《ドッグイア》【vol.149】「日本映画底抜け宣言」号 (カット職人・林)

続きを読む

「シアター野郎 劇場一番星」Podcast vol.63『ラスト・ナイツ』@109シネマズ木場


僕たちが「映画」を観るのは、「映画館」。
あまたの「映画」が語られど、「映画館」はさほど語られず。
ならば、メルマガ「僕らのモテるための映画聖典」が立ち上がろう!
【映画と映画館を同時に語る】それが……

シアター野郎 劇場一番星

今回取り扱う映画は…
ラスト・ナイツ
そしてウォッチする映画館は
109シネマズ木場
です!

是非お聞き下さいませ~

■コーナー内容
[1]「今週のメルマガMVPは誰だ?」
[2]「映画館でモテよう!」 モテポイント/非モテポイント
[3]「僕モテ連載的にコメントしていくぜ!3分で!」
[4]「質問のコーナー」
[5]「シアタービンゴ」のコーナー


■今回の参加者
入江悠(映画監督)
駒木根隆介(名優)
上鈴木伯周(ラッパー)
・林賢一(カット職人/脚本家)
・佐藤圭一朗(制作プロデューサー)

・[ゲスト]配島徹也(映像ディレクター)

■今回のキーワード
109シネマズ木場/『ラスト・ナイツ』/紀里谷和明/ハリウッド/入江悠/駒木根隆介/『太陽』/シネマテーブル/猫町倶楽部/『恋人たち』/橋口亮輔/ブルックリン/忠臣蔵/『ストレンジア』/TVブロス/ラジオ/僕モテメルマガの誕生秘話/特集号の話/年末イベントの話/角川シネマ有楽町/『FOUJITA』/僕モテメルマガに物申す!お便り待ってます
■劇場一番星Podcast vol.63『ラスト・ナイツ』@109シネマズ木場





スマホ用ダウンロード(mp3)

こちらが話題のアプリ
シネマルーレット(ios板)


シネマルーレット

■RSS、iTunes対応してますよ!
・気軽に更新情報が確認できますよ。
RSS podcasting iTunessに登録

次回の課題映画館と作品は…
角川シネマ有楽町

FOUJITA


そして
来週のメルマガ読者限定ガチ話
「僕らのベスト」は「画家映画ベスト」です!


では、次回も映画館をウォッチしていきましょう!
このポッドキャストの感想もお待ちしていますよ。

メルマガ登録はお気軽に!

↑初月だけ読んで辞めれば0円!!↑

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

☆僕モテPICK UP!☆ 【vol.149】「日本映画底抜け宣言」号

こんにちは。
メルマガ「僕らのモテるための映画聖典」IT担当の宮川です。

週末「モーターズ」でかわいい渋川さんを見れてホクホクし、
「グラスホッパー」の山田涼介さんでひりついてきました。
 ※ちなみに、サイトはどちらもデザインがいいのですが実装や設計がううんという感じでした・・。

そんな今週も、メルマガで取り上げた作品を紹介するブログ
「僕モテPICK UP!」
のお時間です!

今週配送のメルマガvol.149 「日本映画底抜け宣言」号 で
僕モテ執筆陣が語ったのは、こんな映画たちでした!

タマフルでも取り上げられた「恋人たち」が、今週も大人気!
入江悠『モテる大人になるための映画術』
ラッパー上鈴木伯周の『すべての映画はヒップ・ホップである』
の2つで取り上げられています。
連日大盛況とのことで見逃している方はぜひチェックしてみてください!

 ↓↓↓

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
☆週刊! 僕モテ自腹レビュー☆ 【vol.149】「日本映画底抜け宣言」号
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

■ ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲 画伯・佐藤圭一朗の『映画・狂人画報』、「3行レビュー」でPICK UP!
ホワイト・ゴッド

公式サイト:http://www.whitegod.net/


■ 恋人たち 入江悠『モテる大人になるための映画術』、ラッパー上鈴木伯周の『すべての映画はヒップ・ホップである』、「3行レビュー」でPICK UP!
恋人たち

公式サイト:http://koibitotachi.com/


■ エール! カット職人林賢一の『終わった恋とカットを数える』、「3行レビュー」でPICK UP!
エール!

公式サイト:http://air-cinema.net/


■ 劇場霊 名優駒木根隆介の『俳優麺論』、「3行レビュー」でPICK UP!
劇場霊

公式サイト:http://gekijourei.jp/


■ モーターズ 女優・森下くるみの『乙女は映画に恋をした』、「3行レビュー」でPICK UP!
モーターズ

公式サイト:http://the-motors.com/


■ 裁かれるは善人のみ 「3行レビュー」でPICK UP!
裁かれるは善人のみ

公式サイト:http://www.bitters.co.jp/zennin/


■ オープニング・ナイト 「3行レビュー」でPICK UP!
オープニング・ナイト

公式サイト:ー


■ 森と湖とまつり 「3行レビュー」でPICK UP!
森と湖とまつり

公式サイト:ー


■ 帰ってきたMr.ダマー バカMAX! 「3行レビュー」でPICK UP!
帰ってきたMrダマー

公式サイト:http://bakamax.com/


■ さようなら 「3行レビュー」でPICK UP!
さようなら

公式サイト:http://sayonara-movie.com/


■ キャノンフィルムズ爆走風雲録 「3行レビュー」でPICK UP!
キャノンフィルムズ爆走風雲録

公式サイト:http://www.cannonfilms2015.com/


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

以上、今週の「僕モテPICK UP」でした!

12月12日の阿佐ヶ谷ロフトでのイベントに合わせて
二次会も予約はじまりました!
気になってる方はご予約お早めに!

今週末公開の宮川注目作品は、
「亜人」「愛を語れば変態ですか」
亜人はきっと大川さんが見るのではないかと思うのでレビューに期待しています!

また来週!

「シアター野郎 劇場一番星」Podcast vol.62『ジョン・カサヴェテス特集』@早稲田松竹


僕たちが「映画」を観るのは、「映画館」。
あまたの「映画」が語られど、「映画館」はさほど語られず。
ならば、メルマガ「僕らのモテるための映画聖典」が立ち上がろう!
【映画と映画館を同時に語る】それが……

シアター野郎 劇場一番星

今回取り扱う映画は…
ジョン・カサヴェテス特集
そしてウォッチする映画館は
早稲田松竹
です!

是非お聞き下さいませ~

■コーナー内容
[1]「今週のメルマガMVPは誰だ?」
[2]「映画館でモテよう!」 モテポイント/非モテポイント
[3]「僕モテ連載的にコメントしていくぜ!3分で!」
[4]「質問のコーナー」
[5]「シアタービンゴ」のコーナー


■今回の参加者
入江悠(映画監督)
駒木根隆介(名優)
上鈴木伯周(ラッパー)
・大川喬司(編集長)
・[ゲスト]配島徹也(映像ディレクター)

■今回のキーワード
早稲田松竹/ジョン・カサベテス特集/「インディペンデント映画ベスト」/『チャイニーズブッキーを殺した男』/『オープニング・ナイト』/『恋人たち』/『太陽』/入江悠/駒木根隆介/ジーナ・ローランズ/老麺/鎮座ドープネス/演技と演出とリアリズム/109シネマズ木場/『ラスト・ナイツ』/僕モテメルマガに物申す!お便り待ってます
■劇場一番星Podcast vol.62『ジョン・カサヴェテス特集』@早稲田松竹





スマホ用ダウンロード(mp3)

こちらが話題のアプリ
シネマルーレット(ios板)


シネマルーレット

■RSS、iTunes対応してますよ!
・気軽に更新情報が確認できますよ。
RSS podcasting iTunessに登録

次回の課題映画館と作品は…
109シネマズ木場

ラスト・ナイツ


そして
来週のメルマガ読者限定ガチ話
「僕らのベスト」は「ラスト映画ベスト」です!


では、次回も映画館をウォッチしていきましょう!
このポッドキャストの感想もお待ちしていますよ。

メルマガ登録はお気軽に!

↑初月だけ読んで辞めれば0円!!↑

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

《ドッグイア》【vol.148】ぼくたちとわたしたちと『恋人たち』号(カット職人・林)

こんにちは。
メルマガ「僕らのモテるための映画聖典」で、
「映画のカット数を数えて報告する」連載をやっております、
カット職人の林です。

今週配送号、楽しんでいただけているでしょうか?
【vol.148】は
ぼくたちとわたしたちと『恋人たち』号

と題しまして、
執筆陣一同が橋口亮輔監督の7年ぶりの新作となる
『恋人たち』を熱く語った号となりました。
わたくしはレビューだけだったんですが、
入江監督が連載でガッツリと、佐藤画伯が渾身のイラストと、
多方面から『恋人たち』を論じております。

それぞれが「俳優」にヤラれならがも、
その角度が違ったりして、とても刺激的でした。

まぁ、こればかりはメルマガを読んで下さい!
としか言えません。
というか、『恋人たち』を観て下さい!
ですね。その後に我々のメルマガを読んでいただければ、幸いでございます。
というか、まだ語り足りない。
続きは、12/12(土)僕モテ忘年会で、語ってやるからなコノヤローー!
(イベント詳細はこのブログの最後に載せますので、是非チェックを)


そんな号の<ドッグイア>いってみましょうか!

この記事は<僕モテ・ドッグイア>ということで、
わたくしがメルマガの中で「これは!」と思った各連載の文章をフックアップしていきます。

ページの端っこを折る、いわゆる「ドッグイア」。
それをメルマガでやろう、という趣旨でございます。
気がつくと、既読メールの残骸の中に埋もれていってしまう。
それじゃあもったいないし、読み直したいときに探せない。

メルマガをすでにお読みの方は、おさらい感覚で。
まだ登録はしてないけれど興味のある方は、覗き見感覚で。
我々の存在すら知らなかった方は、パンチライン祭りを通り過ぎる感覚で。


それぞれの読み方で、使っていただけたら、と思います。

早速、まいりましょー。
連載順に、ドンドン<ドッグイア>してゆきますよ!


■入江悠の身辺雑記「映画でモテると思ってた」
<ドッグイア!>
 だんだん軽はずみに変な作品を作れないな、となってきます。
 最近では、そういうことを考えて怯むのはいいことだな、
 と思うようになりました。
 むしろ、そういうことをまったく考えずに、
 経済マシーンのように次から次に作っている方が
 ヤバイと思うからです。

 (映画作りにおける責任ついて)


■執筆陣がこの一週間で観た映画を採点「みんなの☆映画レビュー」

 公開中の映画をしがらみ抜きの本音でレビュー!

 ☆☆☆…観ずに死ねるかっ
 ☆☆……ヒマつぶしに、是非
 ☆………観なくていいかも
 の3段階ガチ評価です。取り上げた映画は……

『恋人たち』
『FOUJITA』
『ブンミおじさんの森』
『地下の民』
『ラスト・ナイツ』
『Cu-Bop』
『グラスホッパー』
『コードネームU.N.C.L.E』
『ザ・ファントム』
『ムーン・ウォーカーズ』
『劇場版 MOZU』
『光のノスタルジア』
『ハーモニー』


 試写会NGの自腹鑑賞&しがらみナシのガチレビュー。
 是非、メルマガで確認してみて下さい。


■ボールペン画伯・佐藤圭一朗の1コマ劇場「映画・狂人画報」
<今週の一枚>
 彼らこそ2015年本当のスターだ。『恋人たち』



■入江悠が、ちょっとマジメに考えた。「モテる大人になるための映画術」
<ドッグイア!>
 黒田大輔さん。
 あなた今年、トム・ハーディにも
 トム・クルーズにも浅野忠信にも勝ったよ。

 (『恋人たち』について)


■放送作家・林賢一のストイック映画評「終わった恋と、映画を数える・改」
<ドッグイア!>  
 結果、「A」の「animal」のインタビュー時間は
 計22分32秒。
 総カット数は「3」。

 (『ジル・ドゥルーズの「アベセデール」』について)


■俳優・駒木根隆介の役者論「俳優麺論」
<ドッグイア!>
 このオシャレ豚骨、ロン・パールマンという
 ゲンコツをふんだんに使った、
 この一点で素晴らしくパンチの効いた、
 文字通りパンチの効いた一杯となっているのです!

 (『ムーン・ウォーカーズ』について)


■女優・森下くるみの完全女子目線映画評「乙女は映画に恋をした」
<ドッグイア!>
 全ての芸術家にとって、
 「遊びが肥やし」になるかどうかはわかりませんが、
 でも、何に強く興味を示したか、
 どういう考え方をしてきたか、
 きっとそれは絵に現れるのでしょう。

 (『FOUJITA』について)


■ラッパー・上鈴木伯周の「すべての映画はヒップ・ホップである」
<ドッグイア!>
 元は人気TVドラマ スパイアクションシリーズ
 東西冷戦下の60年代 交わる米と露とイギリス
 CIAとKGB 対象的な二人が挑む陰謀とトラブル
 ガイ・リッチー作品っていつもファショナブル

 (『コードネーム U.N.C.L.E.』をラップで説明)


■メルマガ読者限定ハミダシPodcast「シアター野郎 劇場一番星」ガチ話!
 ※毎週、読者さんだけにガチな話をしております

 <今週のガチ話は――!?> 

 ・『劇場版 MOZU』延長戦。監督目線、制作目線、テックさんの裏話! 熱い&長い!
 ・撮影論、アクション論、俳優論、悪役論…そして!入江悠からの映画塾! これすごい!
 ・僕らのベスト「鳥映画ベスト」。さらに入江監督最新作情報、モテデミーの話、など。



■メルマガ編集担当の書評コーナー「これは映画になりますか?」
<ドッグイア!>
 伊藤計劃という思考のプラグイン。
 著作を読むことでそれはインストールされ、
 再読し、考え、人と語り合うことでアップデートされる。

 (『ハーモニー』伊藤計劃(早川書房)について)


以上、カット職人的<ドッグイア>でした。
そしてそして!
僕モテ大忘年会、開催しますよ!
チケットも絶賛発売中ですー。
内容はけっこうフィックスしましたよっ。
妄想しつつ当日までお待ち下さい。



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【告知】 今年は12月12日@阿佐ヶ谷ロフトA! 僕モテ恒例年末イベントのお知らせ。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 今年もやります! 僕モテ恒例年末イベント!
 2015年末は「モテデミー賞発表」+「僕モテ大忘年会」。
 どんな企画が飛び出すかはただいま仕込中なので乞うご期待。
 ちょっと大きくなった会場で、2015年の映画をみんなでワイワイ語りましょう。

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

 【New! 前売り券はこちらから!】
http://eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002174047P0050001P006001P0030001

 【フライヤーできました!】
http://norainu-film.heteml.jp/mote/img/motedemy.png

 【イベントページできました!】
http://www.loft-prj.co.jp/schedule/lofta/39470

 【内容更新!】
 第一部は「僕モテ大忘年会」
 今年一年を振り返りつつ、
 「僕モテ的10大ニュース」をプレゼンバトル形式で! 

 第二部は「2015年モテデミー賞発表」
 今年もっともモテた俳優は、女優は、作品は――!?
 毎年恒例、執筆者対抗プレゼンバトルの行方は!? 
 さらには「2015年僕モテ大賞発表」!
 2015年の僕モテメルマガベスト号は!? ベスト記事は!? ベストPodcastはなんの回?

 時間はたっぷり3時間! 
 読者/執筆陣/一般客、入り混じっての映画放談を楽しみましょう!

 ※内容は変更となる可能性があります

 【イベント概要】
 Asagaya/Loft A 8th Anniversary
 入江悠presents『僕らのモテるための映画聖典』大忘年会&「2015年モテデミー賞発表」

 [日程]2015年12月12日(土曜日)
 
 [時間]開場18:00/開演19:00/終演22:00

 [会場]阿佐ヶ谷ロフトA  http://www.loft-prj.co.jp/lofta/

 [出演]

 入江悠(映画監督)
 駒木根隆介(俳優)
 上鈴木伯周(ラッパー)
 林賢一(脚本家・放送作家)
 森下くるみ(女優・文筆家)
 佐藤圭一朗(制作部・画伯)
 大川喬司(編集長)

 ほかスペシャルゲスト予定!

 [料金]前売1,600円/当日2,100円(共に飲食代別)

http://eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002174047P0050001P006001P0030001

 [お問合せ]阿佐ヶ谷ロフトA(03-5929-3445)



ぜひぜひ2015年の締めくくりとして、
みんなで飲みましょう!
「僕らのモテるための映画聖典」は毎週配送中です。

「まぐまぐ」
http://www.mag2.com/m/0001320971.html

ニコニコ動画のブロマガ
http://ch.nicovideo.jp/eigamote/blomaga


あわせて、よろしくお願いします。
それでは、来週号でまたお逢いしましょう。

☆僕モテPICK UP!☆ 【vol.148】ぼくたちとわたしたちと『恋人たち』号

こんにちは。
メルマガ「僕らのモテるための映画聖典」IT担当の宮川です。

入江悠の誕生日が1週間後に迫った今週も、
メルマガで取り上げた作品を紹介するブログ
「僕モテPICK UP!」
のお時間です!

今週配送のメルマガvol.148 ぼくたちとわたしたちと『恋人たち』号で
僕モテ執筆陣が語ったのは、こんな映画たちでした!

最近3行レビューの作品数が多い上、熱量も高い!
特に、邦画「FOUJITA」「恋人たち」のレビューが熱い!
本作気になってる方は是非、メルマガチェックしてみてください!

 ↓↓↓

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
☆週刊! 僕モテ自腹レビュー☆ 【vol.148】ぼくたちとわたしたちと『恋人たち』号
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

■ 恋人たち 入江悠『モテる大人になるための映画術』、画伯・佐藤圭一朗の『映画・狂人画報』、「3行レビュー」でPICK UP!
恋人たち

公式サイト:http://koibitotachi.com/


■ ドゥルーズの「アベセデール」 カット職人林賢一の『終わった恋とカットを数える』でPICK UP!
ドゥルーズの「アベセデール」

公式サイト:http://www.kadokawa.co.jp/product/321503000257/


■ ムーン・ウォーカーズ 名優駒木根隆介の『俳優麺論』、「3行レビュー」でPICK UP!
ムーン・ウォーカーズ

公式サイト:http://moonwalkers-movie.jp/


■ FOUJITA 女優・森下くるみの『乙女は映画に恋をした』、「3行レビュー」でPICK UP!
FOUJITA.jpg

公式サイト:http://foujita.info/


■ コードネームU.N.C.L.E ラッパー上鈴木伯周の『すべての映画はヒップ・ホップである』、「3行レビュー」でPICK UP!
コードネームUNCLE

公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/codename-uncle/


■ 劇場版 MOZU 「Podcastガチ話」、「3行レビュー」でPICK UP!
1_2015111217350828b.jpg

公式サイト:http://mozu-movie.jp/


■ ハーモニー 「3行レビュー」、書評コーナーで原作本でPICK UP!
ハーモニー

公式サイト:http://project-itoh.com/


■ ブンミおじさんの森 「3行レビュー」でPICK UP!
ブンミおじさんの森

公式サイト:http://www.moviola.jp/boonmee/


■ 地下の民 「3行レビュー」でPICK UP!
地下の民

公式サイト:ー


■ ラスト・ナイツ 「3行レビュー」でPICK UP!
ラスト・ナイツ

公式サイト:http://lastknights.jp/


■ Cu-Bop 「3行レビュー」でPICK UP!
Cu-Bop.jpg

公式サイト:http://kamita.ciao.jp/


■ グラスホッパー 「3行レビュー」でPICK UP!
14.jpg

公式サイト:http://grasshopper-movie.jp/


■ 光のノスタルジア 「3行レビュー」でPICK UP!
9.jpeg

公式サイト:http://www.uplink.co.jp/nostalgiabutton/


■ ザ・ファントム 「3行レビュー」でPICK UP!
ザ・ファントム

公式サイト:ー

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

以上、今週の「僕モテPICK UP」でした!

12月12日の阿佐ヶ谷ロフトでのイベントも予約はじまりました!
気になってる方はご予約お早めに!

今週末は、「モーターズ」と「グラスホッパー」見てきます!
また来週!

11/25(水)東京シネマテーブル『ヴィジット』@渋谷 森の図書室に僕モテメンバーが参戦!

こんにちは。
メルマガ「僕らのモテるための映画聖典」IT担当の宮川です。

毎月お題の映画に関してワイワイ楽しく語る会、
シネマテーブル
をご存知ですか?

日本最大の読書会「猫町倶楽部」の分科会で、読書会のスタイルで「映画の感想を話す会」です。
月に一度、渋谷「森の図書室」にて課題になった映画をそれぞれ見てきてから集まって語る会。

そんな素敵な会に僕モテ執筆陣から
駒木根隆介(名優)
上鈴木伯周(ラッパー)
林賢一(カット職人)

の3人が参戦します!

お題は M・ナイト・シャマラン監督最新作『ヴィジット』
ってことで、これは語りがいがあるぅ~。

生の「俳優麺論」、「カット数報告」、「ヒップ・ホップ例え」が聞けるかも?

お気軽に参加して下さいませ。

 ↓↓

------------------------------------------------------------------------------
<詳細>
日時:2015年11月25日(水)
受付開始19:00 シネマテーブル19:30~21:00 懇親会21:00~
場所:渋谷 森の図書室

【タイムテーブル】
19:00  受付開始
19:30  シネマテーブル(1テーブル7〜8人のグループに分かれて課題映画の感想を話し合います)
21:00  懇親会
フリートーク→ラウンドテーブル(テーマ別のテーブルに分かれてトーク)

【ラウンドテーブル(アフターパーティーチーム分け)のテーマ例】
・最近観た映画、これから見たい映画
・もっと「シャマラン」の話がしたい!

■参加条件:課題映画の鑑賞
この会の唯一のルールです。未見の方はご参加はご遠慮ください。
※参加申込は課題映画を鑑賞される前でもかまいません。

■学割で申し込まれた方は、当日必ず学生証をお持ちください。

▼参加申込可下記より
http://www.nekomachi-club.com/schedule/27130
※読者様の場合は”備考欄「質問など」”の項に「僕モテより」と記載頂ければ幸いです。

●シネマテーブルとは
日本最大の読書会「猫町倶楽部」の分科会で、読書会のスタイルで「映画の感想を話す会」です。
課題になった映画をそれぞれ見てきてから集まって話すのが主な活動です。月に一度、主に水曜日の夜に渋谷「森の図書室」にて開催しています。毎月 40〜50人の参加者の内3〜4割は初参加の方ですので、ぜひ一度気軽に遊びにくてください。
http://www.cinematable.net/
------------------------------------------------------------------------------

ぜひ、一緒に語りましょう!!

「シアター野郎 劇場一番星」Podcast vol.61『劇場版 MOZU』@お台場シネマメディアージュ


僕たちが「映画」を観るのは、「映画館」。
あまたの「映画」が語られど、「映画館」はさほど語られず。
ならば、メルマガ「僕らのモテるための映画聖典」が立ち上がろう!
【映画と映画館を同時に語る】それが……

シアター野郎 劇場一番星

今回取り扱う映画は…
劇場版 MOZU
そしてウォッチする映画館は
お台場シネマメディアージュ
です!

是非お聞き下さいませ~

■コーナー内容
[1]「今週のメルマガMVPは誰だ?」
[2]「映画館でモテよう!」 モテポイント/非モテポイント
[3]「僕モテ連載的にコメントしていくぜ!3分で!」
[4]「質問のコーナー」
[5]「シアタービンゴ」のコーナー


■今回の参加者
入江悠(映画監督)
駒木根隆介(名優)
上鈴木伯周(ラッパー)
・佐藤圭一朗(制作プロデューサー)
・大川喬司(編集長)
・[ゲスト]配島徹也(映像ディレクター)

■今回のキーワード
お台場シネマメディアージュ/『劇場版 MOZU』/西島秀俊/羽住英一郎/WOWOW/TBS/入江悠/駒木根隆介/2015年モテでミー賞/『ギャラクシー街道』/意外と近ーい/ビートたけし/長谷川博己/松坂桃李/逢坂剛/家系ラーメン/agreeです/BT(ブラック・徳光)/「ふたがしら」/早稲田松竹/ジョン・カサベテス特集/「インディペンデント映画ベスト」/僕モテメルマガに物申す!お便り待ってます
■劇場一番星Podcast vol.61『劇場版 MOZU』@お台場シネマメディアージュ





スマホ用ダウンロード(mp3)

こちらが話題のアプリ
シネマルーレット(ios板)


シネマルーレット

■RSS、iTunes対応してますよ!
・気軽に更新情報が確認できますよ。
RSS podcasting iTunessに登録

次回の課題映画館と作品は…
早稲田松竹

ジョン・カサヴェテス特集


そして
来週のメルマガ読者限定ガチ話
「僕らのベスト」は「インディペンデント映画ベスト」です!


では、次回も映画館をウォッチしていきましょう!
このポッドキャストの感想もお待ちしていますよ。

メルマガ登録はお気軽に!

↑初月だけ読んで辞めれば0円!!↑

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

12月12日(土)阿佐ヶ谷Loftで「僕モテ映画聖典」イベントやります!ちょっと大事な発表もあります(入江悠)

こんにちは、
入江悠です。

毎週、僕モテ映画聖典メルマガをお読みいただいている皆さま、
大変ありがとうございます。

さて、来月の12月12日、
阿佐ヶ谷Loftさんにてイベントをやることになりました。

ここで、ちょっと重大な発表(個人的なものとメルマガ的なもの)をしたいと思います。
ひとつは、メルマガの巻頭エッセイやPodcastでもちょこちょこ語っていますが、
来年撮影する予定の僕の新作映画に関することです。
イベント内で、「発表+募集」をお伝えしたいと思っています。

もちろん、メインのトークイベントは「映画と僕らの2015年」を振り返りつつ、
作品や俳優、監督、時事ネタについて大いに語り、忘年会らしく盛り上がりたいと思います。
ガッツリと映画について深く知りたい方、気楽にお酒を飲みながらボーッと見たいという方、
遠方の方も近場の方も、皆様のお越しをお待ちしております!
予約、まだまだ絶賛受け付け中です。
(予約埋まり次第、受付終了になります)。

以下、イベント詳細です・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Asagaya/Loft A 8th Anniversary
入江悠 presents
『僕らのモテるための映画聖典』大忘年会&「2015年モテデミー賞発表」


OPEN 18:00 / START 19:00

前売¥1,600/当日¥2,100(共に飲食代別)
※前売券はイープラスにて11/8(日)12:00より発売開始!

【出演】
入江悠(映画監督)
駒木根隆介(俳優)
上鈴木伯周(ラッパー)
林賢一(脚本家・放送作家)
森下くるみ(女優・文筆家)
佐藤圭一朗(制作・画伯)
大川喬司(編集長)
ほかスペシャルゲスト予定!

【お問合せ】阿佐ヶ谷ロフトA(03-5929-3445)
http://www.loft-prj.co.jp/schedule/lofta/39470

CTlbew8VEAAfM51.jpg

メルマガ登録はお気軽に!

↑初月だけ読んで辞めれば0円!!↑

☆僕モテPICK UP!☆ 【vol.147】『ギャラクシー街道』経由『MOZU』行き号

こんにちは。
メルマガ「僕らのモテるための映画聖典」IT担当の宮川です。

今週から、メルマガで取り上げた作品を紹介するブログ
「僕モテPICK UP!」
を毎週木曜日に配信します!

今週配送のメルマガvol.147『ギャラクシー街道』経由『MOZU』行き号で
僕モテ執筆陣が語ったのは、こんな映画たちでした!

 ↓↓↓

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
☆週刊! 僕モテ自腹レビュー☆ 【vol.147】『ギャラクシー街道』経由『MOZU』行き号
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

■ 劇場版 MOZU 入江悠『モテる大人になるための映画術』でPICK UP!
1_2015111217350828b.jpg

公式サイト:http://mozu-movie.jp/


■ ミケランジェロ・プロジェクト  「3行レビュー」でPICK UP!
2_2015111217392874d.jpg

公式サイト:http://miche-project.com/


■ ブロンソン  「3行レビュー」でPICK UP!
3_201511121739308f5.jpg

公式サイト:ー


■ アメリカン・ドリーマー 理想の代償  「3行レビュー」でPICK UP!
4.jpg

公式サイト:http://american-dreamer.gaga.ne.jp/


■ スティーヴィー   「3行レビュー」でPICK UP!
5.jpg

公式サイト:http://www.moviola.jp/stevie/


■ ギャラクシー街道 カット職人林賢一の『終わった恋とカットを数える』 名優駒木根隆介の『俳優麺論』でPICK UP!
6.jpg

公式サイト:http://galaxy-kaido.com/


■ エベレスト 3D ラッパー上鈴木伯周の『すべての映画はヒップ・ホップである』でPICK UP!
7.jpg

公式サイト:http://everestmovie.jp/


■ PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~ 「Podcastガチ話」でPICK UP!
8.jpg

公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/pan/


■ 『光のノスタルジア』 『真珠のボタン』 「3行レビュー」でPICK UP!
9.jpeg

公式サイト:http://www.uplink.co.jp/nostalgiabutton/


■ クライムスピード  「3行レビュー」でPICK UP!
10.jpg

公式サイト:http://www.crimespeed.jp/


■ 俺物語!! 女優・森下くるみの『乙女は映画に恋をした』でPICK UP!
11_20151112174705b64.jpg

公式サイト:http://ore-movie.jp/


■ ヴィジット 名優・駒木根隆介の『俳優麺論』でPICK UP!
12.jpg

公式サイト:http://thevisit.jp/


■ 裁かれるは善人のみ 画伯・佐藤圭一朗の『映画・狂人画報』でPICK UP!
13.jpg

公式サイト:http://www.bitters.co.jp/zennin/


■ グラスホッパー 書評コーナーで原作本をPICK UP!
14.jpg

公式サイト:http://grasshopper-movie.jp/

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

以上、今週の「僕モテPICK UP」でした!
また来週!

《ドッグイア》【vol.147】『ギャラクシー街道』経由『MOZU』行き号(カット職人・林)


こんにちは。
メルマガ「僕らのモテるための映画聖典」で、
「映画のカット数を数えて報告する」連載をやっております、
カット職人の林です。

今週配送号、楽しんでいただけているでしょうか?
【vol.147】は
『ギャラクシー街道』経由『MOZU』行き号
と題しまして、邦画をメインに語っております。

また読者さん限定配信の「ガチ話」では、
12/12(日)に行われる、僕モテ大忘年会
(詳細はこのブログの最後に載せますので、是非チェックして下さい)
のリアル打ち合わせも収録されていたり、
話題の邦画を取り上げたりと、なにかとガチな内容になっていたのではないでしょうか。

そんな号の<ドッグイア>いってみましょうか!

この記事は<僕モテ・ドッグイア>ということで、
わたくしがメルマガの中で「これは!」と思った各連載の文章をフックアップしていきます。

ページの端っこを折る、いわゆる「ドッグイア」。
それをメルマガでやろう、という趣旨でございます。
気がつくと、既読メールの残骸の中に埋もれていってしまう。
それじゃあもったいないし、読み直したいときに探せない。

メルマガをすでにお読みの方は、おさらい感覚で。
まだ登録はしてないけれど興味のある方は、覗き見感覚で。
我々の存在すら知らなかった方は、パンチライン祭りを通り過ぎる感覚で。


それぞれの読み方で、使っていただけたら、と思います。

早速、まいりましょー。
連載順に、ドンドン<ドッグイア>してゆきますよ!


■入江悠の身辺雑記「映画でモテると思ってた」
<ドッグイア!>
 これまで僕は、ある種宙ぶらりんの立場から
 (時に一人の映画監督として)、
 スクリーンで観た洋画・邦画を
 そのつど論評してきたわけですが、
 今週からは、ギアを別の場所にひとつ入れ換え、
 自分の映画作りとの関係性の中で論じてみたい。



■執筆陣がこの一週間で観た映画を採点「みんなの☆映画レビュー」

 公開中の映画をしがらみ抜きの本音でレビュー!

 ☆☆☆…観ずに死ねるかっ
 ☆☆……ヒマつぶしに、是非
 ☆………観なくていいかも
 の3段階ガチ評価です。取り上げた映画は……

『劇場版 MOZU』
『ミケランジェロ・プロジェクト』
『ブロンソン』
『アメリカン・ドリーマー 理想の代償』
『スティーヴィー』
『ギャラクシー街道』
『エベレスト 3D』
『PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~』
『光のノスタルジア』
『真珠のボタン』
『クライムスピード』
『俺物語!!』
『ヴィジット』


 試写会NGの自腹鑑賞&しがらみナシのガチレビュー。
 是非、メルマガで確認してみて下さい。



■ボールペン画伯・佐藤圭一朗の1コマ劇場「映画・狂人画報」
<今週の一枚>
 しかしいない! いないのだ!!(神が)『裁かれるは善人のみ』


■入江悠が、ちょっとマジメに考えた。「モテる大人になるための映画術」
<ドッグイア!>
 好き嫌いはともかく、
 『映画 暗殺教室』より『劇場版 MOZU』の方が、
 やってることのレベルとこころざしは155.6%は高いから!
 このジャンル、日本映画から廃らせたらもう未来ないから!

 (『劇場版 MOZU』について)


■放送作家・林賢一のストイック映画評「終わった恋と、映画を数える・改」
<ドッグイア!>  
 『ギャラクシー街道』のカット数は【499カット】でした。
 上映時間は110分なので、
 1カット平均は約13.2秒になります。



■俳優・駒木根隆介の役者論「俳優麺論」
<ドッグイア!>
 これ絶対脚本にない台詞だよな、
 というところで笑わせてくれる遠藤憲一さんは、
 大真面目にふざけることのできる
 素晴らしい俳優だなと改めて思いましたよ!

 (『ギャラクシー街道』について)


■女優・森下くるみの完全女子目線映画評「乙女は映画に恋をした」
<ドッグイア!>
 剛田猛男に学ぶべきこととは。
 1・素直で正直。むやみに押すより、1歩引く。
 2・食欲は生命力。美味しいご飯には
  「美味しい! 」とはっきり。
 3・聖人君子などこの世にはいないけれど、
  「俺は聖人君子さ」の姿勢が大事。

 (『俺物語!!』について)


■ラッパー・上鈴木伯周の「すべての映画はヒップ・ホップである」
<ドッグイア!>
 文字通りに地球上の最高峰 エベレスト
 1996年実際に起きた遭難事故をセレクト
 し映画化 描く極限状態マジ怖いですよ
 疑似体験せよ雪山遭難 起死回生の血路

 (『エベレスト 3D』をラップで説明)


■メルマガ読者限定ハミダシPodcast「シアター野郎 劇場一番星」ガチ話!
 ※毎週、読者さんだけにガチな話をしております

 <今週のガチ話は――!?> 

 ・『PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~』延長戦。トラウマって大切。
 ・僕らのベスト「人が空を飛ぶ映画ベスト」。東洋的飛行と西洋的飛行。
 ・意外と観たことない名作映画ってある?入江悠監督の場合は…?
 ・12月12日の僕モテイベントに関する企画会議。新しい小冊子に関して。などなど



■メルマガ編集担当の書評コーナー「これは映画になりますか?」
<ドッグイア!>
 伊坂幸太郎は、「嘘A→嘘B」の順、
 つまり「信じやすい嘘→信じにくい嘘」の順に、
 緻密に嘘を積み上げる。

 (『グラスホッパー』伊坂幸太郎、について)


以上、カット職人的<ドッグイア>でした。
そしてそして!
僕モテ大忘年会、開催しますよ!
チケットも絶賛発売中ですー。
内容もけっこう固まってきましたので、妄想しつつ当日までお待ち下さい。



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【告知】 今年は12月12日@阿佐ヶ谷ロフトA! 僕モテ恒例年末イベントのお知らせ。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 今年もやります! 僕モテ恒例年末イベント!
 2015年末は「モテデミー賞発表」+「僕モテ大忘年会」。
 どんな企画が飛び出すかはただいま仕込中なので乞うご期待。
 ちょっと大きくなった会場で、2015年の映画をみんなでワイワイ語りましょう。

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

 【NEW! フライヤーできました!】

 http://norainu-film.heteml.jp/mote/img/motedemy.png

 ※僕モテIT担当の宮川くん作成のフライヤー! 
  気になるあの子に送りつけ、モテデミーデートなんていかがか!

 【イベントページできました!】
 http://www.loft-prj.co.jp/schedule/lofta/39470

 【NEW! 内容更新!】

 第一部は「僕モテ大忘年会」!
 今年一年を振り返りつつ、
 「僕モテ的10大ニュース」をプレゼンバトル形式で! 

 第二部は「2015年モテデミー賞発表」!
 今年もっともモテた俳優は、女優は、作品は――!?
 毎年恒例、執筆者対抗プレゼンバトルの行方は!? 

 第三部は「2015年僕モテ大賞発表」!
 2015年の僕モテメルマガベスト号は!? ベスト記事は!? ベスト3行レビューはっ!?

 時間はたっぷり3時間!
 読者/執筆陣/一般客、入り混じっての映画談議!

 ※内容は変更となる可能性があります

 【イベント概要】
 Asagaya/Loft A 8th Anniversary
 入江悠presents『僕らのモテるための映画聖典』大忘年会&「2015年モテデミー賞発表」

 [日程]2015年12月12日(土曜日)
 
 [時間]開場18:00/開演19:00/終演22:00

 [会場]阿佐ヶ谷ロフトA  http://www.loft-prj.co.jp/lofta/

 [出演]

 入江悠(映画監督)
 駒木根隆介(俳優)
 上鈴木伯周(ラッパー)
 林賢一(脚本家・放送作家)
 森下くるみ(女優・文筆家)
 大川喬司(編集長)

 ほかスペシャルゲスト予定!

 [料金]前売1,600円/当日2,100円(共に飲食代別)

  ※前売券はイープラスにて発売中。
 http://eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002174047P0050001P006001P0030001

 [お問合せ]阿佐ヶ谷ロフトA(03-5929-3445)


ぜひぜひ2015年の締めくくりとして、
みんなで飲みましょう!


「僕らのモテるための映画聖典」は毎週配送中です。

「まぐまぐ」
http://www.mag2.com/m/0001320971.html

ニコニコ動画のブロマガ
http://ch.nicovideo.jp/eigamote/blomaga


あわせて、よろしくお願いします。
それでは、今週号でまたお逢いしましょう。

《ドッグイア》【vol.146】「童話と映画」特集号(カット職人・林)

こんにちは。
メルマガ「僕らのモテるための映画聖典」で、
「映画のカット数を数えて報告する」連載をやっております、
カット職人の林です。

先週の配送号、楽しんでいただけたでしょうか?
月のアタマの1週目は、特集を組んでいます我らが僕モテメルマガ。
11月の特集は……

「童話と映画」

でした。

・童話ってそもそも何だろう?
・それは映画にどう関係しているんだろう?

なんてことを執筆陣一同、うんうん唸りながら、
お届けした号となりましたが、みなさまの「童話」心に
少しでも火がつけられたのであればこれ幸いでございます。

さて。
そんな号の<ドッグイア>いってみましょうか!

この記事は<僕モテ・ドッグイア>ということで、
わたくしがメルマガの中で「これは!」と思った各連載の文章をフックアップしていきます。

ページの端っこを折る、いわゆる「ドッグイア」。
それをメルマガでやろう、という趣旨でございます。
気がつくと、既読メールの残骸の中に埋もれていってしまう。
それじゃあもったいないし、読み直したいときに探せない。

メルマガをすでにお読みの方は、おさらい感覚で。
まだ登録はしてないけれど興味のある方は、覗き見感覚で。
我々の存在すら知らなかった方は、パンチライン祭りを通り過ぎる感覚で。


それぞれの読み方で、使っていただけたら、と思います。

早速、まいりましょー。
連載順に、ドンドン<ドッグイア>してゆきますよ!


■入江悠の身辺雑記「映画でモテると思ってた」
<ドッグイア!>
 そもそも、童話に含まれる寓話的な要素は
 普遍的かつ教訓的なので、
 積極的に映画の下敷きにすべきだ、
 とすら言い切ってしまいたくなります。

 (童話について)


■執筆陣がこの一週間で観た映画を採点「みんなの☆映画レビュー」

 公開中の映画をしがらみ抜きの本音でレビュー!

 ☆☆☆…観ずに死ねるかっ
 ☆☆……ヒマつぶしに、是非
 ☆………観なくていいかも
 の3段階ガチ評価です。取り上げた映画は……

『PAN ネバーランド、夢のはじまり』
『ヴィジット』
『ヒトラー暗殺、13分の誤算』
『メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮』
『審判』
『ミッドナイト・アフター』
『光のノスタルジア』
『トランスポーター イグニション』
『エール!』
『裁かれるは善人のみ』

 試写会NGの自腹鑑賞&しがらみナシのガチレビュー。
 是非、メルマガで確認してみて下さい。



■ボールペン画伯・佐藤圭一朗の1コマ劇場「映画・狂人画報」
<今週の一枚>
 ホラーこそ童話なのだ。『壁の中に誰かがいる』


■入江悠が、ちょっとマジメに考えた。「モテる大人になるための映画術」
<ドッグイア!>
 デジタルでは空間や背景を後処理で描くため、
 「あえて」カメラアングルやレンズ選択に制限をつけないと
 節操がなくなる。これは演出だけではなく、
 舞台を選択する脚本家にも言えることです。

 (『PAN ネバーランド、夢のはじまり』について)


■放送作家・林賢一のストイック映画評「終わった恋と、映画を数える・改」
<ドッグイア!>
 『ふしぎの国のアリス』のカット数は
 【1163カット】でした。
 上映時間は75分なので、1カット平均は約3.9秒になります。



■俳優・駒木根隆介の役者論「俳優麺論」
<ドッグイア!>
 厳しくてやりきれないことも沢山ある現実、
 たまには温まったっていいじゃない!
 それが作り話であったって!

 (『ビッグ・フィッシュ』について)


■女優・森下くるみの完全女子目線映画評「乙女は映画に恋をした」
<ドッグイア!>
 いつか王子様が迎えに来てくれて
 一生幸せに暮らせるのだとしても、
 相応の苦労があってのことなのです。
 なので、真の乙女こそ、一番鋭い棘を踏むのかもしれません。

 (『パンズ・ラビリンス』について)


■ラッパー・上鈴木伯周の「すべての映画はヒップ・ホップである」
<ドッグイア!>
 童話は、「まー不思議なことっていろいろあるからね。」と、
 「そういうのと折り合い付けてこその世界だからね。」と、
 そんな諭しをくれているような気がします。

 (『ブラザーズ・グリム』について)


■メルマガ読者限定ハミダシPodcast「シアター野郎 劇場一番星」ガチ話!
 ※毎週、読者さんだけにガチな話をしております

 <今週のガチ話は――!?> 

・『ボクは坊さん。』延長戦。『ヒメアノ~ル』の話。『バクマン。』の話など。
・本邦初の情報公開!入江監督の最新作ってどんな映画になるの?
・僕らのベスト「聖職者映画ベスト」。今週もお勉強になりますー!
・『岸辺の旅』、俳優・本木雅弘、黒沢清、イベントの話、などなど。



■メルマガ編集担当の書評コーナー「これは映画になりますか?」
<ドッグイア!>
 少年時代のわたしは「自分より少し大きな星に住む王子」
 というモチーフしか理解できなかった。
 童(わらべ)に理解できないのだから、本作は童話ではない。
 しかし、モチーフと物語をつなぐ「関係性」を結晶のように
 描いたという点で、本作は童話的だ。

(『星の王子さま』[作]サン=テグジュペリ[訳]内藤 濯(岩波書店)について)


以上、カット職人的<ドッグイア>でした。
そしてそして!
僕モテ大忘年会、開催しますよ!
チケットも絶賛発売中です!

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【告知】 今年は12月12日@阿佐ヶ谷ロフトA! 僕モテ恒例年末イベントのお知らせ。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 今年もやります! 僕モテ恒例年末イベント!
 2015年末は「モテデミー賞発表」+「僕モテ大忘年会」。
 どんな企画が飛び出すかはただいま仕込中なので乞うご期待。
 ちょっと大きくなった会場で、2015年の映画をみんなでワイワイ語りましょう。

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

 【イベントページできました!】
http://www.loft-prj.co.jp/schedule/lofta/39470

 第一部は「僕モテ大忘年会」!
 入江悠監督作『ジョーカー・ゲーム』公開年でもあった2015年を、ゲストを交えて振り返る!
 入江悠大反省会となる可能性も!?

 第二部は「2015年モテデミー賞発表」!
 今年もっともモテた俳優は、女優は、作品は――!?
 毎年恒例、執筆者対抗プレゼンバトルの行方は!? 

 時間はたっぷり3時間!
 読者/執筆陣/一般客、入り混じっての映画談議!

 【イベント概要】
 Asagaya/Loft A 8th Anniversary
 入江悠presents『僕らのモテるための映画聖典』大忘年会&「2015年モテデミー賞発表」

 [日程]2015年12月12日(土曜日)
 
 [時間]開場18:00/開演19:00/終演22:00

 [会場]阿佐ヶ谷ロフトA  http://www.loft-prj.co.jp/lofta/

 [出演]

 入江悠(映画監督)
 駒木根隆介(俳優)
 上鈴木伯周(ラッパー)
 林賢一(脚本家・放送作家)
 森下くるみ(女優・文筆家)
 大川喬司(編集長)

 ほかスペシャルゲスト予定!

 [料金]前売1,600円/当日2,100円(共に飲食代別)

 ※前売券はイープラスにて発売中。
http://eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002174047P0050001P006001P0030001

 [お問合せ]阿佐ヶ谷ロフトA(03-5929-3445)


ぜひぜひ2015年の締めくくりとして、
みんなで飲みましょう。


「僕らのモテるための映画聖典」は毎週配送中です。

「まぐまぐ」
http://www.mag2.com/m/0001320971.html

ニコニコ動画のブロマガ
http://ch.nicovideo.jp/eigamote/blomaga

あわせて、よろしくお願いします。
それでは、今週号でまたお逢いしましょう。

「シアター野郎 劇場一番星」Podcast vol.60『PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~』@TOHOシネマズ六本木ヒルズ


僕たちが「映画」を観るのは、「映画館」。
あまたの「映画」が語られど、「映画館」はさほど語られず。
ならば、メルマガ「僕らのモテるための映画聖典」が立ち上がろう!
【映画と映画館を同時に語る】それが……

シアター野郎 劇場一番星

今回取り扱う映画は…
PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~
そしてウォッチする映画館は
TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
です!

是非お聞き下さいませ~

■コーナー内容
[1]「今週のメルマガMVPは誰だ?」
[2]「映画館でモテよう!」 モテポイント/非モテポイント
[3]「僕モテ連載的にコメントしていくぜ!3分で!」
[4]「質問のコーナー」
[5]「シアタービンゴ」のコーナー


■今回の参加者
入江悠(映画監督)
駒木根隆介(名優)
上鈴木伯周(ラッパー)
・佐藤圭一朗(制作プロデューサー)
・大川喬司(編集長)

■今回のキーワード
/TOHOシネマズ 六本木ヒルズ/『PAN~ネバーランド、夢のはじまり~』/「人が空を飛ぶ映画ベスト」/入江悠/駒木根隆介/上鈴木伯周/P.O.P/SHO-GUNG/童話/シネマート六本木/ルーニー・マーラ/ニルヴァーナ/ヒュー・ジャックマン/貴種流離譚/飛行模写/お父さん目線/映画とCG/お台場シネマメディアージュ/『劇場版 MOZU』/僕モテメルマガに物申す!お便り待ってます
■劇場一番星Podcast vol.60『PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~』@TOHOシネマズ六本木ヒルズ





スマホ用ダウンロード(mp3)

こちらが話題のアプリ
シネマルーレット(ios板)


シネマルーレット

■RSS、iTunes対応してますよ!
・気軽に更新情報が確認できますよ。
RSS podcasting iTunessに登録

次回の課題映画館と作品は…
お台場シネマメディアージュ

劇場版 MOZU


そして
来週のメルマガ読者限定ガチ話
「僕らのベスト」は「鳥映画ベスト」です!


では、次回も映画館をウォッチしていきましょう!
このポッドキャストの感想もお待ちしていますよ。

メルマガ登録はお気軽に!

↑初月だけ読んで辞めれば0円!!↑

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

今週のメルマガは月あたまの特集号「童話と映画」。僕が紹介するのは『PAN ネバーランド、夢のはじまり』(入江悠)

こんにちは、入江悠です。

11月になりましたね。
今週は月のあたまの特集号でメルマガをお送りします。
題して、「童話と映画」特集!

なぜ、このテーマなのか!?
ということについてメルマガの巻頭エッセイに書きました。
ぜひメルマガをお読みいただけると幸いなのですが、少しだけ転載しておこうと思います。

今週メルマガ巻頭エッセイより・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

童話とは何か。
広辞苑を引いてみると、こう書かれています。

・こどものために作った物語。
 お伽話のほか、伝説・寓話などを含む。

大事なのは、2行目です。
「お伽話のほか、伝説・寓話などを含む」。
これってほぼすべての物語の原型を指すのではないでしょうか。
伝説は、さまざまな形になって、今の映画でも語られています。
寓話は、ローマ・ギリシャ神話をはじめとして、
世界各地の古来伝承の神話や物語に込められています。

ちょっと多めになりますが、代表的な童話を挙げてみます(wikipediaより)。
「赤ずきん」「ウサギとカメ」「浦島太郎」「金太郎」「三匹の子豚」
「一寸法師」「白雪姫」「シンデレラ」「人魚姫」「グリム童話」など。

誰もがパッと見て、
ディズニーは童話そのものを多く映画にしていることに気づきます。
また、ハリウッドでは昔から『オズの魔法使い』や『グリム童話』などを、
実写映画にしてきました。

さらに、名作と呼ばれる映画を見ていくと、
深層レイヤーでは童話をベースにしているものも多々あります。
最近読んだものでは、「<映画の見方>がわかる本」(洋泉社)の中で、
著者の町山智浩さんが、こう指摘されています。
(つづく)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


というわけで、今週は執筆者全員がどどーんと「童話と映画」特集。
僕は現在、公開中のこの映画について論じます。

『PAN ネバーランド、夢のはじまり』

PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~

また、ほかの執筆陣の取り上げる「童話映画」はこのようになっています。

佐藤圭一朗(画伯)・・・・・・『壁の中に誰かがいる』
林賢一(カット職人)・・・・・・『ふしぎの国のアリス』
駒木根隆介(名優)・・・・・・『ビッグ・フィッシュ』
上鈴木伯周(ラッパー)・・・『ブラザーズ・グリム』
森下くるみ(女優・文筆家)『パンズ・ラビリンス』
大川編集長・・・・・・・・・・・・『星の王子様(原作)』

さあ、どんな深いところまでおりていけるのか!?
今週もぜひメルマガお楽しみいただけると幸いです!
はじまり、はじまり。

メルマガ登録はお気軽に!

↑初月だけ読んで辞めれば0円!!↑

《ドッグイア》【vol.145】「大人の映画」ってなんだろう? 号(カット職人・林)

こんにちは。

メルマガ「僕らのモテるための映画聖典」で、
「映画のカット数を数えて報告する」連載をやっております、
カット職人の林です。

11月ですね。
冬っすね。
寒いっすね。
東京の端っこa.k.a.高尾に住んでいるので、
もう薪ストーブつけちゃいました。
と、まぁ、近況はさておき。

月の頭の1週目配送号は、特集を組んでいます我らが僕モテメルマガ。
11月の特集は……

「童話と映画」

です。
果たして、僕モテクルーがどんな作品をピックアップするのか?
配送までもうしばしお待ち下さい。

さて。
先週配送号は読者の皆様から「神回」とのご意見もいただき、
執筆陣一同、とても励みになりました。

そんな号の<ドッグイア>いってみましょうか!

この記事は<僕モテ・ドッグイア>ということで、
わたくしがメルマガの中で「これは!」と思った各連載の文章をフックアップしていきます。

ページの端っこを折る、いわゆる「ドッグイア」。
それをメルマガでやろう、という趣旨でございます。
気がつくと、既読メールの残骸の中に埋もれていってしまう。
それじゃあもったいないし、読み直したいときに探せない。

メルマガをすでにお読みの方は、おさらい感覚で。
まだ登録はしてないけれど興味のある方は、覗き見感覚で。
我々の存在すら知らなかった方は、パンチライン祭りを通り過ぎる感覚で。

それぞれの読み方で、使っていただけたら、と思います。

早速、まいりましょー。
連載順に、ドンドン<ドッグイア>してゆきますよ!


■入江悠の身辺雑記「映画でモテると思ってた」
<ドッグイア!>
 子供に「媚びる」映画の作り方をし続けて、
 気づいたらおじいさんになってました、なんて嫌じゃないですか。
 老いた時に映画が自分の娯楽じゃなくなってたら寂しいじゃないですか。



■執筆陣がこの一週間で観た映画を採点「みんなの☆映画レビュー」

 公開中の映画をしがらみ抜きの本音でレビュー!

 ☆☆☆…観ずに死ねるかっ
 ☆☆……ヒマつぶしに、是非
 ☆………観なくていいかも
 の3段階ガチ評価です。取り上げた映画は……

『光のノスタルジア』
『真珠のボタン』
『マーシュランド』
『アメリカン・ドリーマー 理想の代償』
『ヴィジット』
『映像の魔術師 オーソン・ウェルズ』
『ジョン・ウィック』
『岸辺の旅』
『ピッチ・パーフェクト2』
『白い沈黙』
『メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮』
『ゾンビ・ガール』
『恐怖ノ白魔人』
『ミッドナイト・アフター』
『ボクは坊さん。』
『カンフー・ジャングル』
『バクマン。』


■ボールペン画伯・佐藤圭一朗の1コマ劇場「映画・狂人画報」
 <今週の一枚>
 真のパニック映画は作り手のパニックで完成する!!『ミッドナイト・アフター』


■入江悠が、ちょっとマジメに考えた。「モテる大人になるための映画術」
<ドッグイア!>
 ここで、僕がこの映画を心底すごいと思ったのは、
 これらがいわゆる「マクロからミクロまで」的な視点で描かれないところ。
 すべてがつながりあって、関わりがあり、同じ時空の出来事である。

 (『光のノスタルジア』について)


■放送作家・林賢一のストイック映画評「終わった恋と、映画を数える・改」
<ドッグイア!>
 『ヒトラー暗殺、13分の誤算』のカット数は【1527カット】でした。
 上映時間は114分なので、1カット平均は約4.5秒になります。



■俳優・駒木根隆介の役者論「俳優麺論」
<ドッグイア!>
 辛ネギ発動以降のキアヌ麺は、
 51歳とは思えない素晴らしい腰とキレを見せてくれます。
 多少麺自体の味が薄くっても問題なしです!

 (『ジョン・ウィック』について)


■女優・森下くるみの完全女子目線映画評「乙女は映画に恋をした」
<ドッグイア!>
 「僕は悩み苦しんでいる女性の邪念を取って差し上げたいと思ったんですね。
 だから、お部屋で整体をしてあげたり、
 仏様の前でお祈りしてあげたりですね……」と坊さん節で説明されました。
 いや、悪い方ではないんですがね。

 (『ボクは坊さん。』について)


■ラッパー・上鈴木伯周の「すべての映画はヒップ・ホップである」
<ドッグイア!>
 母の元を離れ 二人で旅に出る幼い姉弟
 迎える祖父母曰く「楽しんでちょうだい」
 段々と日常に不穏が訪れ ホラーの状態
 どんでん返し!シャマラン節のSHOW TIME

 (『ヴィジット』をラップで説明)


■メルマガ読者限定ハミダシPodcast「シアター野郎 劇場一番星」ガチ話!
 ※毎週、読者さんだけにガチな話をしております

 <今週のガチ話は——!?> 

 ・『カンフー・ジャングル』延長戦、つまり圭一朗画伯のドニー講座! みんなでドニろう!
 ・僕らのベスト「ジャングル映画ベスト」。入江監督が語るジャングル映画とは?
 ・『バクマン。』を真剣に語ってみよう。入江監督、圭一朗画伯、名優・駒木根が熱い!
 ・その他、『マーシュランド』って僕モテ映画さっ!入江ニッポン映画紀行、尾道の話とか。


■メルマガ編集担当の書評コーナー「これは映画になりますか?」
<ドッグイア!>
 「無限の男気を持つ男子と無限の女子力を持つ女子の恋愛」
 そこからなにが生まれるのか?(中略)
 『俺物語!!』の魅力は実験・観察・発見の気持ち良さにある。

 (『俺物語!!』[作画]アルコ[原作]河原和音 について)


以上、カット職人的<ドッグイア>でした。
そしてそして!
僕モテ大忘年会、開催しますよ!

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■今年は12月12日@阿佐ヶ谷ロフトA! 僕モテ恒例年末イベントのお知らせ。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 今年もやります! 僕モテ恒例年末イベント!
 2015年末は「モテデミー賞発表」+「僕モテ大忘年会」。
 どんな企画が飛び出すかはただいま仕込中なので乞うご期待。
 ちょっと大きくなった会場で、2015年の映画をみんなでワイワイ語りましょう。

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

 【イベント概要】
 Asagaya/Loft A 8th Anniversary
 入江悠presents『僕らのモテるための映画聖典』大忘年会&「2015年モテデミー賞発表」

 [日程]2015年12月12日(土曜日)
 
 [時間]開場18:00/開演19:00/終演22:00

 [会場]阿佐ヶ谷ロフトA  http://www.loft-prj.co.jp/lofta/

 [出演]

 入江悠(映画監督)
 駒木根隆介(俳優)
 上鈴木伯周(ラッパー)
 林賢一(脚本家・放送作家)
 森下くるみ(女優・文筆家)
 大川喬司(編集長)

 ほかスペシャルゲスト予定!

 [料金]前売1,600円/当日2,100円(共に飲食代別)

 ※前売券はイープラスにて近日発売。

 [お問合せ]阿佐ヶ谷ロフトA(03-5929-3445)



「僕らのモテるための映画聖典」
「まぐまぐ」
http://www.mag2.com/m/0001320971.html

ニコニコ動画のブロマガ
http://ch.nicovideo.jp/eigamote/blomaga


にて毎週配信中ですので、
あわせて、よろしくお願いします。

それでは、明日の配信号でお逢いしましょう。
ではまた。

「シアター野郎 劇場一番星」Podcast vol.59『ボクは坊さん。』@TOHOシネマズ日本橋


僕たちが「映画」を観るのは、「映画館」。
あまたの「映画」が語られど、「映画館」はさほど語られず。
ならば、メルマガ「僕らのモテるための映画聖典」が立ち上がろう!
【映画と映画館を同時に語る】それが……

シアター野郎 劇場一番星

今回取り扱う映画は…
ボクは坊さん。
そしてウォッチする映画館は
TOHOシネマズ 日本橋
です!

是非お聞き下さいませ~

■コーナー内容
[1]「今週のメルマガMVPは誰だ?」
[2]「映画館でモテよう!」 モテポイント/非モテポイント
[3]「僕モテ連載的にコメントしていくぜ!3分で!」
[4]「質問のコーナー」
[5]「シアタービンゴ」のコーナー


■今回の参加者
・入江悠(映画監督)
・駒木根隆介(名優)
・上鈴木伯周(ラッパー)
・大川喬司(編集長)

■今回のキーワード
TOHOシネマズ日本橋/『ボクは坊さん。』/ハロウィンとモテ/童話と映画/『岸辺の旅』/『マーシュランド』/シネマテーブル/『光のノスタリジア』/僕モテイベント大忘年会/『俺物語』/『ヒトラー暗殺、13分の誤算』/コレド室町/Def Tech/仏教/イッセー尾形/伊藤淳史/遠藤雄弥/動物性のなさ/吉田恵輔/新宿武蔵野館/シネマカリテ/『ヒメアノ~ル』/TOHOシネマズ 六本木ヒルズ/『PAN~ネバーランド、夢のはじまり~』/「人が空を飛ぶ映画ベスト」/僕モテメルマガに物申す!お便り待ってます
■劇場一番星Podcast vol.59『ボクは坊さん。』@TOHOシネマズ日本橋





スマホ用ダウンロード(mp3)

こちらが話題のアプリ
シネマルーレット(ios板)


シネマルーレット

■RSS、iTunes対応してますよ!
・気軽に更新情報が確認できますよ。
RSS podcasting iTunessに登録

次回の課題映画館と作品は…
TOHOシネマズ 六本木ヒルズ

PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~


そして
来週のメルマガ読者限定ガチ話
「僕らのベスト」は「人が空を飛ぶ映画ベスト」です!


では、次回も映画館をウォッチしていきましょう!
このポッドキャストの感想もお待ちしていますよ。

メルマガ登録はお気軽に!

↑初月だけ読んで辞めれば0円!!↑

メルマガ登録はコチラ!

映画モテ太





Podcast「シアター野郎 劇場一番星」
「シアター野郎 劇場一番星」は映画館と映画を同時に語って応援するPodcastです。チェックしときな!!
RSS podcasting
iTunessに登録
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Podcast Ranking