映画日誌vol.15 & メルマガ200号記念号の詳細も(カット職人・林)


こんにちは、カット職人・林賢一です。

メルマガ読者の皆様、毎週毎週メルマガをお読みいただき、ありがとうございます。
僕モテPodcastリスナーの皆様も、いつもご贔屓にありがとうございます。

さて、「僕らのモテるための映画聖典メルマガ」が今週配送号で、
ついに記念すべき200号を迎えます!
毎週配送していますので、200号達成はおよそ4年間の結晶ということになります。
いやぁ、もうそんなになるんですか。

そんな記念すべき号は、いつもとちょっと趣向を変えまして・・・・・・

「執筆陣よ! これ観ないで映画は語れないでしょ」特集


と題しまして、一般的には超有名だけれど、意外に観ていない!
また、大学の授業などで何シーンかは観たことあるけれど、全編は観ていない!
はたまた、学生時代に観た気になっているけれど、よーく思い返してみると観た気になっているだけ!
要するに、いつもは「ああ、あれね」と知ったかをしているけれど、
実際に大人の目線でクラシックをあらためて観て、考えてみよう、という特集でございます。

作品選定をするのは、主催の入江悠。
彼が執筆陣に候補作をいくつか投げ、その中から選ぶ方式となっております。
ちなみに、そのリストはコチラ。

入江・・・※現在、読者さんからのアイデア募集中&検討中

林・・・『燃えよドラゴン』or『極北のナヌーク』

伯周・・・『雨に唄えば』or『市民ケーン』

コマキン・・・『吸血鬼ノスフェラトゥ』(1922 ムルナウ監督) or 『勝手にしやがれ』

佐藤画伯・・・『戦艦ポチョムキン』or 『駅馬車』

編集長・・・ベンヤミン『複製技術時代の芸術作品』(書評)


各自、どんな作品を取り上げるんでしょうか?
クラシック色の強い号になりそうですが、たまにはいいじゃありませんか。

ちなみに、わたくしが取り上げる作品はもう決めてありまして、
発表しておきましょうか。

『極北のナヌーク』(1922)

表記が『極北の怪異』とされる場合もあるんですが、
原題が『NANOOK OF THE NORTH』なので、『極北のナヌーク』で統一することにします。

ロバート・フラハティ監督によるドキュメンタリー映画の先駆的作品。

雪と氷の大平原を背景に、極地のイヌイット一家が生きるために苛酷な自然と闘っていく様を迫真せまる映像で描く。フラハティは探検家、人類学者でイヌイットを生涯にわたるテーマとしていた人物とのこと。


歴史至上、最初のドキュメンタリー映画としても名高く、

また、数々の仕込みをしたため、フィクションとの境界線が曖昧な作品でもあるようです。


うーん。楽しみ。

果たして、どんなカット数が出るんでしょうか。

配送までしばしお待ち下さい。


そして、そして。

11月も、もう後半になります。

12/17日(土)に行われる

『僕らのモテるための映画聖典』大忘年会&「2016年モテデミー賞発表」


近づいてまいりました。
何かと慌ただしくなる時期になりますが、皆さま、是非足をお運びになって、
飲みましょう。忘年会(あんまりこの言葉好きじゃないんですが)しましょう。

それでは、最後にカット職人の映画日誌に参りましょうか。
みなさまの映画体験や読書の参考になればこれ幸いでございます〜。



10月某日>

AM、資料を読み込んで原稿を書く。

PM、港区で会議。

夜、テアトル新宿でSLUM-POLISのカット数を数える。


10月某日>

AM、メルマガ原稿を書く。『SLUM-POLIS』のカットリズムについて。

PM、港区で打ち合わせ。

夜、嬉しい連絡。来週末まで新たな原稿を書かなくては。

深夜、たまったVTRを観る。


10月某日>

日中、イオンシネマ日の出で『ボクの妻と結婚してください。』『金メダル男』をハシゴ。

夜、原稿。ちょっと進む。

深夜、短編小説をまとめて読む。なるほど。


10月某日>

AM、原稿。

昼、港区で会議。

夕方、キネカ大森で『過激派オペラ』

夜、僕モテPodcast収録。『彷徨える河』について喋る。


10月某日>

日中、原稿。少し目処が立つ。

夕方、資料を読む。

夜、『ザ・スライドショー13をモニターで観る。4年ぶり。

深夜、『ドキュメンタリーは格闘技である: 原一男 vs 深作欣二 今村昌平 大島渚 新藤兼人』(筑摩書房)を読む。ガチ。


10月某日>

AM、原稿。

日中、資料を読む。

深夜、ケン・リュウ『紙の動物園』(早川書房)を読む。すごい。


10月某日>

AM、ダニエル・E リーバーマン『人体600万年史(上)』(早川書房)を読む。すこぶる面白い。

昼、図書館へ。

終日、原稿。


10月某日>

AM、原稿。

昼、イオンシネマ日の出で『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK

夕方、原稿。

夜、ヒッチコック『引き裂かれたカーテン』のカット数を数える。

深夜、アーシュラ・K・ル=グウィン『素晴らしいアレキサンダーと、空飛び猫たち』(講談社文庫)を読む。きた。シリーズ他作品も読むことを決意する。


10月某日>

早朝、メルマガの原稿を書く。

AM、港区で打ち合わせ。

終日、原稿。ラストまで書き終える。あとは推敲だ。


10月某日>

終日、原稿。なにもできない。


10月某日>

昼、港区で会議。

その後、ずっと原稿。


10月某日>

終日、原稿。

2本並行して書き続けるのは大変だ。


10月某日>

終日、原稿。

深夜、何とか送信して解放感。

もっとフィジカルに書かなくては、とあらためて思う。

外に出て足で書くのはもちろんのこと、身体で書くために取材候補を吟味する。

もう観念的に書くのはイヤだ。フィジカルに、普遍に。


10月某日>

本を読む日にする。

高橋源一郎『丘の上のバカ ぼくらの民主主義なんだぜ2 (朝日新書)

西川美和『永い言い訳』(文春文庫)などを読了。

夜、渋谷区で撮影。




週刊メルマガ「僕らのモテるための映画聖典」は毎週配送中です。
鑑賞したすべての映画は、メルマガ内の、
「みんなのレビュー」コーナーでレビュー&星取りしていますので、

是非、ご一読下さい。

「まぐまぐ」
http://www.mag2.com/m/0001320971.html

「ニコニコ動画のブロマガ」
http://ch.nicovideo.jp/eigamote/blomaga

あわせて、よろしくお願いします。
それでは、来週号でお会いしましょう。



コメントの投稿

非公開コメント

メルマガ登録はコチラ!

映画モテ太





Podcast「シアター野郎 劇場一番星」
「シアター野郎 劇場一番星」は映画館と映画を同時に語って応援するPodcastです。チェックしときな!!
RSS podcasting
iTunessに登録
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Podcast Ranking