入江悠短編『エスケイプ・フロム・フジQ』上映のお知らせ

こんにちわ、入江悠です。

今週のメルマガは「夏のホラー映画特集」でしたが、いかがでしたでしょうか?
ツイッターで読者の方のおすすめホラー映画も聞きたいな、と思ったのですが、
微妙にリアクションが薄かったのが哀しいです。
呪いたいです。

さて、ちょっと今回は告知です。
僕が7月に撮って7月に完成させた短編映画が劇場で1日だけ上映されることになりました。
タイトルは『エスケイプ・フロム・フジQ』。

撮影はサイタマノラッパーシリーズの三村和弘、録音はサイタマノラッパーシリーズの山本タカアキ、制作部はサイタマノラッパー3の佐藤圭一朗。
撮影1日の助手ゼロ、完全なる雑草スタイル。初のモノクロ。

0.jpg


Youtubeでちょこっとだけ観られます。
https://www.youtube.com/watch?v=hBR0eDTl4W0

上映は8月7日(木)、TOHOシネマズ日劇 19:40~
ということですが、「え!日劇!?」です。
あの憧れの巨大スクリーン、日劇で、僕の映画が……。
しかもよりによって1日撮影のゲリラ短編が……。
いいんでしょうか。まあ、いいのか。

ちなみに、ニュースではこんな感じで紹介されていました。
↓↓
TOHOシネマズなど全国にて、7月19日(土)より公開となった、
“夢の国”を舞台にしたブラック・ファンタジー映画『エスケイプ・フロム・トゥモロー』の
関連作品、『エスケイプ・フロム・フジQ』の一夜限りのスクリーン上映が
決定したことをお知らせいたします。

まさかのTOHOシネマズ日劇公開でこの夏いちばんの怪作として
話題騒然となった『エスケイプ・フロム・トゥモロー』は、
公開初週に多くの劇場で、1日1回上映にも関わらず全国動員TOP30を記録し、
ミニシアター動員ランキングでは10位にランクイン!と、その摩訶不思議な宣伝手法のみならず、興行成績でも業界を騒然とさせております。
8月9日(土)からは、全国での拡大公開も決定し、まだまだこの夏の話題の中心となっている“夢の国” を舞台にしたブラック・ファンタジー映画です。

メインの上映館となっているTOHOシネマズ日劇での上映は、3週間の期間限定。
いよいよ8月7日(木)にグランドフィナーレを迎えることを記念し、いま映画界で最もひっぱりだこのホットな映画監督入江悠が『エスケイプ・フロム・トゥモロー』にインスパイアされ、急遽制作した『エスケイプ・フロム・フジQ』を一夜限りのスクリーン上映をすることが決定しました!

『エスケイプ・フロム・フジQ』は、富士急ハイランドを舞台に、不思議な男女のカップルが繰り広げる、悪夢のようなデートの風景をモノクロ映像で切り取った和製ブラック・ファンタジーです。
映画監督として同志である入江悠から、本作が初監督となるランディ・ムーア監督が実現した高い志への返歌となっています。

短編映画『エスケイプ・フロム・フジQ』は、『エスケイプ・フロム・トゥモロー』公開前夜の7月18日(金)より突如YouTubeで「ひとり1回だけ見られる広告」として限定配信され、1週間で脅威の視聴率37%という驚くべき数字を叩き出し、広告関係者を騒然とさせた未来のカルト・ムービー。
(※測定期間:7/18-7/24)

■上映概要
8月7日(木)
TOHOシネマズ日劇 19:40~
本編上映前(上映時間:11分)
上映作品:『エスケイプ・フロム・フジQ』

■エスケイプ・フロム・フジQ 作品情報
監督・脚本・編集:入江悠
出演:永岡祐、玄里、ペ・ジョンミョン、田代絵麻ほか
エグゼクティブ・プロデューサー 國實瑞恵
企画 汐巻裕子
プロデューサー 妹尾浩充
撮影:三村和弘、録音・整音:山本タカアキ、メイク:池田美里、
音楽:吉田大致、ライン・プロデューサー:佐藤圭一郎、
制作進行:山崎夏美、制作協力:國實脩平、白神馨之
制作プロダクション:ピクチャーズデプト
© 2014 dongyu club / pictures dept.

http://www.cinematopics.comより転載。

コメントの投稿

非公開コメント

メルマガ登録はコチラ!

映画モテ太





Podcast「シアター野郎 劇場一番星」
「シアター野郎 劇場一番星」は映画館と映画を同時に語って応援するPodcastです。チェックしときな!!
RSS podcasting
iTunessに登録
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Podcast Ranking