【試し読み】僕らのモテるための映画聖典【vol.6】「きいろいゾウ」を皆で鑑賞


今週は、モテを探るために、
執筆陣(当たり前ですが)全員自腹「きいろいゾウ」を観てきました。

評価は残念ながら全体的に低め。
ただ、各自のレビューでは熱い「モテ論」が展開され、
一読の価値ありです。


みなさん、このブログはあくまで「試し読み」。
初月無料ですので、気になった方はまず1か月読んでみましょー♪

お気軽に購読してみてください♪






2012年02月13日発行
\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\

┏━━━━━━━┳━┳━━┳━┳━┳━┳━┳━┓ ┌────┐
┃入江悠presents┃僕らのモテるための映画聖典    【vol.6】 
┗━━━━━━━┻━┻━━┻━┻━┻━┻━┻━┛ └────┘

\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\

映画監督・入江悠と仲間たちがすべての映画を愛する人へ贈る
「映画でモテる!」ための映画メルマガです。

〓【 I N D E X 】=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=〓=
 
 【 01 】 … 入江悠の身辺雑記「映画でモテると思ってた」

 【 02 】 … 執筆陣がこの一週間で観た映画を採点「みんなの☆映画レビュー」
※今週の全文公開!
 【 03 】 … 入江悠のNO.1映画観戦記「キャバ嬢を口説ける、興行成績第一位」(隔週掲載)


 【 04 】 … 放送作家・林賢一のストイック映画評「終わった恋と、映画を数える」

 【 05 】 … 俳優・駒木根隆介の役者論「俳優麺論」 

【 06 】 … 女優・森下くるみが映画と食を考える「今日も映画で腹が減る」
 
 【特別企画】 … バレンタインデー企画! 『きいろいゾウ』をクロスレビュー

【 07 】 … ラッパー・上鈴木伯周がHIP HOP映画を語る「僕は黒人と結婚したかった」

【 08 】 … 構成作家・ヒロコ先生の「“映画でモテる!”は美女に訊け!!モテDVD8番勝負!(仮)」

 【 New! 】 … メルマガ編集担当の書評コーナー「これは映画になりますか?」
 
 【 09 】 … これ観りゃモテる!「デートのための映画データベース」

 【 10 】 … 編集部より

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 01 】 入江悠の身辺雑記「映画でモテると思ってた」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

映画監督・入江悠が、映画を巡る東奔西走の日々を綴ります。
可笑しくて、やがて哀しい疾走映画ダイアリー!

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

 皆さんは車を持っているでしょうか?
 僕は持っていません。
 かつて子供だった頃、トレンディテレビや漫画などの影響もあり、
 30才過ぎたら車の1台は所有しているもんだと思っていました。

 女の子とのデートといえば、基本はマイカー。
 華麗に家の前に車で乗りつけて、「ちょっと旅行でもいかない?」と
 窓越しに女の子へ微笑んで、アクセルをふかす。
 そんなイメージを大人に対して持っていたんですが、
 気づけばもう今年で34才、車を所有できそうな気がまったくしません。

 地元で真面目に働く旧友に目を向ければ、
 車はそろそろ2台目、3台目くらいの乗り換えも当たり前。
 子供が生まれて、ワゴンタイプの快適なお父さんカーライフを満喫している。
 これが水商売的なフリーランスの生業を選んでしまった者の宿命なのか。
 「ぶらっと取材旅行とかも行きたいし、コツコツ貯金でもしようかな」
 などと夢想しながらも、現実の貯蓄に暗い気持ちになっていた矢先です。
 トム・クルーズ主演『アウトロー』をぶらりと観に行きました。
 これが素晴らしい映画だったのです。

 話はちょっと飛びますが、


 続きはメルマガで→



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 02 】 執筆陣がこの一週間で観た映画を採点「みんなの☆映画レビュー」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 公開中の映画を中心に、しがらみ抜きの本音でレビュー!
 ☆  …観る価値なし
 ☆☆ …ヒマ潰しに、是非
 ☆☆☆…観ないで死ねるかっ
 の3段階ガチ評価です。

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

【入江悠】

 『ストロベリーナイト』(連載参照)
 『アルマジロ』☆☆
 『アウトロー』☆☆☆
 『ゴーストライダー2』☆

 続きはメルマガで→

 入江悠……いりえ・ゆう。1979年、横浜生まれ、埼玉育ち。映画監督。
      代表作に「SRサイタマノラッパー」シリーズなど。

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

【林賢一】
 
 『ムーンライズ・キングダム』☆
 『奪命金』☆
 『脱獄広島殺人囚』☆☆☆
 『旅芸人の記録』☆☆

 続きはメルマガで→

 林賢一……はやし・けんいち。1979年、五反田生まれ、男子校経由、宇都宮育ち。放送作家/脚本。
      いまさらですが、橋本忍『複眼の映像』を読みました。エピソードがスゴすぎてビビってます。

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

【上鈴木伯周】

『テッド』☆☆

 続きはメルマガで→

 上鈴木伯周……かみすずき・はくしゅう。1979年、栃木生まれ、男子高卒、のラッパー。
       「ラップの教科書」と「タケダ先輩のミックテープ」が絶賛発売中!

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+
【阿部洋子a.k.a.ヒロコ先生】

 『ゼロ・ダーク・サーティ』☆☆☆

 続きはメルマガで→

 阿部洋子……あべ・ひろこ。構成作家。趣味・恋愛。宮城県出身。
       ラジオ、テレビの構成他、多方面で活躍中。

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

【山口遥】

『親密さ』☆☆☆

 続きはメルマガで→

 山口遥……やまぐち・はるか。小動物系女優兼ライター。
      入江悠監督作『SRサイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』ほかに出演。
      ※ただいま新連載準備中!

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

【情報担当・藤野】

 『旅芸人の記録』☆☆☆
 『シネマ☆インパクト Bプロ』☆☆
 『ニーチェの馬』☆☆☆
 『二郎は鮨の夢を見る』☆☆
 『インターミッション』(2/23~3/31まで)☆☆
 『満月の夜』×『緑の光線』☆☆

 続きはメルマガで→
 
 情報担当……藤野実香子。日夜関東各地の映画館に出没する映画大好き主婦。
       「SRサイタマノラッパー」シリーズを通して応援した縁で今回のメルマガにも参加。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
※今週の全文公開!
■【 03 】入江悠のNO.1映画観戦記「キャバ嬢を口説ける、興行成績第一位」(隔週掲載)

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 「やっぱりさ、ヒットしている映画にはそれなりの理由があると思うんだよ」(入江悠)
 じゃあ、興行成績NO.1の映画をその足で観に行って、感想をレポートしてくださいよ、カントク!
 そしてはじまったのが、この連載。普段映画を観ないキャバ嬢だって口説けるかも!?

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

┌──────┬───────────────────────────┐
【今週のNO.1】 『ストロベリーナイト』
└──────┴───────────────────────────┘

 おおっ、ついに来たか、日本の恋愛映画。
 これはモテ映画聖典にふさわしいわいっ!
 と、調べたら、どうやら甘酸っぱいイチゴ味の恋愛ドラマ、
 ではなく、ゴリゴリの刑事ドラマだった。
 しかも、連続ドラマの映画化である。
 ほほう、まあ良い。
 僕は世間ほどには、ドラマの映画化に冷たくない。
 『踊る大捜査線』もドラマ版はよく観ていたし、
 映画版も「♪ラララー、ラブ、サンバディトゥナイッ!」と観に行った。
 (2作目まで観て、3作目からは観なかったけど)。
 しかも、『ストロベリーナイト』は竹内結子が主演ときている。
 僕は、竹内結子が大好きだ。
 ファンといってもいい。
 でも彼女の映画は、『黄泉がえり』も『いま、会いにゆきます』も
 観たことはない(恋愛臭のする映画はこれまで避けていた)。
 ただ、雰囲気が好きなのだ。
 あの清潔感と、そこはかとなく漂う中途半端な高学歴感。
 成城大学卒といったあたりだろうか。
 そういう意味で、今回は僕にとって竹内結子ドキドキ初体験といえる。
 鼻息荒くフーフーと、『ストロベリーナイト』を観に行った。

 あんれーーーーーっ。
 初体験の竹内結子、めっちゃイメージと違う。
 もっとおっとりして真面目で協調型のバランサーだと思ってたのに、
 今回はひたすら喋って、すごい饒舌キャラ。
 警視庁捜査一課の刑事という役柄だからだろうか。
 とにかく過去のトラウマとか、事件の推理とか、暇があれば喋る。
 何かある度に「あれってこういうことよね」と復習したがる。
 しかも、すごい自己中心的で独善的な捜査スタンス。
 「あたしひとりで捜査するから邪魔しないで」と、
 大事な部下たちをないがしろにし、重要な捜査会議もスッぽかす。
 「お前、刑事だろ! 人の話を聞けや! 連帯しろや!」
 と素人ながらに注意したくなるほどである。
 
 しかも、である。
 男選びがレディコミタイプ。
 仕事が出来て男前、しかも心優しい部下の西島秀俊が、
 いつもそばにいるのにぜんぜん目もくれない。
 「俺、主任のこと……」とウルった瞳で告白されてもまったく関心なし。
 そのくせ捜査対象のヤクザ組長とは「殺して」とか言って寝ちゃったりする。
 竹内結子、めっちゃきまぐれ、ワル好き。
 さらに、さらに、である。
 それまでは「一人で捜査するから邪魔しないで」と冷たくしていた部下に、
 クライマックスになると急展開、いきなりヨヨヨっと頼り始める。
 円陣っぽい隊形を作り、水谷豊ばりに「よろしく!」とか言ったりして。
 それでも周囲の男たちが「おう!」と勇んで団結するあたりが凄い女子力。

 ふと、我に返った。
 ああ、こんな女の子いたわ、小学校に。
 それなりに可愛くてマセてて、ちょっとした陰も垣間見せる女の子。
 男子も女子もその子の周りに集まってチヤホヤしちゃうタイプ。
 学級会とかは器用にサボるのに、先生(今回は三浦友和がこの役割)も
 なぜかコロリと騙されて、この子を守らなきゃと使命感を燃やす小悪魔系。
 なんならクラスだけじゃなくて、学年、いや学校自体も動かす。
 つまり、究極のモテ女子である。
 だって何かに困ったら「よろしく!」で済むんだもん。
 最後は周りが勝手にお膳立てしてくれて、一件落着してくれる。
 たしかに、僕もかつてはこういうキラキラとした女子に惹かれた。
 そりゃあ可愛いさ、ナチュラルボーン女子だから。
 恋愛戦闘力は生まれついてのフリーザ級(「ドラゴンボール」より)。
 
 しかし、である。
 僕もそれなりに社会経験を積んで年を取った。
 こういう女に騙されるとろくなことがないのは、もう知っている。
 西島秀俊みたいに車の送り迎え程度をさせてもらえるのが関の山。
 セックスはおろかキスもできない。
 30才を過ぎたら、それなりに苦労をしてきた女性の方が深みがある。
 でも、なんでだろう。
 まだどこかでこういう女に惹かれてしまう自分がいる。
 いつか、こういう女と互角に渡り合える日がくるんじゃないかと。
 こういう姫との甘い『ストロベリーナイト』が訪れるんじゃないかと。
 ああ、いつになっても、お姫様はズルい。
 無敵だなあ、ちくしょーーー!!


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 04 】 放送作家・林賢一のストイック映画評「終わった恋と、映画を数える」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

話題の映画はいくつの「カット」で構成されているのか――?
デジタルカウンターを握りしめ、ひたすら映画を「数える」ことを誓った男は、
カウンターの数字を通して映画の真実に辿りつくことができるのか!?

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

┌─────┬─────────────────────────────┐
 【Vol.6】 『ムーンライズ・キングダム』を数えてみた
└─────┴─────────────────────────────┘

【今週のカット数】
 『ムーンライズ・キングダム』708カット(1カット平均7.9秒)
 『脱獄広島殺人囚』358カット(1カット平均16.2秒)
 『きいろいゾウ』448カット(1カット平均17.5秒)
+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥‥ ‥ ‥ ‥ ‥‥ ‥ ‥ ‥ ‥‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

 『ムーンライズ・キングダム』を数えたら708カットで、1カット平均7.9秒だった。

 『天才マックスの世界』、『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』、『ダージリン急行』などで知られる
 ウェス・アンダーソンの新作。さらっと説明すると、こんなお話。

 >12歳の子どもたちによる駆け落ち騒動を、周囲の反応を交えてユーモラスに描く。
 >人気者ブルース・ウィリスやオスカー女優フランシス・マクドーマンドと
 >ティルダ・スウィントンら脇を固める俳優陣の豪華共演にも注目

 オープニングカットはおそらくセットで組まれたであろう、ある一家の部屋と部屋を横断するカットで始まる。
 それぞれの部屋には左右対称に配置された家具があり、人物も左右対称におさまっている。
 カメラは右に平行移動した後、きっちり45度パンして次の対象物を中央に捉える。

 この完璧なカットはなんだろう?


<中略>


 強くこう思う。
 世界は君が思っているような計算されたカットばかりじゃないんだよ、と。


 続きはメルマガで→


 【観測モテBEST地点】
  シネクイント、D-11

 【最寄りモテ雑談所】
  北西40m「エクセルシオール カフェ」

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 05 】 俳優・駒木根隆介の役者論「俳優麺論」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

入江悠監督作「SR サイタマノラッパー」で主人公のMCイックを演じ、
現在は舞台・映画・テレビドラマ・CM等で幅広く活躍する俳優・駒木根(こまきね)隆介。
玄人好みの演技上手で知られる彼が、銀幕に映る俳優たちの演技を大好物の「麺」にたとえて論じます!

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+
┌─────┬────────────────────────────┐
【第六麺論】 「『きいろいゾウ』向井理はツルツルはるさめヌードル」
└─────┴────────────────────────────┘

 こんにちは! バレンタインですね! 皆さんお元気ですか?
 ゴディバですか?
 ロイズですか?
 チロルチョコでおなじみ、駒木根です!

 チョコレートの中には微量のニッケルが含まれているそうです。
 なるほど、それで金属アレルギーの僕を想いみんなチョコを渡さなかったのだなと、納得しながら月を見上げておりますので、
 宮崎あおい似とまでは言いませんので誰か抱きしめにきてください。このさい柄本明似でもいいです。

 というわけで今回は、初のメルマガメンバー共通課題作品『きいろいゾウ』です。
 もちろん僕にできるのは、ただただ俳優を麺に例えることだけ。
 あとで本人と会って気まずくなっても知らないよ!

<中略>

 で、ここで断言します。

 宮崎あおいはタイピーエンで、向井理ははるさめヌードルです。


 続きはメルマガで→


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 06 】 女優・森下くるみが映画と食を考える「今日も映画で腹が減る」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

入江悠監督作「劇場版神聖かまってちゃん ~ロックンロールは鳴りやまないっ」
での好演も記憶に新しい女優・森下くるみ。
映画と食が大好物の彼女が、銀幕の中の「旨そうっ」を語ります。

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

┌─────┬────────────────────────────┐
【二皿目】 『酔拳』ジャッキー・チェン主演
└─────┴────────────────────────────┘

 今日も映画で腹が減る。今回は香港です。
 飯食う映画は香港アクション界の食いしん坊、ジャッキー・チェン主演の「酔拳」です。
 「酔拳」にはファンの間で語り草になっている「食い逃げ」のシーンがあります。

 拳法の修行真っ只中にあるジャッキー青年が、腹を空かせながら食堂にやって来ます。
 目の前の席で、金持ちそうなじいさんが、ひとりで美味そうな飯を食っている。
 そこに、ジャッキーは「あなた蘇州の人じゃないスか? 僕もなんですよっ! いやー、嬉しいなー」
 なんて調子のいいことを言いながら、図々しく相席を決め込みます。


 続きはメルマガで→


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 特別企画 】 みんなで観たら、なにかが見える? 『きいろいゾウ』をクロスレビュー!

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

月イチ企画! メルマガ執筆陣全員で1本の映画を観てそれを語る、クロスレビューコーナー。
「どうせだったらバレンタインデーっぽいものを観よう」「ついでに自分では選ばないやつにしよう」ということで
観てきました、『きいろいゾウ』! 
果たしてみんなの評価は――? ※「みんなの☆映画レビュー」同様、三ツ星評価です。

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

【入江悠】☆
【林賢一】☆
【森下くるみ】☆+半分
【上鈴木伯周】☆
【駒木根隆介】☆
【阿部洋子a.k.aヒロコ先生】☆☆
【山口遥】☆☆
【情報担当・藤野】☆
【編集担当・大川】☆
 
【平均☆数】→ ☆1.27 (2013年暫定1位)

 続きはメルマガで→


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 07 】ラッパー・上鈴木伯周がHIPHOP映画を語る「僕は黒人と結婚したかった」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

「SRサイタマノラッパー」シリーズの3作のラップをほぼすべて監修し、
DJ TKD役として出演もしているラッパー・上鈴木伯周。
実は日本大学芸術学部映画学科卒業の彼が、古今東西のHIPHOP映画を観尽くす!
そこから見えてくるものとは……!? 

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+
┌─────┬───────────────────────────┐
 【Vol.6】  『BLACK AND BLUE ヒップホップ・コップの存在』2005年公開
└─────┴───────────────────────────┘

 ヒップホップ・コップ──。

 近年、アメリカのHIP HOPコミュニティで囁かれている噂、
 それはトップ・アーティストをターゲットにした専門捜査チーム…

 通称“ヒップホップ・コップ”の存在!!

 なんじゃそりゃ!?www

 と思いつつも、
 amazonで思わず購入しちゃったこのドキュメンタリー映画から、
 なんとかモテへのヒントを探らねば……と、鑑賞開始。

 内容はこんな感じ。
 
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

 アメリカ ショー・ビジネスの中心地 東海岸ニューヨーク
 HIP HOPに蔓延るドラッグ 暴力 殺人 犯罪のフルコース

 警察は 密かに結成した 特殊班ヒップホップ・コップ
 ラッパー達の 犯罪歴 車のナンバーを リストアップ
 クラブやパーティーに潜入し 関係者を監視する 四六時中 
 アーティスト達は怒る と同時に 恐れおののく

 もともとヒップホップ・コップは秘密裏
 だったはずが マスコミにより 明るみ

<中略>

 現在進行形で世界一売れている音楽ジャンル、HIP HOP界からは、
 ジョン・レノンやボブ・マーリーは(まだ)登場していない。

 続きはメルマガで→

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 08 】構成作家・ヒロコ先生の「映画でモテる! は美女に訊け!!モテDVD8番勝負(仮)」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 「アンタたちのメルマガ、“モテ”とか言っときながら、モテ要素ゼロじゃない!」
 と喝破した恋愛マスター・ヒロコ先生こと構成作家・阿部洋子が、仕方ないなあとペンを執り、
 読者諸兄の前に我々メルマガ執筆陣にモテの秘訣を伝授。教えて、ヒロコ先生!

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+ 

┌─────┬────────────────────────────┐
【二番勝負】 『闇金ウシジマくん』
└─────┴────────────────────────────┘

 いよいよ明日はバレンタインデーですな。

 「いよいよって言われても……」と困惑したり、
 「オレにはカンケーねーし」とか言っちゃってる男子、多いのかな??
 一方、女子は盛り上がってますよ。間違いなく。

 今じゃ、“友チョコ”なんつー、女子同士でチョコを配りあったり、
 ショコラティエが創った普段は手に取らないちょっとお高めのチョコを買って、
 女子会でスイーツとして食べたり、
 自分たちの気分を盛り上げるべく、
 イベント(&イベント感)を楽しんでいます。

<中略>

 ココで大事なことは、
 【ふたりだけのヒミツを作っちゃう】
 コレです。

<中略>

 ……というわけで、
 「“映画でモテる!”は美女に訊け!!モテDVD8番勝負!(仮) 第2番」。
 第2番のお題映画は……『闇金ウシジマくん』。
 (先週からDVDレンタルスタートしています)

 続きはメルマガで→


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 New! 】 メルマガ編集担当の書評コーナー「これは映画になりますか?」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 編集担当・大川が、注目の書籍を毎週一冊ピックアップ!

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+
┌──────┬───────────────────────────┐
【今週の一冊】 『きいろいゾウ』西加奈子
└──────┴───────────────────────────┘ 

 俺の2時間を返せ、この野郎。
 映画『きいろいゾウ』を観た私の偽らざる心情である。
 しかし。
 本連載のために『きいろいゾウ』の原作本を読み進めるにつれ、不思議な作用が起こりはじめた。
 「あの映画、ひょっとしたらそこまで悪くなかったかも」
 そう思えてきたのだ。

 続きはメルマガで→

 
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 09 】「デートのための映画データベース」(告知コーナー)

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 気になるあの子を誘って、映画館へ。自分も満足、彼女も満足の映画を探そう!

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

┌─────────────────────────┐
│【 後の祭りにもうしない、今週おわる映画 】
└─────────────────────────┘
 
 今週金曜日(15日)に終わる映画の中から、絶対に見逃せない作品をPICK UP! 
 チャンスはあと3日。急げ!

 続きはメルマガで→

┌─────────────────────────┐
│【 誰より先に観ておきたい、今週はじまる映画 】
└─────────────────────────┘

 今週から公開がはじまる映画の中から、とくに期待大の映画をPICK UP! 
 これを観とけば映画の今が見えてくる!
 
 続きはメルマガで→

┌─────────────────────────┐
│【 今週の名画座PICK UP! 】
└─────────────────────────┘
 古今東西の名画をスクリーンで観られるのが日本独自のシステム「名画座」の魅力。
 そんな名画座でいま観られる注目作を紹介!


 続きはメルマガで→
 
┌─────────────────────────┐
│【試写会・イベントPICK UP!】
└─────────────────────────┘
 
 映画館で観るだけが映画じゃない!
 いつもと違う環境で楽しめる試写会や上映会情報。
 自力で当てて、あの子を誘おう!

 【今週のPICK UP!】

 続きはメルマガで→

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■【 10 】 編集部より

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┌─────────────────────────────────┐
 今週のモテ☆キーワード
└─────────────────────────────────┘

 「WACK」(『みんなのゾウ』クロスレビュー/上鈴木伯周)
 新英和中辞典によれば、「変人・奇人」(名詞)「すごく悪い・有害な」(形容詞)の意。
 下手くそ、ニセモノ等々、HIP HOP業界でのディス用ワード。
 テキトーに使うと逆にモテないので注意!

┌─────────────────────────────────┐
 編集後記
└─────────────────────────────────┘

 今週は、新たな試みとして、「みんなで一本の映画を観て、語る」クロスレビュー企画を実施しました。
 観たのは「きいろいゾウ」。 
 試写会でもなく、サンプルDVDでもなく、自腹で映画館で観る。
 9人で観れば、感想も9通り(『きいろいゾウ』に関しては、妙に意見が合ってしまいましたが……)。
 やってみて分かったのですが、これがなかなか面白い、ありそうでなかった映画体験。
 
 読者の皆様におかれましても、よかったらぜひ「きいろいゾウ」観てみてください!
 そして、よかったら感想をメルマガ編集部まで送ってくれたらうれしいです。
 
 eigamote@gmail.com

 ちなみに、3月はクエンティン・タランティーノ監督の新作『ジャンゴ 繋がれざる者』をみんなで観る予定!
 こちらもお楽しみに!

┌─────────────────────────────────┐
 Follow us! み ん な の t w i t t e r
└─────────────────────────────────┘

メルマガ公式:@eigamote

入江悠:@uirie

上鈴木伯周:@hakushu

森下くるみ:@mori_kuru

ヒロコ先生(阿部洋子):@hirocoring

駒木根隆介:@mcikku

ハルカ(山口遥):@pucchin_haruka

林賢一:@rinrin_

情報担当・藤野:@AngelaFuji

編集担当・大川:@takashiookawa

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

それではみなさん、また来週!

感想・ご意見等々は、eigamote@gmail.com までお送りください。

感想ツイートもお待ちしてます。@eigamote まで!

ブログもチェックしてくださいねー!

http://bmes.blog.fc2.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントの投稿

非公開コメント

メルマガ登録はコチラ!

映画モテ太





Podcast「シアター野郎 劇場一番星」
「シアター野郎 劇場一番星」は映画館と映画を同時に語って応援するPodcastです。チェックしときな!!
RSS podcasting
iTunessに登録
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Podcast Ranking