映画日誌vol.7(カット職人・林)


こんにちは、カット職人・林賢一です。

いつもいつもメルマガをお読みいただき、ありがとうございます。
Podcastリスナーの方も、まいどご贔屓にありがとうございます。

先週のメルマガ、「映画と悪役」特集号はいかがだったでしょうか?
月アタマの特集号は、執筆陣一同もどんな号になるかわからないので、ワクワクしながら書いています。
みなさまの心に届いていれば、これ幸いなのですが。

個人的には「悪」を考える意味で、コンラート・ローレンツ『攻撃 悪の自然誌』(みすず書房)を読んでいるんですが、これがメチャクチャ面白くて深いので、オススメしておきます。
本能としての悪について、この本ですべて説明できるのではないでしょうか。
もちろん、それが映画に表出される時は、また別の理論が必要でしょうが。

さて、ここ最近のわたくしの映画日誌にいきましょうか。
映画や本、みなさまのインプットの参考になりますように。



9月某日>

AM、モリタウンのフードコートで原稿。

昼、MOVIX昭島で『あなた、その川を渡らないで』。韓国の高齢夫婦を追ったドキュメンタリー。

フードコートに戻って原稿の続き。

夕方、『ミュータント・ニンジャ・タートルズ 影(シャドウズ)』

再々、フードコートに戻って原稿。こんなにフードコートで仕事をしている人間を自分以外に知らない。もしいたら、すぐに友だちになれそうだ。

深夜、サイゾー連載ゲラを直して戻す。赤字を入れる作業は好きだ。


9月某日>

AM、すべてをプリントアウトして直してゆく。かなりの量。

昼、なぜか目に付いた『古川ロッパ昭和日記 戦後編』(晶文社)を読みはじめてしまう。

夕方、原稿。

夜、コーエン兄弟『ノーカントリー』2007)のカット数を数える。


9月某日>

AM、フィクションにおける悪を『ノーカントリー』をベースにしながら考えつつ、メルマガ原稿を書く。今回はカット分析ではなくなってしまったが、まぁ、仕方なし。

PM、ひたすら原稿を直してゆく。


9月某日>

AM、毛色の違うアイデアを膨らませる。

終日、原稿。

夜、積んだままになっていたコンラート・ローレンツ『攻撃 悪の自然誌』(みすず書房)の読みを再開する。

深夜、ドゥルーズ『ドゥルーズ 書簡とその他のテクスト』(河出書房新社)を読む。書簡ブロック、終了。


9月某日>

終日、原稿を直す。

夜、石牟礼道子さんの『苦海浄土』をしっかり読もう、と決意する。様々な版があるけれど、どれがいいんだろう。

昨日に引き続き『攻撃 悪の自然誌』『ドゥルーズ 書簡とテクスト』を読む。


9月某日>

AM、図書館に行って10冊返却して10冊借りる。

文芸誌をコピーしまくる。

映画系の珍しい原稿は「すばる」掲載、トム・ハンクスのエッセイ『おれはトム。タイプライターで書くのが好き。わかる?』。トムはそう遠くない将来に短編集を出すらしい。

昼、原稿を直す。残り半分。

夕方、秋のための準備。

夜、僕モテPodcast収録。『奇跡の教室~受け継ぐ者たちへ~』について喋る。ガチ話で『攻撃 悪の自然誌』に触れる。


9月某日>

AM、恵比寿ガーデンシネマでミシェル・ゴンドリーの新作『グッバイ、サマー』のカットを数える。

『チリの戦い』鈴木則文復活祭には行かず、終日原稿を直す。


9月某日>

終日、原稿を直す。チョコを食べて、なんとか気合いを入れる。脱力。

深夜、『漱石紀行文集』(岩波文庫)を読む。

来月、ニューヨークに行こう、と決意する。早速、ホテルを予約する。5年ぶりだ。




週刊「僕モテ映画聖典マガジン」は毎週配送中です。
鑑賞したすべての映画は、メルマガ内の、
「みんなのレビュー」コーナーでレビューし、星取りしていますので、

是非お読みになって下さい。

「まぐまぐ」
http://www.mag2.com/m/0001320971.html

「ニコニコ動画のブロマガ」
http://ch.nicovideo.jp/eigamote/blomaga

あわせて、よろしくお願いします。
それでは、来週号でお逢いしましょう。


コメントの投稿

非公開コメント

メルマガ登録はコチラ!

映画モテ太





Podcast「シアター野郎 劇場一番星」
「シアター野郎 劇場一番星」は映画館と映画を同時に語って応援するPodcastです。チェックしときな!!
RSS podcasting
iTunessに登録
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Podcast Ranking