《ドッグイア》【vol.145】「大人の映画」ってなんだろう? 号(カット職人・林)

こんにちは。

メルマガ「僕らのモテるための映画聖典」で、
「映画のカット数を数えて報告する」連載をやっております、
カット職人の林です。

11月ですね。
冬っすね。
寒いっすね。
東京の端っこa.k.a.高尾に住んでいるので、
もう薪ストーブつけちゃいました。
と、まぁ、近況はさておき。

月の頭の1週目配送号は、特集を組んでいます我らが僕モテメルマガ。
11月の特集は……

「童話と映画」

です。
果たして、僕モテクルーがどんな作品をピックアップするのか?
配送までもうしばしお待ち下さい。

さて。
先週配送号は読者の皆様から「神回」とのご意見もいただき、
執筆陣一同、とても励みになりました。

そんな号の<ドッグイア>いってみましょうか!

この記事は<僕モテ・ドッグイア>ということで、
わたくしがメルマガの中で「これは!」と思った各連載の文章をフックアップしていきます。

ページの端っこを折る、いわゆる「ドッグイア」。
それをメルマガでやろう、という趣旨でございます。
気がつくと、既読メールの残骸の中に埋もれていってしまう。
それじゃあもったいないし、読み直したいときに探せない。

メルマガをすでにお読みの方は、おさらい感覚で。
まだ登録はしてないけれど興味のある方は、覗き見感覚で。
我々の存在すら知らなかった方は、パンチライン祭りを通り過ぎる感覚で。

それぞれの読み方で、使っていただけたら、と思います。

早速、まいりましょー。
連載順に、ドンドン<ドッグイア>してゆきますよ!


■入江悠の身辺雑記「映画でモテると思ってた」
<ドッグイア!>
 子供に「媚びる」映画の作り方をし続けて、
 気づいたらおじいさんになってました、なんて嫌じゃないですか。
 老いた時に映画が自分の娯楽じゃなくなってたら寂しいじゃないですか。



■執筆陣がこの一週間で観た映画を採点「みんなの☆映画レビュー」

 公開中の映画をしがらみ抜きの本音でレビュー!

 ☆☆☆…観ずに死ねるかっ
 ☆☆……ヒマつぶしに、是非
 ☆………観なくていいかも
 の3段階ガチ評価です。取り上げた映画は……

『光のノスタルジア』
『真珠のボタン』
『マーシュランド』
『アメリカン・ドリーマー 理想の代償』
『ヴィジット』
『映像の魔術師 オーソン・ウェルズ』
『ジョン・ウィック』
『岸辺の旅』
『ピッチ・パーフェクト2』
『白い沈黙』
『メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮』
『ゾンビ・ガール』
『恐怖ノ白魔人』
『ミッドナイト・アフター』
『ボクは坊さん。』
『カンフー・ジャングル』
『バクマン。』


■ボールペン画伯・佐藤圭一朗の1コマ劇場「映画・狂人画報」
 <今週の一枚>
 真のパニック映画は作り手のパニックで完成する!!『ミッドナイト・アフター』


■入江悠が、ちょっとマジメに考えた。「モテる大人になるための映画術」
<ドッグイア!>
 ここで、僕がこの映画を心底すごいと思ったのは、
 これらがいわゆる「マクロからミクロまで」的な視点で描かれないところ。
 すべてがつながりあって、関わりがあり、同じ時空の出来事である。

 (『光のノスタルジア』について)


■放送作家・林賢一のストイック映画評「終わった恋と、映画を数える・改」
<ドッグイア!>
 『ヒトラー暗殺、13分の誤算』のカット数は【1527カット】でした。
 上映時間は114分なので、1カット平均は約4.5秒になります。



■俳優・駒木根隆介の役者論「俳優麺論」
<ドッグイア!>
 辛ネギ発動以降のキアヌ麺は、
 51歳とは思えない素晴らしい腰とキレを見せてくれます。
 多少麺自体の味が薄くっても問題なしです!

 (『ジョン・ウィック』について)


■女優・森下くるみの完全女子目線映画評「乙女は映画に恋をした」
<ドッグイア!>
 「僕は悩み苦しんでいる女性の邪念を取って差し上げたいと思ったんですね。
 だから、お部屋で整体をしてあげたり、
 仏様の前でお祈りしてあげたりですね……」と坊さん節で説明されました。
 いや、悪い方ではないんですがね。

 (『ボクは坊さん。』について)


■ラッパー・上鈴木伯周の「すべての映画はヒップ・ホップである」
<ドッグイア!>
 母の元を離れ 二人で旅に出る幼い姉弟
 迎える祖父母曰く「楽しんでちょうだい」
 段々と日常に不穏が訪れ ホラーの状態
 どんでん返し!シャマラン節のSHOW TIME

 (『ヴィジット』をラップで説明)


■メルマガ読者限定ハミダシPodcast「シアター野郎 劇場一番星」ガチ話!
 ※毎週、読者さんだけにガチな話をしております

 <今週のガチ話は——!?> 

 ・『カンフー・ジャングル』延長戦、つまり圭一朗画伯のドニー講座! みんなでドニろう!
 ・僕らのベスト「ジャングル映画ベスト」。入江監督が語るジャングル映画とは?
 ・『バクマン。』を真剣に語ってみよう。入江監督、圭一朗画伯、名優・駒木根が熱い!
 ・その他、『マーシュランド』って僕モテ映画さっ!入江ニッポン映画紀行、尾道の話とか。


■メルマガ編集担当の書評コーナー「これは映画になりますか?」
<ドッグイア!>
 「無限の男気を持つ男子と無限の女子力を持つ女子の恋愛」
 そこからなにが生まれるのか?(中略)
 『俺物語!!』の魅力は実験・観察・発見の気持ち良さにある。

 (『俺物語!!』[作画]アルコ[原作]河原和音 について)


以上、カット職人的<ドッグイア>でした。
そしてそして!
僕モテ大忘年会、開催しますよ!

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

■今年は12月12日@阿佐ヶ谷ロフトA! 僕モテ恒例年末イベントのお知らせ。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 今年もやります! 僕モテ恒例年末イベント!
 2015年末は「モテデミー賞発表」+「僕モテ大忘年会」。
 どんな企画が飛び出すかはただいま仕込中なので乞うご期待。
 ちょっと大きくなった会場で、2015年の映画をみんなでワイワイ語りましょう。

+‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥+

 【イベント概要】
 Asagaya/Loft A 8th Anniversary
 入江悠presents『僕らのモテるための映画聖典』大忘年会&「2015年モテデミー賞発表」

 [日程]2015年12月12日(土曜日)
 
 [時間]開場18:00/開演19:00/終演22:00

 [会場]阿佐ヶ谷ロフトA  http://www.loft-prj.co.jp/lofta/

 [出演]

 入江悠(映画監督)
 駒木根隆介(俳優)
 上鈴木伯周(ラッパー)
 林賢一(脚本家・放送作家)
 森下くるみ(女優・文筆家)
 大川喬司(編集長)

 ほかスペシャルゲスト予定!

 [料金]前売1,600円/当日2,100円(共に飲食代別)

 ※前売券はイープラスにて近日発売。

 [お問合せ]阿佐ヶ谷ロフトA(03-5929-3445)



「僕らのモテるための映画聖典」
「まぐまぐ」
http://www.mag2.com/m/0001320971.html

ニコニコ動画のブロマガ
http://ch.nicovideo.jp/eigamote/blomaga


にて毎週配信中ですので、
あわせて、よろしくお願いします。

それでは、明日の配信号でお逢いしましょう。
ではまた。

コメントの投稿

非公開コメント

メルマガ登録はコチラ!

映画モテ太





Podcast「シアター野郎 劇場一番星」
「シアター野郎 劇場一番星」は映画館と映画を同時に語って応援するPodcastです。チェックしときな!!
RSS podcasting
iTunessに登録
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Podcast Ranking