週刊! 僕モテ名言集 (メルマガvol.49より)

 みなさまこんばんは。
 メルマガ編集担当でございます。


 今週も配送日の夜に更新します。
 「週刊! 僕モテ名言集」
 さっそくいってみましょう。
 本日配送・メルマガvol.49の名言はこちらっ。

 ドドン!

 「様々なエピソードと様々な俳優が、
 東京駅を舞台にパスタとソースの様に折り重なり層を作っています。
 まさにラザニアのようにね!」(駒木根隆介)


 これ。
 これです。
 これで合ってます。

 さて、ここでまだ読者でない皆様に向け、少し説明。
 映画『SRサイタマノラッパー』の主役・イック役などでおなじみの俳優・駒木根隆介は、
 「俳優麺論」
 と題し、映画に登場する俳優たちの演技を麺にたとえて語るという、
 事情を知らない人に説明すると
 「えっ、なに言ってんの? お前」と言われかねない連載を担当しております。

 その連載で今週取り上げたのが、公開中の映画『すべては君に逢えたから』
 
subetehakimini.jpg
 東京駅100周年を記念した作品とのこと。

 イタリアでは、クリスマスにラザニアを食べるという習慣があるそうです。
 そこに引っかけ、
 さらにはオムニバスという重層的な形式にも引っかけた、まさに高等テクニック
 それが今週の名言というわけです。ほらね、納得でしょ。
 ……ですよね?
 
 ともかく本作の本質はラザニアであると喝破した上で、駒木根は、
 玉木宏、高梨臨、木村文乃、東出昌大、
 時任三郎、大塚寧々、本田翼、小林稔侍、倍賞千恵子
といった、
 本作に登場するそうそうたる麺のみなさんを、個別に論じているというわけ。
 こんな連載ほかにない。
 まさに駒木根先生の連載が読めるのは僕モテだけ! ですよ、みなさん。

 というわけで。

 読めば映画館に行きたくなるメルマガ、
 『僕らのモテるための映画聖典』はメールマガジンスタンド“まぐまぐ”で毎週水曜配送中。
 月額630円で、登録初月は無料で読めます。
 まずは気軽に、ご登録を!
 
 http://www.mag2.com/m/0001320971.html 


 12月28日にはイベントもやりますよー!
 「第一回 日本モテデミー賞」
 18時半~ @下北沢B&B
 詳しくは、森下くるみによるブログ記事をご参照ください↓
  http://bmes.blog.fc2.com/blog-entry-304.html

コメントの投稿

非公開コメント

メルマガ登録はコチラ!





Podcast「シアター野郎 劇場一番星」
「シアター野郎 劇場一番星」は映画館と映画を同時に語って応援するPodcastです。チェックしときな!!
RSS podcasting
iTunessに登録
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Podcast Ranking