週刊! 僕モテ名言集 ~メルマガvol.64より

みなさまこんばんは。
メルマガ編集担当でございます。


すっかりご無沙汰となっておりましたが、こんな企画もありました!
週刊! 僕モテ名言集。

本日配送の
「僕らのモテるための映画聖典メルマガ」vol.64の中から、
これは! という名言をご紹介するこの企画。

(本業がひと段落したので)久しぶりにいっちゃいます!
今週の名言はこれっ

ドドン!

「初めての相手とのセックスは、
 まさに「未知への扉」を開くようなもの。」(入江悠)


間違えた!
いやいやこれも名言だけれども!
一体全体なんのメルマガなんだ!
というわけでこちらだったァー!

「同じ部品を使って、まったく別のものを作る楽しさと創造性。
 これはまさに、昔の曲の一部分から新しい曲を生み出す、
 ヒップ・ホップにおけるサンプリングと同じです。」(上鈴木伯周)


というわけで、ラッパー・上鈴木伯周の連載『すべての映画はヒップ・ホップである』より。
『LEGO(R)ムービー』とヒップ・ホップの共通点を×××(伏せ字)にたとえた文脈で出た名言であります。
作っては壊す楽しさ。再構築する面白さ。
それが、レゴとヒップ・ホップの共通点だと上鈴木は言います。なるほど!

ほかにも今週は、
入江悠が『アナと雪の女王』はデートに“使える”かを論じたり、
山口遥がメルマガ読者さんとの映画デートに突入したり、
林賢一、駒木根隆介がそれぞれカットと演技という側面から『白ゆき姫殺人事件』を論じたり、
森下くるみが『食べて、祈って、恋をして』における肉食系女子の現在地点を語ったりしています。

登録初月は無料で読めるので、今週登録するとお得です!

the-lego-movie-poster-final.jpg


ちなみに、今週末の僕モテPodcastでは、
『LEGO(R)ムービー』をさらにじっくり語ろうと思います。
そちらもどうぞお楽しみに。

というわけで、読むと意外と役に立つ!
僕らのモテるための映画聖典は毎週水曜日、まぐまぐで配信中であります。
ぜひぜひ、読んでみてくださいね!

http://www.mag2.com/m/0001320971.html

コメントの投稿

非公開コメント

メルマガ登録はコチラ!

映画モテ太





Podcast「シアター野郎 劇場一番星」
「シアター野郎 劇場一番星」は映画館と映画を同時に語って応援するPodcastです。チェックしときな!!
RSS podcasting
iTunessに登録
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Podcast Ranking