僕モテ<ドッグイア>!(カット職人・林)


こんにちは。
カット職人の林です。
僕モテ・メルマガでは映画のカット数を数えて報告する
という連載をやらせてもらっています。

皆さま、今週号はいかがでしたか?
最新号は7月の1発目の配信ということ、さらには
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』公開記念にあわせて
【「世紀末映画」特集号 】でした。

(※第1週の配信は、毎月特集号をお届けしてます)

とても濃い号でしたね。
この濃さ、どうすれば伝わるでしょうか。
わたくし、本を読む際に「お、この文章は!」と思った瞬間に、
ページの端っこを折る、いわゆる「ドッグイア」をしているのですが、
メルマガって、それができないですよね。

気がつくと、既読メールの残骸の中に埋もれていってしまう。
我々のメルマガがそうではもったいないし、読み直したいときに探せない。

そこで、僕モテメルマガ各連載の、この<ドッグイア>!
つまりは、メルマガドッグイア! を独断でこのブログに残していこうと思いました。

メルマガをすでにお読みの方は、おさらい感覚で。
まだ登録はしてないけれど興味のある方は、覗き見感覚で。
我々の存在すら知らなかった方は、パンチライン祭りを通り過ぎる感覚で。

それぞれの読み方で、使っていただけたら、と思います。

早速、まいりましょー。
連載順に、ドンドン<ドッグイア>してゆきますよ!


■入江悠の身辺雑記「映画でモテると思ってた」
<ドッグイア!>
 できれば知性と理性が暴力に克ち、秩序の保たれた未来が来て欲しい。
 集団が怖くて仕方がないはみ出し者も、許容する社会であって欲しい。

(「世紀末映画」について)

■ボールペン画伯・佐藤圭一朗の1コマ劇場「映画・狂人画報」
<ドッグイア!>
 ※画だから説明不能す

■入江悠が、ちょっとマジメに考えた。「モテる大人になるための映画術」
<ドッグイア!>
 本作の描写に圧倒的な説得力を与えているのは、
 因果律と力学、あるいは物理法則の徹底だと思います。

(『マッドマックス 怒りのデス・ロード』について)


■放送作家・林賢一のストイック映画評「終わった恋と、映画を数える・改」
<ドッグイア!>
 ・カット職人的には「2551カット」
 ・監督本人の発言的には「2700カット」
 と、約150カットの誤差がありました。

(『マッドマックス 怒りのデス・ロード』について)


■俳優・駒木根隆介の役者論「俳優麺論」
<ドッグイア!>
 不器用でぶっきらぼうだけど、
 そこはかとないユーモアが漂うシュワちゃんの魅力を改めて感じました!
 極太の麺だけど玉子麺って感じ!

(『ターミネーター2』について)

■女優・森下くるみの完全女子目線映画評「乙女は映画に恋をした」
<ドッグイア!>
 な、なんだとおー!?
 まさかの全否定(笑)
 『マッドマックス 怒りのデス・乙女男子』じゃないか!

(『マッドマックス 怒りのデス・ロード』について)

■ラッパー・上鈴木伯周の「すべての映画はヒップ・ホップである」
<ドッグイア!>
 生き残りたいなら走り続けろ もっと真っ直ぐ
 人生をザワつかせる劇薬映画 マッドマックス

(『マッドマックス 怒りのデス・ロード』について)


■メルマガ読者限定ハミダシPodcast「シアター野郎 劇場一番星」ガチ話!
 ※毎週、読者さんだけにガチな話をしております
 ※今回の眉唾エピソードは……ジョージ・ミラーに呼びだされた男!?


■メルマガ編集担当の書評コーナー「これは映画になりますか?」
<ドッグイア!>
 ここで、アキラという存在を「超能力少年」ではなく
 「人工知能」と置き換えてみる。すると『AKIRA』が
 2015年のいま人類が直面している問題を描いた作品に見えてくる。

(『AKIRA』大友克洋(講談社)について)


というわけで、一気に<ドッグイア>しましたが、
これって、メルマガダイジェストになりすぎちゃって、
やりすぎですかねw

まぁ「世紀末映画特集」だけに、
メルマガのルールも少し崩壊したということで、
大出血サービスだこの野郎!!
(今後は、ちょっと方法を考えます)

そういえば「僕らのモテるための映画聖典」は
これまで「まぐまぐ」での配信でしたが、
http://www.mag2.com/m/0001320971.html

今後はニコニコ動画のブロマガでも読めるようになりました。
http://ch.nicovideo.jp/eigamote/blomaga
こちらはクレジットカードがなくとも登録できるようなので、
もしこれまで無理だった方は是非、よろしくお願いします。

毎週、執筆陣一同、映画について真剣に本気で考えています。
初月は無料なので、とりあえず1ヶ月試し読みしてもらって、そこでやめてもらっても構いません。
そうはならないはずですから!

来週はどんな映画のカットを数えようかしらん。
それでは、また。

コメントの投稿

非公開コメント

メルマガ登録はコチラ!

映画モテ太





Podcast「シアター野郎 劇場一番星」
「シアター野郎 劇場一番星」は映画館と映画を同時に語って応援するPodcastです。チェックしときな!!
RSS podcasting
iTunessに登録
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Podcast Ranking