『人生スイッチ』ひとりガチ話②(カット職人・林)

こんにちは、メルマガでは「映画のカットを数える」連載担当の
カット職人の林です。

さて、前回の大川編集長の記事に触発されて、
わたくしも『人生スイッチ』に関しては、
Podcastの3分だけでは語り残している、
と感じていたので、補足をさせて下さいまし。

まず、わたくしの本作に対する評価からいきますと、

大傑作

だと思ったわけですが、
その内実は大川編集長とかなり違うんですね。
(映画って、同じ傑作という評価だとしても、
 その解釈が違ったりするわけですから、面白いですね)

まず、大川編集長が

「本話は金持ちと貧乏人が、抱えている様々な問題を乗り越え(あるいは先送りし)
 最後の最後で許しあい、和解する話」

とまとめていることに、驚きました。

というのも、わたくしはこの2行目の
「最後の最後で許しあい、和解する話」という部分は
(後述しますが)もちろん同意するものの、
「金持ちと貧乏人」というアングルは全く持たなかったのです。
これは目から鱗でした。
なるほど、そういう見方があったのか、と。
たしかに、そうですね。

では、わたくしはこの映画をどんな風に捉えたかというと、
これも引用になって申し訳ないですが、
「抱えている様々な問題を乗り越え」という部分だけに
強く反応してしまった自分がいるのです。

もっと言うと、この「様々な問題」というのが
この映画の核心であり、世界に広がっている理由なのでは?
とすら思うのです。
そして、その「様々な問題」というのは、実は1つです。
私見では、「様々」ではありません。
ズバっといきます。具体的にはこうです。

「復讐と暴力」

そう、わたくしにとっては、
『人生スイッチ』は「復讐と暴力」がテーマであり、
その「復讐と暴力」という連鎖から、
人はどのようにして脱することができるのか?
というのを観客それぞれに問うているように思えたのです。

各エピソードは大川編集長が分析していますので、
詳細は避けますが、
すべてが「復讐のために暴力」をする話です。
1〜6話のエピソードのすべてがそうです。
もちろん、その舞台ははアルゼンチンですので、
大川編集長の指摘する格差や貧富問題は関わってきます。
ですが、その事実は認めるものの、
もっと根源的、普遍的、本質的には、
「復讐と暴力」が全編に横たわっているのです。

そして、1〜5話のエピソードに関しては、
「復讐のために暴力」が行使されたまま終わります。
6話もラスト直前まではほぼ同じ展開です。
「復讐のための暴力」が’繰り返されます。
ですが、ラストで愛、もしくは身体でコミュニケーションをとることにより、
和解し(たように見え)ます。
つまり、

1〜5話、復讐と暴力!
6話、復讐と暴力・・・・・・ア〜ンド愛!


といった案配なのです。
ここでのポイントは、
6話で「愛(もしくは身体コミュニケーション)」によって、
「復讐と暴力」が解決しうるのだとしたら、
1〜5話はどこかで間違っていた物語なのかもしれない、という点です。
1〜5話だって、どこかで正しい処方をしていれば、事件は起きなかった。

少なくともわたくしは6話のラストを目撃した瞬間、
1〜5話のオセロの黒い石(暴力)がすべて反転して、
白い石(平和)にひっくり返っていく光景が頭をよぎりました。

そう、すべての「復讐と暴力」は、愛(もしくは身体コミュニケーション)によって、
なくすことができる、と。

だとするならば、1〜5話の「あそこでこうしておけば暴力は起きなかった!」
だとか「あそこで我慢して、ああしておけば」という、
映画では不文律とされている「もしも」という妄想が浮上してきます。

おそらく。
(6話のラストが唐突だという指摘はごもっともだとも思うのですが)
この衝撃的な転換によって、
1〜5話に隠された「もしも暴力が行使されなかったら」な物語が
突然、浮き上がってくる。そんな仕組みになっているような気がします。
そこに強く感動もしました。

それは翻ると、自分たちの人生に「復讐と暴力」を持ち込まない、
という(身も蓋もない)規律になるのではないでしょうか。
もしくは、「復讐と暴力」をしそうになったとしても、
持ち込みそうになっても、愛によってそれは止めうる、と!

(もっとも大きな「復讐と暴力」といえば・・・・・・もうお分かりですよね。やめましょう)

わたくしが、『人生スイッチ』にズシンときたのは
この
1〜5話・・・・・・露悪的に描く非道徳な物語
6話・・・・・・ラストですべてをひっくり返す

という構成だったのですが、
監督はインタビューで
「脚本を書いた順番に並べただけだよ」とさらっと語っていました。

ですが、いいんです。
大切なのは解釈です。
それぞれの観客が実生活にどれだけ、反映することができるかが重要です。
たとえ、それが間違った解釈だとしても。
わたくしの解釈と感想は消えません。
みなさんのご意見も是非、聞きたいです。

そうそう、毎週配送している僕モテメルマガの月頭(第1週)号は、
毎月特集号をやっておりまして
9月頭は・・・・・・<スピルバーグ特集号>です!
登録初月は無料なので、チャンスタイムです。

わたくしは『ジョーズ』(1975)のカット数を数えますので、
(心置きなく【カット】バレできる超有名作品すよね)
事前に観られる方は観ておいて下さいー。
それではまた来週、メルマガでお会いしましょうー。


メルマガ登録はお気軽に!

↑初月だけ読んで辞めれば0円!!↑


コメントの投稿

非公開コメント

メルマガ登録はコチラ!

映画モテ太





Podcast「シアター野郎 劇場一番星」
「シアター野郎 劇場一番星」は映画館と映画を同時に語って応援するPodcastです。チェックしときな!!
RSS podcasting
iTunessに登録
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Podcast Ranking