【試し読み】僕らのモテるための映画聖典【vol.3】 

2012年01月23日発行
\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\

┏━━━━━━━┳━┳━━┳━┳━┳━┳━┳━┓ ┌────┐
┃入江悠presents┃僕らのモテるための映画聖典     【vol.3】 
┗━━━━━━━┻━┻━━┻━┻━┻━┻━┻━┛ └────┘

\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\

映画監督・入江悠と仲間たちがすべての映画を愛する人へ贈る
「映画でモテる!」ための映画メルマガです。

〓【 I N D E X 】=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=
 
 【 01 】 … 入江悠の身辺雑記「映画でモテると思ってた」

 【 02 】 … 執筆陣がこの一週間で観た映画を採点「みんなの☆映画レビュー」

 【 03 】 … 発掘せよ! 入江悠の「モテるための昭和日本映画」(隔週掲載)

 【 04 】 … 放送作家・林賢一のストイック映画評「終わった恋と、映画を数える」

 【 05 】 … 俳優・駒木根隆介の役者論「俳優麺論」 
※今週の全文公開!
 【 06 】 … ラッパー・上鈴木伯周がHIPHOP映画を語る「僕は黒人と結婚したかった」

 【 07 】 … 女優ライター・ハルカのホラー映画日記「怖いのダメって言ったじゃないですかっ」

 【 08 】 … メルマガ編集担当の予告編妄想記「モテてる俺は、予告で十分」
 
 【 09 】 … これ観りゃモテる!「デートのための映画データベース」

 【 10 】 … 編集部より

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 01 】 入江悠の身辺雑記「映画でモテると思ってた」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

映画監督・入江悠が、映画を巡る東奔西走の日々を綴ります。
可笑しくて、やがて哀しい疾走映画ダイアリー!

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

 先週は、元俳優で現ハイパーメディアフリーターの黒田勇樹さんと
 トークイベントでお会いしてきました。
 黒田さんは僕の男子校の同級生に似ていて、控室に入った時に、
 「あ、大塚、ひさしぶり!」と言いそうになって、慌ててこらえました。
 それはどうでもいいのですが、
 黒田さんはかつて子役としてたくさんのドラマに出演していて、
 僕もその姿をよくテレビで観ていたものです。
 しかし、いつしかその姿が消え、誰もがその存在を忘れて……数年後。
 黒田さんはハイパーメディアフリーターとして再びその姿を現したのでした。
 その黒田さんとなぜか私、入江悠が二人でトークイベントをやることに。
 いやー、人生って何があるか分かりませんね。


続きはメルマガで→

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 02 】 執筆陣がこの一週間で観た映画を採点「みんなの☆映画レビュー」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 公開中の映画を中心に、しがらみ抜きの本音でレビュー!
 ☆  …観る価値なし
 ☆☆ …ヒマ潰しに、是非
 ☆☆☆…観ないで死ねるかっ
 の3段階ガチ評価です。

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

続きはメルマガで→

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 03 】発掘せよ! 入江悠の「モテるための昭和日本映画」(隔週掲載)

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 映画監督である前に、ひとりの超絶映画マニアである入江悠が、
 昭和日本映画の名作・奇作・珍作・問題作ぜんぶまとめてご紹介。
 モテの極意が知りたいならば、昭和の映画屋に聞いてみなっ!

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

┌──────┬───────────────────────────┐
【今週のお題】  『愛のコリーダ』(大島渚)
└──────┴───────────────────────────┘

 <きちさん、お前、まだ出来るのかえ~~?>
 寝てもやりまくり、起きてもやりまくり。
 どんな時もずっと一緒にいてセックスしまくり。
 男と女は、目が合えばすぐに挿入、肌を寄せ合う。
 互いが絶頂で果てるまで、何度も、何度もよがりあう。
 生活の隅々までセックスと愛と呪いの言葉が支配する。
 いつしか、女は男の棒への所有欲が抑えきれなくなり……。

 僕の性生活の話ではない。
 (そうだったら、どれだけ素晴らしいことか!!)
 昭和の日本映画史を強烈に彩った『愛のコリーダ』の内容だ。
 画面はむき出しの男女の裸と性器を隠すことなく映し出す。
 セックスも、ピンク映画のように前張りをした疑似行為ではなく、
 性器を大写しにされ、役者は実際に本番行為をする。
 当時、物議を醸した(今でも醸すだろう)『愛のコリーダ』。
 その監督、大島渚がつい先日逝った。

続きはメルマガで→
 
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 04 】 放送作家・林賢一のストイック映画評「終わった恋と、映画を数える」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

話題の映画はいくつの「カット」で構成されているのか――?
デジタルカウンターを握りしめ、ひたすら映画を「数える」ことを誓った男は、
カウンターの数字を通して映画の真実に辿りつくことができるのか!?

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

┌──────────┬──────────────────────────────────────┐
 【Vol.3】   『テッド』を数えてみた
└──────────┴──────────────────────────────────────┘

【今週のカット数】
 『テッド』      1755カット(1カット平均3.6秒)
 『ロンドンゾンビ紀行』1572カット(1カット平均3.3秒)
 『映画 鈴木先生』   779カット(1カット平均9.5秒)
 『ミツバチのささやき』 516カット(1カット平均11.5秒)
 『エル・スール』    524カット(1カット平均10.8秒)

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

 『テッド』を数えてみたら1755カットで、1カット平均3.6秒だった。

 >なぜか命が宿ってしまったテディ・ベアと大人になりきれない男の友情を描き、
 >全米で圧倒的なヒットを記録したコメディ。マーク・ウォールバーグが
 >過激な中年テディ・ベアとタッグを組んで、絶妙な掛け合いを見せる。
 http://www.youtube.com/watch?v=aT7HsrfiZ4g

 コメディ映画ってそれほどカット数は多くない、と思っていた。
 僕が数えた範囲だとウディ・アレン『恋のロンドン狂騒曲』は313カットだし、
 川島雄三の喜劇だって、300~500カット程度だから、そう勝手に思っていた。

 だけれども、それは甘かった。
 『テッド』はカットを割りまくっていた。
 例えば「007」シリーズ最新作と比べてみると一目瞭然だ。


続きはメルマガで→

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 05 】 俳優・駒木根隆介の役者論「俳優麺論」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

入江悠監督作「SR サイタマノラッパー」で主演のMC IKKUを演じ、
現在は舞台・映画・テレビドラマ・CM等で幅広く活躍する俳優・駒木根隆介。
玄人好みの演技上手で知られる彼が、銀幕に映る優たちの演技を大好物の「麺」にたとえて論じます!

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+
┌─────┬───────────────────────────┐
【第三麺論】 『レ・ミゼラブル』のラッセル・クロウと
       コンビニ限定カップラーメンの問題~蒙古タンメン中本の場合~
└─────┴───────────────────────────┘

 こんにちは!
 七草粥のシーズンくらいからなんだか忙しく
 今週はラーメンも食べてなきゃ映画も観れてない上にモテてもいない駒木根です。
 由々しき問題ですね。

 こんなに不甲斐ない現状の一方で、モテにモテているモテ俳優の代名詞、
 ハリウッド俳優が憎くて憎くてしょうがありません。
 なので今回は今年に入って唯一観ている映画『レ・ミゼラブル』の、
 特にラッセル・クロウの演技が何故ダメかについて、分かりやすく麺に例えてお話ししようと思います。
 
 まず断言します。
 現在公開中の映画『レ・ミゼラブル』は「蒙古タンメン中本」です。
 
続きはメルマガで→
 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
※今週の全文公開!
■【 06 】ラッパー・上鈴木伯周がHIPHOP映画を語る「僕は黒人と結婚したかった」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

「SRサイタマノラッパー」シリーズの3作のラップをほぼすべて監修し、
DJ TKD役として出演もしているラッパー・上鈴木伯周。
実は日本大学芸術学部映画学科卒業の彼が、HIPHOP映画を語り尽くす!

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+
┌─────┬───────────────────────────┐
 【Vol.3】  『Wild Style』1982年公開/アメリカ
└─────┴───────────────────────────┘

 「やっぱりHIP HOPはモテる!」

 この映画を観て、改めて僕はそう確信しました。


 1982年にアメリカで公開された映画『Wild Style』は、
 「ヒップ・ホップのバイブル」とも呼ばれています。なぜかといえば、
 1970年代後半からアンダーグラウンドで着々と芽吹いていたHOP HOPカルチャーを、
 いよいよ全米に向けて、いや、全世界に向けて発進した作品だからです。
 (日本でも1983年に公開され、ジャパニーズ・ヒップホップ誕生のきっかけになりますね。)

 本作は、グラフィティ・ライターのレイを主人公にした劇映画でありがら、
 「グラフィティ・DJ・ラップ・ブレイクダンス」(←覚えていないと、クラブではモテませんよ!)
 というHIP HOPの4大要素のリアルな現場をそのまま映し出す、
 いわばセミ・ドキュメンタリーと言える作品です。

 内容はというと、こんな感じ。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
 深夜 まっ暗い 地下鉄の倉庫 in ニューヨーク
 金網破り 静かに忍び込む まるでムーンウォーク

 おもむろに ラッカースプレーを カラカラと振る
 本能のままに 地下鉄に描く落書き 凄くカラフル

 帰り道に 立ち寄る いつも行く馴染みの クラブ
 オーディエンスはもちろん ほとんどが ブラック
 DJが繋ぎ合わせるドラム音 つまりブレイクビーツ
 に合わせラップするコールドクラッシュ・ブラザーズ

 交互に 大技を決める ブレイク・ダンサー
 輪になり盛り上げるのが 観客らのアンサー
 こうした毎夜の連鎖 で HIP HOPは 花開いた
 異物混入 噂聞きつけ来てた 白人女性ライター

 クライマックス 会場は トンプキンス公園
 でっかい野外ライブを かますぜ Oh Yeah!
 ラッパーが盛り上げる コール&レスポンスを発する
 と 老若男女が歌い踊り 叫びだす つまりハッスル

 ゴールなんてなく ラップとダンスが繰り返され 延々と夜
 が更ける 盛り上がる人々をバックに流れる エンドロール

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲


 今回のメルマガ記事を書くにあたり約10年ぶりに観返したのですが、
 改めて出演しているアーティストの豪華なこと豪華なこと。

 今やグラフティ・アートの巨匠となり、
 数々の広告作品なども手がけるようになった
 主人公レイ役の「Lee Quinones(リー・キュノネス)」。

 音楽では、
 スクラッチを世に広めた「3大DJ」のひとり、
 「Grandmaster Flash(グランドマスター・フラッシュ)」。
 メンバーのCaz(カズ)が、
 世界初のラップ・レコードと言われる「Rapper's Delight」のリリックを手がけた事で有名な
 「Cold Crush Brothers(コールドクラッシュ・ブラザーズ)」。
 稀代のアーティストにして初期HIP HOPシーンの最重要人物
 「Fab 5 Freddy(ファブ・ファイブ・フレディ)」。

 ダンサーでは、
 現在でも世界的に活動を続けるブレイクダンス界のパイオニア、
 「Rock Steady Crew / RSC(ロック・スティディ・クルー)」。

 などなど、
 後にビッグネームとなり、モテにモテまくった人々の、
 エネルギッシュな下積み時代、つまり「モテかけている瞬間!」
 を垣間見ることができます。


 ここにヒントがあります!!


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

 主人公レイは 一度は振られてしまった プリティ
 な女子の気を引くために描き続ける グラフィティ

 ダンサーは日々 路上で繰り返す ブレイクダンス
 遠巻きに女子が見てる? 増やす出会いのチャンス

 クラブで毎晩パフォーマンス 観客をロックするDJやラッパー
 女子達は翌日おしゃべり 「あの人かっこいいよね、やっぱ!」

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲


 元々は、「自分が自分であるために」始めた自己表現としてのHIP HOP活動の果てに、
 「有象無象の中の凡人」ではなく、多少なりとも「特別である自分」になれた男は、自然とモテる。
 アメリカ社会に置き去りにされた黒人やプエルトリカン達が、
 いつの間にかHIP HOPという最先端カルチャーの旗手となり、白人にさえモテ出す。
 (劇中にもそんなシーンがありますね。)

 なんというアメリカン・ドリーム、モテリカン・ドリーム!

 さらに言えば、
 同世代に生まれたどの音楽ジャンル(例えばパンク、ハウス、テクノ、ニューウェーブなど)
 よりも息が長く、2010年代になってもまだまだ息切れしそうもないなHIP HOPは、
 今後も「モテるためには最適な音楽ジャンル」と言えるのではないでしょうか。

 ということで、「やっぱりHIP HOPはモテる!」と確信したのであります!
 だから僕は、まだまだマイクを握ってラップを続けます。
 (ダンスを始めれば、もっとモテるかな~~(゚ー゚)!?)

 しかし 今日も今日とて、モテたいっすね~( ´,_ノ` )y━・~~

■│■│ 「Wild Style(ワイルドスタイル)」作品情報 │■│■│■│■│■│■

 【監督】チャーリー・エーハン
 1973年にニューヨーク市へと移住し、アンダーグラウンド・アート・シーンで活動を始める。
 1980年の夏、ファブ・ファイヴ・フレディと共に伝説のグラフィティ・ライター、リー・キュノネスを主演とした
 映画『ワイルド・スタイル』の撮影に入る。1982年に世界中で公開されたこの作品は、
 ヒップホップ・カルチャーのバイブルと言われている。

 【音楽】クリス・スタイン / フレッド・ブラザウェイト
 サウンドトラック及び劇中の音源は、
 ナズの「The Genesis」(https://www.youtube.com/watch?v=Rhv5Wv5ehnA)、
 パブリック・エナミー「Louder Than a Bomb」(https://www.youtube.com/watch?v=N8EyAKh-XWQ)
 など、多くのアーティストの作品にサンプリング・ソースとして使用されているぞ!

 【余談】
 この映画が物語るように、
 HIP HOPカルチャーの中で一番最初に世間の注目を浴びたのはグラフィティ(落書き)でした。

 ビルの壁や地下鉄の側面に描かれたカラフルなグラフィティは、
 すぐさまニューヨーク中の人々の目に止まることになり、
 さらにはライターによって「新しいアート」と認められ、
 続いて手練手管のプロモーターから新しい金脈として認識されると、
 多くのグラフィティ作品やライター達がメディアに取り上げられていったのでした。
 (かの有名な画家バスキアなんかも、この流れの中の1人と言えますね。)

 しかし、行為自体から「軽犯罪」というレッテルがハズレない彼らは、
 のちに大進撃する音楽(ラップ/DJ)とは違い、一部の人間しか成功を手にできないのでした。

 本作は、そんな一面もストーリーとして内包していて秀逸!

■│■│■│■│■│■│■│■│■│■│■│■


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 07 】 女優ライター・ハルカのホラー映画日記「怖いのダメって言ったじゃないですかっ」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

あるときは女優、あるときはライター。
そんな小動物系サブカル女子・山口遥(ハルカ)に入江悠が出したお題は、
「毎週一本ホラー映画を観て、その感想をレビューせよ」というドS指令。
恐怖と好奇心の狭間で揺れる乙女心を目撃せよ!

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

┌───────┬───────────────────────────┐
【今週のホラー】 『シャイニング』(スタンリー・キューブリック)
└───────┴───────────────────────────┘

 最近、恐怖という現象について考えることが多くなりました。
 皆さんこんにちは。家族三人、カクカクシカジカ核家族。
 一人っ子歴27年の山口遥です。ぺこりん。

 そんな一人っ子の私がホラー映画以外に怖いもの。
 それは「トランプ」です。

 小・中・高と、なんらかの拍子で突如起こる「トランプブーム」。
 ブーム到来を察知した瞬間の私の動きは、雪山を駈ける野うさぎの如く、速い。

 「時が来た。今こそ教室を飛び出す時。」

 履き崩した上履きにかかとをしまい、自らの存在を空気と一体化させ、
 静かに、かつ、素早くその扉を開き、トイレという名のオアシスを目指すのです。

 何故そんなにトランプに怯えるのかって?
 それはね、

続きはメルマガで→

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 08 】 メルマガ編集担当の予告編妄想記「モテてる俺は、予告で十分」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

編集歴10年、妄想歴34年の本メルマガ編集担当・大川喬司が
映画館に足を運ぶことなく、予告編のみで映画の中身を語ります。
あれはイタコか!? 預言者か!? いいや、モテ編集者だっ!

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+
┌─────┬───────────────────────────┐
 【Vol.3】  今そこにある禁忌『ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮』
└─────┴───────────────────────────┘

 「見てはならないもの」
 というものが、2010年代、インターネットの世紀である現代にも存在する。
 日本のある地方では、1月のある日に海を見てはならないとされる。
 秘仏、ご神体、ある種の忌み物。
 見たら目が潰れる罰が当たるといった民間伝承は、未だ世界各地に多く残されており、
 それら「見るなの禁忌」と呼ばれるものは、依然として我々の周囲に存在する。

 たとえばそう――食卓における「おっぱい」。 

 家族の笑顔があふれる食卓で、
 誰もが観るともなしに眺めているテレビの画面に突如――おっぱい。
 トンカツを頬張ったお父さんの視界に、
 おかわりよそうお母さんの双眸に、 
 味噌汁をズズーッとすするお兄ちゃんの眼(まなこ)に、
 あたかもジューシーな肉まんふたつの風情で、おっぱい――


続きはメルマガで→


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 9 】「デートのための映画データベース」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 気になるあの子を誘って、映画館へ。自分も満足、彼女も満足の映画を探そう!

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

┌─────────────────────────┐
│【 後の祭りにもうしない、今週おわる映画 】
└─────────────────────────┘
 
 今週金曜日(25日)に終わる映画の中から、絶対に見逃せない作品をPICK UP! 
 チャンスはあと3日。急げ!

続きはメルマガで→
 
┌─────────────────────────┐
│【 誰より先に観ておきたい、今週はじまる映画 】
└─────────────────────────┘

 今週から公開がはじまる映画の中から、とくに期待大の映画をPICK UP! 
 これを観とけば映画の今が見えてくる!
 
続きはメルマガで→
 

┌─────────────────────────┐
│【 今週の名画座PICK UP! 】
└─────────────────────────┘
 古今東西の名画をスクリーンで観られるのが日本独自のシステム「名画座」の魅力。
 そんな名画座でいま観られる注目作を紹介!
 
続きはメルマガで→

┌─────────────────────────┐
│【試写会・イベントPICK UP!】
└─────────────────────────┘
 
 映画館で観るだけが映画じゃない!
 いつもと違う環境で楽しめる試写会や上映会情報。
 自力で当てて、あの子を誘おう!

続きはメルマガで→

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 10 】 特別企画! 入江悠VS黒田勇樹トークショー全再録、「映画廃優論」!

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 子役として大活躍し、現在は“ハイパーメディアフリーター”として活動中の黒田勇樹氏と、
 我らが入江悠が、23日からTSUTAYA限定レンタル開始のDVD
「ヘンリー・アンド・ザ・ファミリー」試写会のスペシャルトークショーで初顔合わせ!
 役者話、映画話、ダメ人間話(?)に花が咲いた20分間を、完全再録!

 ※当日の記事はこちら↓(映画.comより)
  http://eiga.com/news/20130118/4/

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

 司会 まずは、自己紹介からお願いします。

 入江 入江と申します。「SR サイタマノラッパー」という映画のシリーズなどをやっております。
 実は今日はのどを痛めているので、トークは黒田さんにお任せしたいと思います。初対面ですけど。

 黒田 ええっ。じゃあ……がんばります。
 えっと、1歳から子ども服のモデル。5歳で大河ドラマデビュー。8歳で帝国劇場で舞台デビュー。
 出るドラマ出るドラマ30%を超え……現在は食肉の加工工場で働いています、黒田勇樹です。
 家族がテーマの映画のトークショーに俺を呼ぶなんて、頭おかしいだろと思いながら
 今日は楽しくおしゃべりさせてもらいたいと思います。

 入江 黒田さんはいつまで俳優をやっていたんですか? 今の肩書きはハイパー……

 黒田 ハイパーメディアフリーターです。28歳でやめたんです。
 事務所と契約を更新する際に、だんだん仕事が減っていたのもあって。
 それまでずっととんとん拍子で、仕事が減っていたとはいえ食えていた。
 でも、まわりの役者さんとモチベーションが違うんですね。
 なんとしてもこの役をつかみとろうという人と、向こうから役がきていた自分と……。

 入江 なるほど、ケータリングに文句を言ったり……。

 黒田 ケータリングはおいしく食べてましたけど(笑)、ほかにやりたい人がいるならどうぞ、みたいな。
 そこまでストイックになれなかったんです。

 入江 そういう意味でいうと僕は逆で、28でサイタマノラッパーを撮って、
 ゆうばり国際ファンタスティック映画祭で賞をとり、映画監督としてやっていけるようになったんです。
 逆ですね。クロスしているというか。

 続きはメルマガで→

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 10 】 編集部より

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┌─────────────────────────────────┐
 今週のモテ☆キーワード
└─────────────────────────────────┘

「佐藤允」(モテるための昭和日本映画)
 さとう・まこと。1934年生まれ。
 “和製ブロンソン”とも呼ばれた日本の俳優。 
 昨年12月、急性肺炎のため、78歳で死去。

「ファム・ファタール」(モテてる俺は、予告で十分)
 直訳すると“運命の女”転じて悪女的な意味で使われる言葉。 
 「キミはボクのファム・ファタールだね」かなんか言うとモテ……ますかねえ?
 誰か教えて!
 
┌─────────────────────────────────┐
 編集後記
└─────────────────────────────────┘
 
 僕モテメルマガvol.3、いかがだったでしょうか。
 
 「みんなの映画レビュー」のコーナーにも書きましたが、
 いやー、「アルマジロ」面白かった。
  
 こういう、あんまり話題になっていない映画を極力観に行き、
 隠れた名作ならびに隠れたままでいいよ馬鹿野郎! という駄作を発掘し、
 みなさんに紹介、または注意喚起をしていけたらなあと思います。 

 みなさんからの「この映画ヤバいからメルマガで取り上げろ!」
 という情報も大募集!
 たくさんの声が集まったら、読者の広場、みたいなコーナーも、
 いつか作りたいところであります。

 ご意見、ご感想は……
 メルマガ公式twitter:@eigamote
または、eigamote@gmail.com
 まで!

┌─────────────────────────────────┐
 Follow us! み ん な の t w i t t e r
└─────────────────────────────────┘

メルマガ公式:@eigamote

入江悠:@uirie

上鈴木伯周:@hakushu

駒木根隆介:@mcikku

ハルカ(山口遥):@pucchin_haruka

林賢一:@rinrin_

情報担当・藤野:@AngelaFuji

編集担当・大川:@takashiookawa

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

それではみなさん、また来週!

感想・ご意見等々は、eigamote@gmail.com までお送りください。

感想ツイートもお待ちしてます。@eigamote まで!

ブログもチェックしてくださいねー!

http://bmes.blog.fc2.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントの投稿

非公開コメント

メルマガ登録はコチラ!

映画モテ太





Podcast「シアター野郎 劇場一番星」
「シアター野郎 劇場一番星」は映画館と映画を同時に語って応援するPodcastです。チェックしときな!!
RSS podcasting
iTunessに登録
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Podcast Ranking