映画日誌vol.3(カット職人・林)


こんにちは、カット職人・林賢一です。
台風ですね。
こんな日は映画館に……行けませんね。


さてさて、先日は「僕モテPodcast100回」を記念し、
(トータルではおよそ150回となります!!)
僕モテクルーが公開収録を行いました。
わたくしは行けなかったのですが、
リスナーのみなさまのおかげでここまで続けることができました。
ありがとうございます。

もともとはメルマガの宣伝のために始めた僕モテPodcastでしたが、
次第にPodcastブランドが定着してきたのは嬉しい誤算でした。


執筆陣一同、「メルマガで書く」と「Podcastで喋る」の両輪で映画を語ることで、
より映画を豊かに受け取れるようになったとも思います。
その結果、みなさまが映画館に軽やかな足取りで向かう機会が増えたのであれば、これ以上の喜びはありません。

今後とも、本業のメルマガはもちろんのこと、僕モテPodcastのほうもご贔屓によろしくお願いいたします。

さて。
このあたりで、最近のわたくしの映画日誌を記したいと思います。
みなさまの劇場体験の参考になれば幸いでございますー。

* * * * * *

<8月某日>
日中、野暮用。
夜、『スタンド・バイ・ミー』(1986)を観る。
そのまま『ピクセル』(2015)も観る。やはり台詞回しがクール。「タージ・マハルがなくなって、世界6大不思議になっちゃった」の台詞は声を出して笑った。

深夜、吉増剛造『怪物君』(みすず書房)を読む。難解すぎてわからないけれど文字列を堪能。
勢いそのままにミシェル・フーコー『フーコー・セレクション3 言説・表象』(ちくま学芸文庫)を読む。奥付を見ると、10年ほど前に買っていた文庫であることに感慨。


<8月某日>
終日、原稿。一気に26枚書く。
夜、大澤真幸『量子の社会哲学』(講談社)を読む。あまりにも目から鱗なので2回目の通読。


<8月某日>
終日、原稿。14枚書く。
夜、ヒッチコック『白い恐怖』(1945)カット分析を書く
深夜、風呂でJ.M.クッツェー『石の女』(東京 スリーエーネットワーク)を読む。最近はクッツェーばかり読んでいる。はやく新作の『イエスの幼子時代』(早川書房)を読みたい。でもまだはやい気がする。クッツェー筋肉をもっとつけてから挑みたい。


<8月某日>
AM、イオンモール日の出のフードコートで原稿。
昼、イオンシネマ日の出で『X-MEN:アポカリプス』を観る。リッチ。
PM、フードコートで原稿の続き。
夜、『トップガン』(1986)を観る。嗚呼、トニー・スコット。


<8月某日>
AM、原稿。
夕方、恵比寿ガーデンシネマで『奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ』。合間にロビーで原稿。映画館内での作業が経験的に一番アガる。
夜、シネマカリテで『ブリーダー』(1999)。ニコラス・ウィンディング・レフン監督の未公開作。カリコレ2016、ありがとう。
移動中、漱石『思い出す事など』(講談社文芸文庫)を読む。
深夜、『ラサへの歩き方 祈りの2400km』をまたしても熱く語る。何回語っても色褪せない。
勢いで新宿バルト9に某映画を観に行くが、開始5分で落ちる。


<8月某日>
AM、泳ぐ。
昼、シネマヴェーラ渋谷でハワード・ホークス『特急二十世紀』(1934)。スクリューボール‼︎
終わりで今日締め切りの原稿を直す直す直す。


* * * * * *

週刊「僕モテ映画聖典マガジン」は毎週配送中です。

「まぐまぐ」
http://www.mag2.com/m/0001320971.html

「ニコニコ動画のブロマガ」
http://ch.nicovideo.jp/eigamote/blomaga

あわせて、よろしくお願いします。
それでは、来週号でお逢いしましょう。


コメントの投稿

非公開コメント

メルマガ登録はコチラ!

映画モテ太





Podcast「シアター野郎 劇場一番星」
「シアター野郎 劇場一番星」は映画館と映画を同時に語って応援するPodcastです。チェックしときな!!
RSS podcasting
iTunessに登録
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Podcast Ranking