MVP寸評。あるいは雨の最初の一粒を描くことについて


 みなさま雨の日曜日をいかがお過ごしでしょうか。
 メルマガ編集担当でございます。

 Podcastにてすでに発表しております通り、メルマガvol90におけるMVPは、
 入江悠連載『キャバ嬢を口説ける、興行成績第一位』でした。
 とりあげた映画は『猿の惑星: 新世紀 ライジング』。 
 なぜこの原稿がMVPを獲得したのか。ちょっと補足したいと思います。

 11.jpg


 連載の中で入江は、本作の優れた点をふたつ挙げています。
 ひとつは、「猿が進化しているまさに途中の瞬間」の描写。
 ひとつは、 「戦争が発生する過程」の描写。
 この2点です。
 ポイントは、入江が評価しているのが、
 「進化」や 「戦争」そのものではなく、
 「進化の“途中”」「戦争の“発生”」の描写である点です。
 私は、このような視点は映画監督ならではのものだと感じ、MVPの授与を決めました。

 これには個人的な伏線があります。
 僕モテメルマガがスタートする前、
 まだ『SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』が全国各地で上映中だった頃、
 インタビューの中で、入江からこのような話を聞いたことがあります。

 「相米慎二監督の『台風クラブ』で素晴らしいと思うのは、
 “雨の降り始めの瞬間”の描写です。
 どんな大雨も、最初はポツリと落ちる一粒の雨からはじまると思うのですが、
 その一粒がやがてバケツをひっくり返したような大雨になる過程を、
 寄りではなくヒキでしっかりと描けている。そこが、すごいと思います」 

 正直、そのときは「そういうもんかねえ」程度の感想しか持ちませんでしたが、
 今週の原稿を読んで、私はそのときの会話の意味がようやく理解できたような気がしました。
 おそらく、
 「進化した猿」や「人類の存亡を賭けた戦争」や「降りしきる豪雨」
 を描くのは、映画監督にとって、さほど難しくないのだと思います。
 しかし、それらが発生する過程、長いスパンで行われる事象の途中の一瞬を描くことは、
 素人が想像する以上に難しいのではあるまいかと思うのです。

 入江が私淑する映画監督、トニー・スコットの遺作となった映画『アンストッパブル』を最近観返す機会がありました。
 アメリカで実際に起こった列車暴走事件を題材とした映画のなかで、
 最終的に猛スピードで暴走し、あわや街一つを壊滅させかける列車は、
 その“暴走”の端緒において、きわめてゆっくりとしたスピードで走り始めます。
 列車が勝手に走り始めたことに気付いた酒太りの機関士は、
 慌てて巨体を揺らして列車を追います。
 中年太りのオッサンがえっちらおっちら走って、ぎりぎり追いつけないくらいの速度。
 それが、あわや取り返しのつかない大惨事を引き起こす、「雨の最初の一粒」なのです。

 これは、今回の原稿における「戦争の“発生”」に相当すると考えられます。
 そう考えると、「雨の最初の一粒」がしっかりと描けていることは、
 いい映画の条件のひとつであるように思えてきます。
 もうひとつ、「猿の進化の“途中”」に相当するのは、
 大量に空から落ちる雨粒のうちの――何億だが、何兆だか、単位は分かりませんが――
 「その中のたった一粒」を描くということかもしれません。ちょっと違うかな。
 でも、ニュアンスは大きく異なりはしないはずです。

 私は、メルマガvol90の入江の原稿を読み、以上のようなことを考えました。
 私の考え、解釈が正しいかどうかはひとまず措いて、
 私は入江の原稿を読むことによって、映画を測る新たな物差しをひとつ手に入れたことになります。

 気の利いた言い回しがあるから、ではなく、
 誰にも負けないアツい熱量があるから、ではなく、
 三島由紀夫を思わせる、美麗かつ緻密な筆致があるから、でもなく、
 以上のような理由で、私はMVPの授与を決定しました次第です。

 来週は、誰のどんな原稿がMVPに輝くのか。
 読者のみなさんも、ぜひご自身にとってのMVPはどれかと考えながら読んでいただけると、
 私どものメルマガがより一層楽しめるのではなかろうかと思います。

 というわけで……。
 映画監督入江悠と仲間たちが贈るメルマガ、
 「入江悠presents僕らのモテるための映画聖典」メルマガは、
 毎週水曜日まぐまぐより配信中です。
 登録初月は無料で購読できますので、月初の今は登録のチャンスです。
 ぜひ、チェックしてみてください
 ご登録はこちらから。
 ↓
 http://www.mag2.com/m/0001320971.html

コメントの投稿

非公開コメント

メルマガ登録はコチラ!

映画モテ太





Podcast「シアター野郎 劇場一番星」
「シアター野郎 劇場一番星」は映画館と映画を同時に語って応援するPodcastです。チェックしときな!!
RSS podcasting
iTunessに登録
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Podcast Ranking