場合限定のワンテーマ特集号。
 今回は、夏のホラー特集でありました。

 古今東西のホラー映画を執筆陣が縦横無尽に語った今号のMVPは……!
 発表します!
 ………
 ……
 …の前に。
 
 今週号はホラー特集でした。
 そのため、今回は作品のみならず、ホラーというジャンル自体に言及した連載が並びました。 
 たとえば観た映画のカットを数えるカット職人・林賢一は、ホラー映画における最適カット数を考察し、
 映画監督入江悠は、ホラー映画にこそ演出の基本が詰まっているという観点から語り起こし、
 最終的にはなぜか人生は無念の連続であるという悟りを開いた禅僧みたいな結論に至っ
ていたりします。
 どちらも面白い。
 しかし!
 今週もっとも肚にストンと落ちた連載はこれでした!

 森下くるみ連載『今日も映画で腹が減る』ッッ!!
 
 森下は「ある映画」を題材に、ホラー映画の“必須要素”を語ります。
 いわく、
 「あらすじはシンプルに」
 いわく、
 「キャラクター造形はキャッチーに」
 いわく、
 >「名前も覚えやすいといいですね。」
 いわく、
 「最初はやはり『ほのぼのとした平和な日常』から始まりたいですね。」

 これらのシンプルすぎるキーワードが、「ある映画」を題材に語られると、
 なるほど! と異様な説得力を持ってくるから不思議です。
  
 ともかく、
 「夏といえば、死者の魂。
 呪いに怨念、ばっちこい!」(本文より)

 ちょっとなに言ってんだアンタ、というテンションで突っ走る森下くるみ連載は、
 もはや読み逃したら呪われるレベル!?

 というわけで! 
 興味を持った方は、登録初月は無料で読めますので、ぜひお気軽にご登録を!
 ↓
 「入江悠presents僕らのモテるための映画聖典」

週刊フライング映画時評「リアルウォッチメン」Podcast vol.45『渇き。』



Podcast vol.45は
『パコと魔法の絵本』や『告白』で知られる中島哲也監督の
『渇き。』です!

映画のキャッチコピー通り、賛否両論!
熱く語っております。

是非お聞き下さいませ~

■今回の参加者
・入江悠(映画監督)
・駒木根隆介(名優)
・上鈴木伯周(ラッパー)
・山口ハルカ(女優)
・佐藤圭一朗(制作プロデューサー)
・大川編集長(サラリーマン)


■今回のキーワード
女優・山口ハルカに新展開!/中島哲也/『渇き。』/賛否両論/汁なし担々麺/ビーフと炎上/『思い出のマーニー』/トム・クルーズ/コマーシャリズム/ケンドリック・ラマー/ヤバさの期限/実話ナックルズ/R指定/vs韓国映画/小樽・老人・デート/『罪の手触り』/カット数と難易度/カットと心拍数/

「明日、宇多丸さんはきっとこの話をする!」

なんと、図々しくも
本家「ムービーウォッチメン」内で宇多丸さんが言及する内容を大胆にも予測するコーナー

今回の予測は・・・

【入江の予測】カット数が多いんだからカット職人を呼びたい!
【駒木根の予測】一貫した信念がないのにサンプリングするのやめようよ!
【上鈴木の予測】ビーフ仕掛けられてんだから、乗るならアンサーしないとダメでしょ!?
【ハルカの予測】俺もこの夏からスーツとスニーカーでライブ出ようかな!?
【佐藤の予測】オープニングのちぐはぐ感、10000歩譲ってアリにしよう!

果たして結果は?
是非、毎週土曜日夜22時から始まるタマフルを聴いて確かめよう!

■『渇き。』
http://kawaki.gaga.ne.jp/

■僕モテpodcast vol.45『渇き。』





スマホ用ダウンロード(mp3)


■RSS、iTunes対応しましたよ!
・気軽に更新情報が確認できますよ。
RSS podcasting iTunessに登録

TBS RADIO ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル


このポッドキャストの感想もお待ちしていますよ。



メルマガ登録はお気軽に!

↑初月だけ読んで辞めれば0円!!↑


ラッパー・上鈴木兄弟が率いるヒップ・ホップバンド
「P.O.P(ピーオーピー)」の1stアルバムが発売!


6月18日(水)発売
1stアルバム「たのしいことばかりありますように」

タワレコで予約
amazonで予約

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

発表! 今週のメルマガMVP


 みなさまこんばんは。
 僕モテメルマガ編集長でございます。

 その週に配送したメルマガに掲載された連載コラムの中から、
 もっとも面白かった「メルマガMVP」を選出するという本企画。
 今週も発表いたします。

 本日配送、メルマガvol80のMVPは……!
 ………
 ……
 …
 待った今週難しい!

 撮影で訪れた北海道で出会った行きずりの老人男女と映画を観に行ったハルカ連載もいい!
 興行収入1位の『ポケモン・ザ・ムービー』を「貴種流離譚」というワードで評した入江連載も捨てがたい!
 トム・クルーズとジェイ・Zを比較した上鈴木伯周連載も良かった!


 しかし!

 今週はやっぱりこれだ!
 
 「名優」こと駒木根隆介の連載『俳優麺論』!!
 今週のテーマは、トム・クルーズ主演作『オール・ユー・ニード・イズ・キル』

 俳優の演技を麺にたとえて語るというこの連載。
 twitterなどをチェックしていると、
 「そもそも麺にたとえる意味が分からない」
 「かえって分かりにくい」
 みたいなご意見をごくまれにですが、頂戴します。
 括目せよ!
 今号は、見事に麺にたとえられている! ヒザ打った! 
 なんか、麺に例えるのが目的みたいになってるけれども!

 ともあれ、「ループもの」である『オール・ユー・ニード・イズ・キル』のなかで、
 時間を繰り返すたびに少しずつ変化していくトム・クルーズの演技を、
 上手く麺にたとえ、同時に、うまく解説してくれていたと思います。

 名優・駒木根はトムを一体なんの麺にたとえたのか。
 ぜひ、メルマガでご確認ください!

 
 というわけで! 
 興味を持った方は、登録初月は無料で読めますので、ぜひお気軽にご登録を!
 ↓
 「入江悠presents僕らのモテるための映画聖典」

『her/世界でひとつの彼女』回、Podcast補足(カット職人・林)


こんにちは、カット職人の林賢一です。
普段は脚本やら構成やらをして糊口を凌いでおりますが、
隠れ本職は「カットを数える」a.k.a林でございます。


当メルマガでは「終わった恋と、映画を数える」という連載で
新作映画のカット数を毎週数えて、レポートしておりまして、
先々週は『her/世界でひとつの彼女』のカットを数えました。


その後、先週金曜に配信された僕モテPodcastのお題が
『her/世界でひとつの彼女』になり、
「これは語らなくては!」と思ったのですが、欠席となってしまいました。

■僕モテpodcast vol.44『her/世界でひとつの彼女』





スマホ用ダウンロード(mp3)



せっかくカットを数えたので、
本当に簡単な文章なんですが、
メルマガとはちょっと別の切り口をPodcast用に用意しました。


そのMEMOを「Podcastで代理で読んで下さい!」と僕モテクルーにお願いしました。
つまりは、陰ながらPodcastを盛り上げようと思ってはいたのですが……

あいつら読むのを忘れやがった。


まぁ、Podcastが盛り上がっていたみたいだから、いいんですけどね。
もったいないので、その
『her/世界でひとつの彼女』のカット数、データ分析を
ここに備忘録として残しておきまっす。


=======(以下、読み上げ)===============

『her/世界でひとつの彼女』の総カット数は836カットでした。
上映時間は126分なので、1カット平均は約9.0秒です。

この「836カット」という数字。
2014年に数えた映画の中で現在12位です。
暫定1位の作品はシュワちゃん&スタローン主演の『大脱出』で、1588カット。
『her』はその約半分のカット数になります。
ということは……
<『her』のカットは『大脱出』の半分>と記憶するのが僕モテ的にマストでしょう。

ちなみに、「836カット」に数字が近い映画は
『白ゆき姫殺人事件』810カットがあります。

=======(以上)=========================

てな感じです。


さて。
今週水曜(7/23)配送のメルマガでは、
『複製された男』のカット数を数えて、ご報告します!


『プリズナーズ』のドゥニ・ビルヌーブ監督のメガホンで、
ポルトガル唯一のノーベル賞作家ジョゼ・サラマーゴの小説を映画化。
主演はジェイク・ギレンホール。


この作品、ちょっと地味で公開館も少ないのですが、
とても良い作品だったので、みなさんお見知りおきを。
(詳しくは、メルマガに書きます)

それでは、あさってのメルマガでお会いしましょうー

週刊フライング映画時評「リアルウォッチメン」Podcast vol.44『her/世界でひとつの彼女』



Podcast vol.44は
『her/世界でひとつの彼女』です!

スパイク・ジョーンズ監督、
ホアキン・フェニックス主演の恋愛映画を、
無謀にも男4人だけで語りました。

是非お聞き下さいませ~

■今回の参加者
入江悠(映画監督)
駒木根隆介(名優)
・上鈴木伯周(ラッパー)

・大川編集長(サラリーマン)

■今回のキーワード
日々ロック/松竹大船撮影所/幕末太陽傳/フランキー堺/her/世界でひとつの彼女/スパイク・ジョーンズ/ホアキン・フェニックス/スカーレット・ヨハンソン/お洒落濃厚系鶏白湯ラーメン/tofubeats/ビースティ・ボーイズ/日本語吹き替え/ディレクターズ・ビューロウ/キム・ギドク/グリーンバック/

「明日、宇多丸さんはきっとこの話をする!」

なんと、図々しくも
本家「ムービーウォッチメン」内で宇多丸さんが言及する内容を大胆にも予測するコーナー

今回の予測は・・・

【入江の予測】ホアキン・フェニックスのアップが多かったから駒木根呼びたい、まばたきの話。
【駒木根の予測】21世紀以降のSFの新しいカタチ
【上鈴木の予測】スパイクージョーンズだったらファーサイドの「ドロップ」のPVが最高だね!

果たして結果は?
是非、毎週土曜日夜22時から始まるタマフルを聴いて確かめよう!

■『her/世界でひとつの彼女』
http://her.asmik-ace.co.jp/

■僕モテpodcast vol.44『her/世界でひとつの彼女』





スマホ用ダウンロード(mp3)


リスナー様のご要望に応えて、
スパイクージョーンズと馴染みの深い
ビースティ・ボーイズの曲から
『her/世界でひとつの彼女』に合いそうな曲をピックアップしました。

アルバムは「Ill communication」から!
(やばい!危ない!コミュニケーション!『her』にピッタリ!)

Beastie Boys - Flute Loop


Beastie Boys - Transitions


■RSS、iTunes対応しましたよ!
・気軽に更新情報が確認できますよ。
RSS podcasting iTunessに登録

TBS RADIO ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル


このポッドキャストの感想もお待ちしていますよ。



メルマガ登録はお気軽に!

↑初月だけ読んで辞めれば0円!!↑


ラッパー・上鈴木兄弟が率いるヒップ・ホップバンド
「P.O.P(ピーオーピー)」の1stアルバムが発売!


6月18日(水)発売
1stアルバム「たのしいことばかりありますように」

タワレコで予約
amazonで予約

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

発表! 今週のメルマガMVP ~vol.79


 みなさまこんばんは。
 僕モテメルマガ編集長でございます。

 その週に配送したメルマガに掲載された連載コラムの中から、
 もっとも面白かった「メルマガMVP」を選出するという本企画。
 今週も発表いたします。

 本日配送、メルマガvol79のMVPは……!
 ………
 ……
 …
 カット職人・林賢一の
 「終わった恋と、映画を数える」
 です!

 毎週毎週話題の映画のカット数をデジタルカウンターで数える、というこの連載。
 今週カットを数えているのは、ウディ・アレン出演でも話題の、
 『ジゴロ・イン・ニューヨーク』
 今週は、『ジゴロ~』を肴に、ひたすらカットを数え続ける男だからこそ言える、
 映画における「カットの法則」が語られます。

 2000カットを超える映画とはどのような映画なのか?
 500カットを下回る映画とはどのような映画なのか?
 そして、もっとも凡庸な作品が生まれてしまいやすい「危ないカット数」とは――?

 みなさんは分かりますか? 「危ないカット数」。
 分からないですよね、普通。
 カットを数え続ける男しか、分からない。
 で、カットを2年近く数え続けてる男なんて多分世界にふたりといないので、
 林賢一だけが知っている、ということになるわけです。

 「危ないカット数」とは果たしてどのような数字なのか。
 ぜひ、メルマガでご確認ください!

 
 というわけで!
 今週のメルマガMVPは林賢一連載『終わった恋と、映画を数える』に贈ります!
 今週からは新連載もスタート!
 8月に開催するリアルイベントの第一報も載ってます。 
 興味を持った方は、登録初月は無料で読めますので、ぜひお気軽にご登録を!
 ↓
 「入江悠presents僕らのモテるための映画聖典」

2014年上半期 カット数ランキング TOP3の発表(カット職人・林)


こんにちは、カット職人の林賢一です。
普段は脚本やら構成やらをして糊口を凌いでおりますが、
隠れ本職は「カットを数える」a.k.a林でございます。


当メルマガでは「終わった恋と、映画を数える」という連載で
新作映画のカット数を毎週シコシコ数えて、皆さまにご報告しています。
まぁ、地味な作業ですが、一部のマニアには喜んでもらえているみたいです。


7月にもなりますと、2014年上半期ベストは!
なんて話題も古くなってしまっているんでしょうか。
別にそんな区分けなんで便宜上のものなんですから、
まぁ、便利に使えばいいんじゃね?
くらいの慎みは持っているつもりです。


そんな上半期作品、僕モテPodcastでも暫定的に語ったりしましたが、
カット数的にはどうなのか?
上半期で最もカット数が多かったのはどの映画だったのか?


というわけで……
今回は、2014年上半期の
「カット数ランキングTOP3」を発表したいと思います!


実は、年度末にその年に数えた映画のカット数ランキングを発表しているんですが、
今回は特別にブログで蔵出しです、よ。
いよっ、太っ腹。


それでは、第3位からいきましょう!
ジャラジャラジャラジャラジャラ……
ドーン!

エージェント


『エージェント:ライアン』……1358カット

クリス・パインがジャック・ライアンを演じたスパイものですね。
この1358カットは、スパイものとしては理想的なカット数でありました。
という原稿を書いたことを思い出します。

(同じスパイモノと言えば、入江悠監督、亀梨和也君主演で、
 来年に公開される『ジョーカー・ゲーム』も何カットになっているのか気になるところですね。
 もうピクチャー・ロックはされたのかしら……)


さて。
続いて、2014年上半期の「カット数ランキング第2位」は……
グルグルグルグルグルグルグル……
ドーン!


れご



『LEGO(R)ムービー』……1431カット

あの「レゴ」を映画化した企画ですね。
可愛らしくPOPなカッティングが鮮明に思い出されます。


さあ、そして2014年上半期の「カット数ランキング第1位」は……

ジャラジャラジャラジャラジャラ……

はい、ドーン!


大脱出


『大脱出』……1588カット


シュワちゃん&スタローンのダブル主演のアクションスリラーが堂々の第1位に。
やはり、アクションものはカット数が多くなりますね。
主役2人の皺がしっかりとカットに刻み込まれていたのが印象的です。


というわけで、2014年の上半期カット数TOP3を
ご紹介しましたが、残念ながら「カットの向こう側」と呼ばれる
2000カットを超える作品は上半期にはありませんでした。


カット職人的には圧倒的なカットの渦に巻き込まれたいと
心の奥底では思っています。2500カット、いや3000カット、
いや4000カットというまだ見ぬ大地も踏んでみたい!
なんなら5000カットまで行って、数える親指を破壊してほしい!



ちなみに、2014年上半期で最もカット数が少なかった作品は……


131001Gravity.jpg



『ゼロ・グラビティ』で、181カットでした。
これは、超絶少ない部類です。
冒頭のブンブン長回しは痺れましたね。



最後に明日配送号の告知です。
明日7/16(水)配送号では、
ジョン・タトゥーロ初監督(!!)、
ウディ・アレン共演の『ジゴロ・イン・ニューヨーク』のカット数を数えてきました。
興味深い数字が叩き出されたので、そちらもお楽しみに。

それでは、明日メルマガでお会いしましょう!
それまでごきげんよう。


週刊フライング映画時評「リアルウォッチメン」Podcast vol.43『オール・ユー・ニード・イズ・キル』



Podcast vol.43は
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』です!

今回は、
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の特ダネ情報が!!!


是非お聞き下さいませ~

■今回の参加者
・入江悠(映画監督)
・駒木根隆介(名優)
・上鈴木伯周(ラッパー)
・林賢一(カット職人/脚本家)
・大川(編集長)
・[ゲスト]佐藤圭一郎(制作プロデューサー)

■今回のキーワード
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』/佐藤圭一郎/『渇き。』/トム・クルーズ/映画.com/ダグ・リーマン/ライトノベル/二枚がけ/小畑健/『ザ・エージェント』/XpanD 3D/『恋はデジャブ』/『ミッション:8ミニッツ』/映画をメスにしない!/戸田奈津子/

「明日、宇多丸さんはきっとこの話をする!」

なんと、図々しくも
本家「ムービーウォッチメン」内で宇多丸さんが言及する内容を大胆にも予測するコーナー

今回の予測は・・・

【入江の予測】こんなおもしろいループだった、500回ループしてくれ。
【林の予測】敵の設定、分かりにくくてもおもしろいのは凄い!
【上鈴木の予測】これ「死ぬことと見つけたり」(隆慶一郎)でしょ!
【大川の予測】『オール・ユー・ニード・イズ・トム』

果たして結果は?
是非、毎週土曜日夜22時から始まるタマフルを聴いて確かめよう!

■『オール・ユー・ニード・イズ・キル』
http://wwws.warnerbros.co.jp/edgeoftomorrow/

■僕モテpodcast vol.43『オール・ユー・ニード・イズ・キル』





スマホ用ダウンロード(mp3)

■【試し聴き】『オール・ユー・ニード・イズ・キル』延長戦 『俺たちのベスト』トム・クルーズ映画!
メルマガ読者にだけ限定公開しているPodcastでは語ることができないぶっちゃけ&本音トークを少しだけ公開!興味がある方はぜひメルマガへのご登録を!





スマホ用ダウンロード(mp3)

■RSS、iTunes対応しましたよ!
・気軽に更新情報が確認できますよ。
RSS podcasting iTunessに登録

TBS RADIO ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル


このポッドキャストの感想もお待ちしていますよ。



メルマガ登録はお気軽に!

↑初月だけ読んで辞めれば0円!!↑


ラッパー・上鈴木兄弟が率いるヒップ・ホップバンド
「P.O.P(ピーオーピー)」の1stアルバムが発売!


6月18日(水)発売
1stアルバム「たのしいことばかりありますように」

タワレコで予約
amazonで予約

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

入江悠のNO.1映画観戦記「キャバ嬢を口説ける、興行成績第一位」……今週は『マレフィセント』!

こんにちは、入江悠です。
さて、メルマガ隔週で連載している入江悠のNO.1映画観戦記「キャバ嬢を口説ける、興行成績第一位」。
今週は、こちらの映画でした。

23104.jpg

アンジェリーナ・ジョリーさん、美しい!
背筋がピンッとしてる!こんな人に怒られたい!叱られたい!
ディズニー映画『マレフィセント』。

もうメルマガをお読みいただいた方はご存知だと思いますが、
ついに『アナと雪の女王』の爆発的大ヒットの牙城が崩れましたね。
さて、まだまだ快進撃を続けそうなニューフェイス『マレフィセント』、どこまで1位をキープするのか!?

映画の内容については今週のメルマガをぜひお読みいただくとして、
今回のブログでは宣伝の力について補記。

『マレフィセント』の予告編が『アナと雪の女王』の上映前に必ず流れていたという事実、
意外と無視できません。
映画がヒットするためには、どれだけ多くの人に映画の存在を認知してもらえるか、
どれだけ「観たい!」と思ってもらえるか、にかかっています。
そういう意味で、
同じディズニー映画としてたくさんの人の目に触れた『マレフィセント』の予告編は、
劇場に足を運んでもらうための力強い1歩になったはずです。
これから夏休みだし、ターゲットの客層は『アナと雪の女王』と近いですしね。

Angelina-Jolie-Maleficent-Movie+(1).jpg

メルマガ連載的には、どんどん新しい面白い映画が1位になって欲しいものです。
次週の僕の連載は、キャラクター論の「入江悠の、映画のなかのアイツになりたい!」なので、
次回の興行収入1位映画をお届けするのは、再来週。
ぜひお楽しみに〜。

興味を持たれた方は、登録初月は無料で読めますので、ぜひお気軽にご登録を! 
 ↓
 「入江悠presents僕らのモテるための映画聖典」

追記:
あ、そういえば、
僕の新作映画『日々ロック』のフライヤーも出来上がったので、こちらもついでに。
11月22日に劇場公開に決まりました。
同日に『アナと雪の女王』みたいなモンスター級の大ヒット映画が公開されませんように!
お願いします!

野村周平くん イエーイ!
BrxcxX9CcAAxvVN.jpg

二階堂ふみさん イエーイ、イエーイ!
BrxcxT6CAAA9H__.jpg

発表! 今週のメルマガMVP ~vol.78


 みなさまこんばんは。
 僕モテメルマガ編集長でございます。

 突然ですが、本日より定期的に、その週に配送したメルマガに掲載された連載コラムの中から、
 もっとも面白かった「メルマガMVP」を選出し、ブログ上で発表していこうと思います。
 さっそくいってみましょう!

 今週配送、メルマガvol78のMVPは……!
 ………
 ……
 …
 ・
 ラッパー・上鈴木伯周連載
 「すべての映画はヒップ・ホップである」
 です!

 毎週毎週、話題の映画をヒップ・ホップにたとえつつ語る、というこの連載。
 今週は、『渇き。』を取り上げています。文字色
 若者を中心に口コミで話題となっている『渇き。』。
 その、口コミを喚起する宣伝手法を、
 ネットにおける「炎上マーケティング」「バイラル・マーケティング」的だと上鈴木伯周は指摘します。

 「残酷」「グロい」「ヤバい」「賛否両論」
 そういったワードを積極的に使って宣伝をすることにより、
 絶賛、批判、要するに賛否双方のコメントを引き出し、それにより口コミを拡げる。
 それはネットの炎上マーケティング的手法であり、
 「とにかくPV(ページビュー)を稼げればなんでもいい」
 というネット的な発想に、映画自体がなってしまってはいないかと、上鈴木伯周は批判します。
 しかし同時に、彼はこうも言います。

 (以下引用)
 はー。サブカル糞野郎層の僕は、
 案の定こんな長文をここに書いてしまっていますね。
 なんだか素通りできない……飲み屋でも多分じっくり話しちゃう……

 (引用以上)
 
 そう。
 『渇き。』を「炎上マーケティング的だ」と批判する行為は、
 まさしく「炎上マーケティング」や「バイラル(口コミ)」に加担する行為にほかならないのです。
 んなこと分かっているのに語らずにいられないのが、サブカル糞野郎のサガ。

 『渇き。』という映画に、上鈴木伯周は少なからず「なにか」を感じてしまっている。
 その時点で、勝ち負けでいえば、『渇き。』の勝利。
 ならば彼の原稿はただの負け犬の遠吠え、赤ちょうちんでレモンサワー片手の愚痴なのかといえば、
 そうではないと私は思います。

 「批判したら負け」という構造を理解しながらも、それでも口に出さずにおれない。
 その潔い態度は、もしかしたらモテないかもしれません。
 しかし、だからこそ、今週の僕モテメルマガMVPにふさわしいと思うのです。
 僕モテメルマガ編集部は、時にモテないと分かっていても己の信念を貫き通す、
 そんな態度をも時には評価していきたいと思っております次第です。

 というわけで!
 今週のメルマガMVPは上鈴木伯周連載『すべての映画はヒップ・ホップである』に贈ります!
 興味を持った方は、登録初月は無料で読めますので、ぜひお気軽にご登録を!
 
 ↓

 「入江悠presents僕らのモテるための映画聖典」

6月に読んだ本のページ数を数えてみた(カット職人・林)

●こんにちは、カット職人の林賢一です。
普段は脚本やら構成やらをしておりますが、
隠れ本職は「カットを数える」a.k.a林でございます。

僕モテメルマガでは「終わった恋と、映画を数える」という連載をやっていまして
明日7/9配送号では、ポール・ハギス監督の新作、
『サード・パーソン』のカット数を数えてきました。

ハギス本人が「最高傑作」と認め、脚本を30稿も重ねたという本作、
まったく話題になっていないというか、誰も観ていない雰囲気が
漂っており、「これは数えなくては」という謎の使命感が生まれました。

●で、結果はというと……
明日7/9配送号をお楽しみに。
(まだ原稿書いてないんですが……ファンタスティックなカットがいくつもありましたよっ!)

●さて。
普段はカットを数えることを生業としていますが、
その合間に読んでいる本のページ数も数えてみる、という企画を先月からやり始めました。
7月も終わったということで……
メルマガでやっている「終わった恋と、映画を数える」の番外編!

【6月に読んだ本のページ数を数えてみた!】

今月もいきます。
まずは【読んだ本を数えてみた】。
6月に読んだ本は……


<29冊>


先月が31冊だったので2冊減ですね。

そして、その【6月に読んだ本のページ数】は……


<8143ページ>


●だいたい私、1ページを30秒で読むので、
トータルで67時間、本の世界に入っている計算になります。
この67時間を1日に換算(24時間で割る)すると……
1ヶ月のうち、まるまる2.8日は読書をしている計算に。

暇なのか、カット職人。


●まぁ、それもあるんですが、ちゃんと読書の時間を作ってもいます。
今回は、カット職人が教える「読書の時間の作り方」を記して締めたいと思います。

とっても簡単です。
箇条書きでいきましょう。
はい、ドン。

・風呂に入りながら1時間
・寝る前に2~3時間
・電車移動中はスマホではなく文庫を開く

この3つはまぁ常識の範疇だと思うんですが、もう1つポイントがあります。

・週に1日だけ「本を読むだけの日」を作る

もうこの日は読書だけしかしません。
外にも出ない、映画も観ない、デートもしない、
ただひたすらにページをめくり続ける1日を作るのです。

●実はこの手法、青島幸男に習ったものです。
青島幸男がどこかのインタビューで
「忙しくて仕方ないけれど、インプットがなくなるとどこかで疲弊するから
 俺は週に1日だけ、家にこもってひたすら本を読む日を作っている」
と言っているのを聞いて以来、わたくしも同じようにしています。

この4つをすれば、月に8000ページは読めます。
みんなもできます。
なんか怪しい啓発みたくなってしまいましたが、
まぁ、どれか1つでをやってみるだけで、読書量グンググーンだと思います。

それでは、ひとまずは明日配送号のメルマガでお会いしましょう!
カット職人、林でした。

あ、下に6月の読了本のリストを挙げておきます。
なにかひっかかったら読んでみてくださいー



2014年6月の読書メーター
読んだ本の数:29冊
読んだページ数:8143ページ
ナイス数:17ナイス

羊の木(5) (イブニングKC)羊の木(5) (イブニングKC)感想
【BOOK(2014)-121】!!!!!
読了日:6月1日 著者:いがらしみきお
現代の哲学 (講談社学術文庫)現代の哲学 (講談社学術文庫)感想
【BOOK(2014)-122】!!!!!!
読了日:6月1日 著者:木田元
レヴィ=ストロース (文庫クセジュ 990)レヴィ=ストロース (文庫クセジュ 990)感想
【BOOK(2014)-123】!!!!!!!
読了日:6月1日 著者:カトリーヌクレマン
草枕 (新潮文庫)草枕 (新潮文庫)感想
【BOOK(2014)-124】!!!!!!!!!
読了日:6月1日 著者:夏目漱石
高い城・文学エッセイ (スタニスワフ・レム コレクション)高い城・文学エッセイ (スタニスワフ・レム コレクション)感想
【BOOK(2014)-125】!!!!!!!!
読了日:6月1日 著者:スタニスワフレム
学生との対話学生との対話感想
【BOOK(2014)-126】!!!!!!
読了日:6月4日 著者:小林秀雄
谷川俊太郎詩選集  1 (集英社文庫)谷川俊太郎詩選集 1 (集英社文庫)感想
【BOOK(2014)-127】!!!!!!
読了日:6月4日 著者:谷川俊太郎
谷川俊太郎詩選集 (2) (集英社文庫)谷川俊太郎詩選集 (2) (集英社文庫)感想
【BOOK(2014)-128】!!!!!!!!
読了日:6月6日 著者:谷川俊太郎
映画の奈落: 北陸代理戦争事件映画の奈落: 北陸代理戦争事件感想
【BOOK(2014)-129】!!!!!!!!!
読了日:6月6日 著者:伊藤彰彦
柳田国男『遠野物語』 2014年6月 (100分 de 名著)柳田国男『遠野物語』 2014年6月 (100分 de 名著)感想
【BOOK(2014)-130】!!!!!!
読了日:6月8日 著者:
別冊NHK100分de名著 「幸せ」について考えよう (教養・文化シリーズ)別冊NHK100分de名著 「幸せ」について考えよう (教養・文化シリーズ)感想
【BOOK(2014)-131】!!!!!!
読了日:6月8日 著者:島田雅彦,浜矩子,西研,鈴木晶
空からぎろちん (双葉文庫)空からぎろちん (双葉文庫)感想
【BOOK(2014)-132】!!!!!!!
読了日:6月8日 著者:中島らも
夏目漱石論 (講談社文芸文庫)夏目漱石論 (講談社文芸文庫)感想
【BOOK(2014)-133】!!!!!!!!!
読了日:6月11日 著者:蓮實重彦
ヒット番組に必要なことはすべて映画に学んだ (文春文庫)ヒット番組に必要なことはすべて映画に学んだ (文春文庫)感想
【BOOK(2014)-134】!!!!!
読了日:6月11日 著者:吉川圭三
謎ときガルシア=マルケス (新潮選書)謎ときガルシア=マルケス (新潮選書)感想
【BOOK(2014)-135】!!!!!!!!
読了日:6月11日 著者:木村榮一
英国の青年 吉田健一未収録エッセイ (講談社文芸文庫)英国の青年 吉田健一未収録エッセイ (講談社文芸文庫)感想
【BOOK(2014)-136】!!!!!
読了日:6月11日 著者:吉田健一
審判 (カフカ小説全集)審判 (カフカ小説全集)感想
【BOOK(2014)-137】!!!!!
読了日:6月11日 著者:フランツカフカ
映画の神話学 (ちくま学芸文庫)映画の神話学 (ちくま学芸文庫)感想
【BOOK(2014)-138】!!!!!!
読了日:6月13日 著者:蓮實重彦
谷川俊太郎詩選集 3 (集英社文庫)谷川俊太郎詩選集 3 (集英社文庫)感想
【BOOK(2014)-139】!!!!!!
読了日:6月13日 著者:谷川俊太郎
物語の作り方―ガルシア=マルケスのシナリオ教室物語の作り方―ガルシア=マルケスのシナリオ教室
読了日:6月20日 著者:G.ガルシア=マルケス
物語の作り方―ガルシア=マルケスのシナリオ教室物語の作り方―ガルシア=マルケスのシナリオ教室感想
【BOOK(2014)-140】!!!!!!!
読了日:6月20日 著者:G.ガルシア=マルケス
びんぼう自慢 (ちくま文庫)びんぼう自慢 (ちくま文庫)感想
【BOOK(2014)-141】!!!!!
読了日:6月20日 著者:古今亭志ん生
なめくじ艦隊―志ん生半生記 (ちくま文庫)なめくじ艦隊―志ん生半生記 (ちくま文庫)感想
【BOOK(2014)-142】!!!!!!
読了日:6月20日 著者:古今亭志ん生
この人を見よ (新潮文庫)この人を見よ (新潮文庫)感想
【BOOK(2014)-143】!!!!!!!
読了日:6月26日 著者:ニーチェ
65歳。職業AV男優 (宝島社新書)65歳。職業AV男優 (宝島社新書)感想
【BOOK(2014)-144】!!!!!!
読了日:6月26日 著者:山田裕二
シーシュポスの神話 (新潮文庫)シーシュポスの神話 (新潮文庫)感想
【BOOK(2014)-145】!!!!!!
読了日:6月26日 著者:カミュ
感情とは何か: プラトンからアーレントまで (ちくま新書)感情とは何か: プラトンからアーレントまで (ちくま新書)感想
【BOOK(2014)-146】!!!!!!!
読了日:6月26日 著者:清水真木
僕は問題ありません (モーニングKC)僕は問題ありません (モーニングKC)感想
【BOOK(2014)-147】!!!!!!!!
読了日:6月29日 著者:宮崎夏次系
自選 谷川俊太郎詩集 (岩波文庫)自選 谷川俊太郎詩集 (岩波文庫)感想
【BOOK(2014)-148】!!!!!!!!
読了日:6月29日 著者:谷川俊太郎

読書メーター

「映画秘宝」8月号がすごい件について補足/Podcastへの補足(主宰・入江悠)

■こんにちは、映画監督で、メルマガ主宰の入江悠です。

先週の「僕モテ映画聖典」メルマガ、僕の連載の巻頭言でご紹介しましたが、
いま発売中の『映画秘宝』がほんとうに感動的です。

鈴木則文監督と、H・R・ギーガー氏の追悼特集です。



執筆陣の敬愛っぷりと、秘蔵ネタがなかなか素晴らしく、
永久保存版の1冊と言っても過言ではありません。

詳しくはメルマガで書いたので割愛しますが、
もし機会があったらぜひ読んでみてください。

■今週の「僕モテPodcast」参加できずすみません。
上鈴木伯周と大川編集長の飲み会話みたいになってましたね。
でも、パク・チャヌク版とスパイク・リー版の比較はとても聞き応えがありました。

番組内でご質問がありましたが、
「長回しカットでのアクションシーンがすごい映画」ですが、
追加でこれもオススメです。

ジョニー・トー監督『ブレイキング・ニュース』のオープニング。
とんでもない長回しで、複雑なアクションとカメラワークを実現しています。



1回壊れたら次の撮影に同じもの用意できるんかい!?
と思うほどの1カット撮影です。
いやはや、すごいですね。

というわけで、メルマガの補足でした〜。
次週、「僕らのモテるための映画聖典」メルマガもお楽しみに!

週刊フライング映画時評「リアルウォッチメン」Podcast vol.42『オールド・ボーイ』



Podcast vol.42は
オールド・ボーイです!

今回も是非お聞き下さいませ~

■今回の参加者
・上鈴木伯周(ラッパー)
・大川(編集長)

■今回のキーワード
オールド・ボーイ』/スパイク・リー/パク・チャヌク/カンヌ国際映画祭/チェ・ミンシク/ジョシュ・ブローリン/下手くそなDJ/エリザベス・オルセン/リメイク映画/長回しアクション/『狼の死刑宣告』/原作者の権限/

「明日、宇多丸さんはきっとこの話をする!」

なんと、図々しくも
本家「ムービーウォッチメン」内で宇多丸さんが言及する内容を大胆にも予測するコーナー

今回の予測は・・・

【上鈴木の予測】劣化コピーだ!
【大川の予測】スピルバーグ&ウィル・スミス版見たくなる!

果たして結果は?
是非、毎週土曜日夜22時から始まるタマフルを聴いて確かめよう!

■『オールド・ボーイ
http://www.oldboymovie.jp/

■僕モテpodcast vol.42『オールド・ボーイ





スマホ用ダウンロード(mp3)

■RSS、iTunes対応しましたよ!
・気軽に更新情報が確認できますよ。
RSS podcasting iTunessに登録

TBS RADIO ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル


このポッドキャストの感想もお待ちしていますよ。



メルマガ登録はお気軽に!

↑初月だけ読んで辞めれば0円!!↑


ラッパー・上鈴木兄弟が率いるヒップ・ホップバンド
「P.O.P(ピーオーピー)」の1stアルバムが発売!


6月18日(水)発売
1stアルバム「たのしいことばかりありますように」

タワレコで予約
amazonで予約

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

編集長が僕モテメルマガを改めて紹介してみます。


 みなさまこんばんは。
 僕モテメルマガ編集長でございます。

 本日は、みなさまに私どものメルマガ、
 「入江悠presents 僕らのモテるための映画聖典メルマガ」
 の内容を説明したいと思います。

 <どんな人が書いてるの?>
 
 まず、僕モテメルマガは、8人の執筆陣によって構成されています。
  
 【これが僕モテ執筆陣だっ】
 入江悠(映画監督)
 森下くるみ(文筆家・女優)
 駒木根隆介(俳優) 
 山口遥(女優)
 上鈴木伯周(ラッパー)
 林賢一(放送作家・脚本・カット職人)
 藤野実香子(美人妻)
 編集長(編集者)


 この8名の連載コラムの集合体が、「僕モテメルマガ」というわけです。

 <で、どんなコラムが読めるの?>

 『映画でモテると思ってた』
 入江悠による巻頭エッセイ。映画監督ならではの悩みや思い、映画制作の苦労話を綴ります。
 とくに、新作映画の撮影中や仕上げ作業中の場合、
 「映画がどのようにできあがっていくか」「その過程でどんな苦労があるのか」
 がダダ漏れになり、大変興味深い内容となります。


 『終わった恋と、カットを数える』
 カット職人の異名を誇る男・林賢一が音の出ないデジタルカウンターをポケットにしのばせ、
 劇場の暗闇のなかで映画のカット数をカウントし、その数字から見えてきたものを語るという連載。
 「なにを言ってるのかわからないんだけど……」と思った方も一度読めば納得。
 カットの数からは、監督の意図や意志が透けてみえるという大発見があったのです。
 最近では、読者の方もカットを数え、報告してくれるといった嬉しい事例もあります。ありがとうございます。
 
 『俳優麺論』
 俳優・駒木根隆介が、映画の中の俳優たちの演技を麺類にたとえて解説する、という内容。
  「なにを言ってるのかわからないんだけど……」と思った方も、ちょっと待ったッ。
 麺類とは、麺とスープ、そして具材のハーモニー。
 映画も、主演(麺)と助演(スープ)、そして脇役(具)のハーモニーが大切なのです。
 TBSラジオの人気番組『ライムスター宇田丸のウィークエンドシャッフル』にもこのネタで2回出演! 
 
 『入江悠の、映画の中のアイツになりたい』(隔週掲載)
 入江悠が、新作旧作を問わず、「憧れの登場人物」という切り口から映画を語ります。
 ちなみに今週の“アイツ”は、 『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』の、キャプテン・アメリカ。
 『キャプテン・アメリカ~』をポリティカルサスペンスとして読み解く内容となっています。

 『キャバ嬢を口説ける、興行成績第一位』
(隔週連載)
 本メルマガの創刊企画会議で、「流行ってる映画をチェックしとけば、キャバ嬢だって口説けるはずだ」
 という勘違いをその場にいた全員がした結果生まれた企画

 具体的には、入江悠が興行成績一位の映画を観て、語る連載。
 ここ数カ月はひたすら『アナ雪』を語り続けるという、なんというか一種の修行めいた連載と化しています。

 『今日も映画で腹が減る』
 本メルマガのミューズであり映画が大好きな食いしん坊・森下くるみが、
 「メシ」シーンに注目し、その一点から映画を語るという企画。
 「食事をどう描くか」が、思った以上に映画全体のテーストを決めるんです(メシだけに)!
 執筆者の興が乗ると、突発的に「映画メシ」のレシピが載ったりもします。

 『あなたと映画が観たいです。 』
 女優・山口遥が男性と映画デートに赴き、その有様を赤裸々に綴ります。
 「映画デートでモテるためにはどうすればいいのか?」が如実に見えてくる、
 映画でモテる! というコンセプトにもっとも忠実な連載です。男性必見!
 
 『すべての映画はヒップ・ホップである』
 ラッパー・上鈴木伯周が、「すべての映画はヒップ・ホップである」という持論を展開。
 強引なたとえもあれば、「あれ結構マジでそうかも」と思わされるときもある不思議連載。
 毎週あらすじをラップのリリック調にまとめる、という地味に大変な作業をこなしていたりもします。

 <ほかには? 値段は? 登録は?>

 以上に加え、情報担当・藤野による、
 「もうすぐ終わる映画」
 「まもなく始まる映画」
 「名画座・試写会情報」

 をまとめた情報コーナーや、編集長による書評コーナー、読者限定のPodcastコーナーなどもあります。

 これだけ充実した内容で、何とお値段648円/月。
 しかも登録書月は無料で購読可。
 毎週一回、水曜日に「まぐまぐ」より配信しています。
 
 <登録はこちらから>
 http://www.mag2.com/m/0001320971.html 

 ぜひ一度、お試しを!
メルマガ登録はコチラ!

映画モテ太





Podcast「シアター野郎 劇場一番星」
「シアター野郎 劇場一番星」は映画館と映画を同時に語って応援するPodcastです。チェックしときな!!
RSS podcasting
iTunessに登録
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Podcast Ranking