10月に読んだ本を数えてみた(カット職人・林)


こんにちは、カット職人の林です。
気がついたら、今年もあと8週間で終わりですね。
11月ですよ。
驚きですね、なんて挨拶はさておき。
10月は秋でしたよね。
そう、10月読書の秋だったんですよ。

というわけで、
月に1回の恒例のブログいきますよっ。

【10月に読んだ本を数えてみた】


わたくしカット職人・林は、僕モテメルマガで
【終わった恋と、映画を数える】という連載をやらせていただいております。
その連載では「新作映画のカット数を数えて分析する」原稿を書いております。

このブログでは月に1回、「数えた」つながりで……

「読んだ本(ページ数)も数える」という極私的な情報を公開しております。

なるべく映画本を読むようにはしているんですが、
文学や哲学の本も混じっているのが、ちょっと恥ずかしいところ。
びっくりマークの数字が多ければ多いほど、オススメだったりするので、
もしよかったら、みなさんの読書の参考にでもしてみて下さい。

それでは、さっそく、いきましょー。

わたくしカット職人・林が10月に読んだ本は……


12冊



割と今月は少ない。
その合計ページ数は……


2509ページ



その詳細はこちらです。

2014年10月の読書メーター
読んだ本の数:12冊
読んだページ数:2509ページ
ナイス数:5ナイス

通話 (EXLIBRIS)通話 (EXLIBRIS)感想
【BOOK(2014)-199】!!!!!!!
読了日:10月1日 著者:ロベルトボラーニョ
下手に居丈高 (文芸書)下手に居丈高 (文芸書)感想
【BOOK(2014)-200】!!!!!!!
読了日:10月1日 著者:西村賢太
月の裏側 (日本文化への視角)月の裏側 (日本文化への視角)感想
【BOOK(2014)-201】!!!!!!!!
読了日:10月1日 著者:クロード・レヴィ=ストロース
フィリップ・ガレル読本―『ジェラシー』といくつもの愛の物語フィリップ・ガレル読本―『ジェラシー』といくつもの愛の物語感想
【BOOK(2014)-202】!!!!!!!
読了日:10月7日 著者:
哲学の使い方 (岩波新書)哲学の使い方 (岩波新書)感想
【BOOK(2014)-203】!!!!!!!
読了日:10月7日 著者:鷲田清一
聖なる春 (新潮文庫)聖なる春 (新潮文庫)感想
【BOOK(2014)-204】!!!!!!
読了日:10月8日 著者:久世光彦
博物誌 (新潮文庫)博物誌 (新潮文庫)感想
【BOOK(2014)-205】!!!!!
読了日:10月13日 著者:ジュール・ルナール
日本の風俗嬢 (新潮新書 581)日本の風俗嬢 (新潮新書 581)感想
【BOOK(2014)-206】!!!!!!

読了日:10月14日 著者:中村淳彦
はなはだ、便所は宇宙であるはなはだ、便所は宇宙である感想
【BOOK(2014)-207】!!!!!!!
読了日:10月17日 著者:千原ジュニア
「知の技法」入門「知の技法」入門感想
【BOOK(2014)-208】!!!!!!!
読了日:10月24日 著者:小林康夫,大澤真幸
神道 (ちくま学芸文庫)神道 (ちくま学芸文庫)感想
【BOOK(2014)-209】!!!!!!!
読了日:10月24日 著者:トーマスカスーリス
愛と暴力の戦後とその後 (講談社現代新書)愛と暴力の戦後とその後 (講談社現代新書)感想
【BOOK(2014)-210】!!!!!!!
読了日:10月24日 著者:赤坂真理

読書メーター



というわけで、10月に読んだ本12冊のうち、
映画本は1冊、
『フィリップ・ガレル読本―『ジェラシー』といくつもの愛の物語の感想』
のみという映画メルマガの執筆者としては情けないばかりの結果に。

ちなみにジャンルで分類してみると……

映画本……1冊
小説……3冊
評論・人文……3冊
エッセイ……5冊
対談……1冊


と、まぁ、読みやすいエッセイが一番多いというのもこれまた恥ずかしい感じでございます。
まぁ、さすがにマンガをここに入れるのは野暮なので抜いてありますが。
これと同時に併読していて読み終わってない本もたくさんありまして、
ざっと机の上を見渡す限りでも……

『早春スケッチブック』(山田太一さんのシナリオを古本屋で見つけた!)
『トリュフォー 最後のインタビュー』(半分まで読んだ!)
『曽根中生自伝』(2/3まで読んだ!)
『なぜ時代劇は滅びるのか』(完全未読)
『離陸』(絲山秋子の長編! はやく読みたい!)
『伊丹万作エッセイ集』(なんと大江健三郎・編!)
『帝国の構造』(柄谷行人の最新刊!)
『カフカとの対話』(G・ヤノーホとカフカの対話!)
『あなたは今、この文章を読んでいる』(佐々木敦さんのメタフィクション論!)
『人類が永遠に続くのではないとしたら』(加藤典洋さんの評論!)
『ひみつのひでお日記』(日記マニアとしてはたまらない吾妻ひでお氏の絵日記!)


と、まぁ、こう記していくとキリがないんですが、
正直、時間が足りない。
どこか1ヶ月くらい、ただひたすらに本を読む時間を作りたい。
でも、映画も観たい。
脚本も書きたい。
結果、時間がない。
この終わりが見えない堂々巡りは、どこで終止符が打たれるんでしょうか。
どれかを諦めなければ、人生というのはキリがないのでしょうか。

10月に読んだ本を数えていたら、そんなことまで考えてしまったのでした。

とはいえ、僕らの本職はあくまでもメルマガ。
僕モテメルマガをはじめて、およそ2年が経とうとしています。
それぞれ執筆陣の内容もずっと濃くなり続けていると思います。
最近は『シアター野郎 劇場一番星』というPodcastのほうが
注目を集めたりしているんですが、それもこれも
執筆陣がメルマガで真剣に書いている原稿を読んでほしいがため。

というわけで……。
映画監督入江悠と仲間たちが贈るメルマガ、
「入江悠presents僕らのモテるための映画聖典」メルマガは、
毎週水曜日まぐまぐより配信中です。
登録初月は無料で購読できますので、月初の今は登録のチャンスですよ!
ぜひ、チェックしてみてください
ご登録はこちらから。
 ↓

 http://www.mag2.com/m/0001320971.html

では、また来月!
11月に読んだ本を数えるときに、お会いしましょう!

コメントの投稿

非公開コメント

メルマガ登録はコチラ!

映画モテ太





Podcast「シアター野郎 劇場一番星」
「シアター野郎 劇場一番星」は映画館と映画を同時に語って応援するPodcastです。チェックしときな!!
RSS podcasting
iTunessに登録
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Podcast Ranking